本や雑誌の書評

2007年6月21日 (木)

Number「PRIDE後の世界」を読んで

久々のナンバーでの格闘技特集。表紙はアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ミノタウロ)。ナンバーの格闘技特集でミノタウロが表紙なのは何回目だろうか?かなりの頻度だ。きっとナンバー編集部の中のミノタウロ好きが主に担当してるのだろう。しかしオクタゴンの金網越しに見るノゲイラは、何かに捕らわれてしまったかのようにも見える。ノゲイラ好きの自分にとって非常に不安な予感を増幅させる表紙だ。
ミノタウロには勝算があるようだが、BTTのマリオ・スペーヒーやムリーロ・ブスタマンチ、ヒカルド・デラヒーバの言葉は、不安だけを駆り立てるものとなった。ミルコと同じようにミノタウロはオクタゴンの罠にはまるような気がしてならない。もし罠にはまらない(UFCに適応した)としても、そこにいるのはPRIDEで見せた輝ける柔術マジシャンではないだろう。
・ランディ・クートゥアーインタビュー
日本ではエンセン井上やヴァレンタイン・オーフレイムに喫した敗戦の影響で、そこまでビッグネームではないが、UFCでは伝説の一人となっているランディのインタビュー。同時にUFCがどうやってビッグになっていったのかも分かりやすく説明している記事にもなっている。
ランディは戦い方を熟知したオクタゴンでは強いだろう。だが、リングでPRIDEルールで戦う限り、トップ戦線にはからめなかったと思う。ヒョードル、ノゲイラ、ミルコ、ジョシュには全くいい所を出せずに敗れ去ってしまった可能性が高かった。だが時代は変わりランディはUFCと共に歩み、アメリカでの名声とマネーは手に入れることができた。44歳でのヘビー級チャンピオンへの返り咲きは非常な驚きだった。だが、彼の時代ももう終わるだろう。(UFCの首脳陣やアスレチックコミッションたちはランディの王座が続くように裏から手を回しいろんな事を試みるだろうが...)
・ダナ・ホワイト&ロレンゾ・ファティータインタビュー
今、総合格闘技において最も権勢を誇る二人。この号のナンバーのテーマであれば、表紙にふさわしいのは、ダナ・ホワイトだろう。このインタビューで重要なことは
・2007年5月29日頃にやっとPRIDE買収問題のカタがついたこと
・PRIDEに関しては、買収にカタがついてから何もかも決まっていくということ
・WOWOWとの契約がまとまらなかったのは、UFC側が日本での知名度を無視して莫大な放映権料をふっかけたことが原因
新生PRIDEの方向性は、彼らが決めていく。PRIDEとUFCでは、内容の質、そして興奮度、全てにおいてPRIDEが上であった。質の劣るプロモーションが質の良いプロモーションを買収した。ダナは「PRIDEには変化が必要だ」と言っている。総合格闘技の中心が日本からアメリカに移ってしまった現在、もちろんPRIDEには変化が必要だ。だが、彼らが榊原代表のいたPRIDE以下のものしか作り出す能力がないとはっきりした時、彼らは日本でのビジネスに失敗するだろう。日本で成功したければ、彼らの方こそ、変化する必要があるはずだ。
・谷川インタビュー、
まあ、そっちはそっちで頑張ってください。以上。
・ミルコの敗戦記事、特に目新しいものがない。
・リングとオクタゴンの違い、特に目新しいものなし。ただし知らない人には簡潔によくまとまっている記事のように思う
・ヒョードルインタビュー
格闘技界や一地方でのローカルスターでしかなかったヒョードルが、ロシア中に知れ渡りビッグネームになったことが分かる。現在、最も世界で強い男と思われるヒョードルはUFCに上がってもいい状態になるまで、入念に対策を練ってくるだろう。彼は非常に頭のいい選手だ。ミルコの犯した大きな間違いはヒョードルにはおきないような気もする。だが彼の力が落ちた時、その場所がUFCであれば圧力のあるレスラータイプの選手に負けるときがくるような気もする。
・青木真也&岡見勇信の記事
特に目新しいものなし
・桜庭の記事
FEGのアスレチックコミッションとの戦いや桜庭の招待券で集めたアメリカの無知な観客との戦いの記事。だがホイスが「アメリカの観客は流血やKOシーンだけを見たがる」とあるように、一般の、アメリカ人の総合に関する目が肥えているとは思えない。
FEGとコミッションの件は、おそらく双方に問題があるのだろう。
アメリカでの総合格闘技ではリングイン前に顔にワセリンを塗られる。それはカットを防ぐためというが、単なるボクシングの習慣を持ち込んだだけで無意味な行為だ。これには、ブラジリアン柔術家が活躍できないように意味もある。しかし、アメリカという国が総合格闘技の中心になったことは、総合格闘技自身にとって不幸なことではないかと思えてくるな。
・アントニオ猪木が語る「1976年のアントニオ猪木」
名著「1976年のアントニオ猪木」の著者が、本を執筆前には果たせなかったアントンへのインタビューが実現。猪木は答えられる範囲では答えたが、全体的には作者を自分の手に平に載せて踊らせてしまったような感じの印象が残った。別の雑誌でのインタビューで、「猪木に取材しなかった方が良かった」と言っていたが、その著者の直感は正しい。おそらく実現していたら、これまでの数多の猪木本を越えることはできなかった。そんな気がするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

