社長に続いて挨拶する川勝。大ブーイングかと思いましたが、少し拍手が起きたのは、ビックリしました。彼は彼なりに頑張ったのでしょうが、限界は、ホームでの京都戦の時点で、かなりはっきりしていたはずです。川勝は、終わった後、社長から差し出された握手を拒否しました。コメントを聞いても、「自分から、やめるんだな」ということを、遠回しに知らせていたような気がします。