ジーコ備忘録を読んで

「このワールドカップで選手が負けたわけでも、監督が負けたわけでもない。チームが負けたのだ。ドイツ・ワールドカップを戦ったチームにはまだ足りないものがあった。4年を掛けて多くのものを獲得し、力としてきたが、まだ足りない部分があった。我々はチームとして成熟しきれていなかった。プロサッカー選手として成熟した大人になりきれていなかった」(本文より)

そのチームの本当の真実の底にあるものは、その内部にいるものにしか分からない。
ただ、久米宏による「ジーコジャパン検証」番組や
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2006/07/post_9747.html
中田英寿の検証などもあり
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2006/07/post_90fa.html
さらにトルシエ「オシムジャパンよ!」によるジーコジャパンの分析もあるため、特に目新しいものはなかった。だが、ジーコが日本をいかに強くしようと苦心していたか、そして、「チームがファミリーになってない」ことに気が付きながらも、ドイツW杯前や本番中に多くの方法で修正しようとしてもできなかった。その一番重要な当事者の記録として大変重要であると言えるだろう。

ドイツW杯では、日本代表は選手、監督、協会の長、その他マスコミも成熟しきれていなかった。それが惨敗の一番大きな原因なのだろう。そしてチームは、トルシエ風に言うならば「ともに生きる状態にならなかった」、ジーコの言葉を借りれば「ファミリー」になれなかったのだ。ジーコの時には中国でのアジアカップがそうだろう。トルシエの時は、1999年のナイジェリアWユースが代表だろう。中国では反日感情のプレッシャーがチームを一つにした。ナイジェリアではブルキナファソ遠征を経て勝ち進むことによってチームが一つになっていった。(あの時は勝ち進むにつれて髪型を気にする年代なのに坊主に刈り上げる選手が続出していた。共に生きる状態になっていた現れだろう。重要なのはアジアカップでは控えにいた藤田や三浦淳宏、Wユースでは氏家(当時、大宮)だった。控えでも腐らずに、ベンチの盛り上げ役に徹することができた選手だ。トルシエはそういう存在の重要性が理解できていたから不満分子になる可能性のあった中村俊輔(あくまで当時の中村だが)を外しゴン中山や秋田豊を入れた。だが、ジーコにはその視点がすっぽり抜けていた)

記者会見でも言うようにジーコは「プロとして当たり前」のことを、この本で提言している。だが、その当たり前のことをこなすことがいかに難しいかは、どんなレベルの選手やレベルでも難しい。ドイツW杯ではFW以外は歴代の日本代表でも最高レベルの才能がピークの時期に行われた大会だった。その選手達でも「ファミリー」になれなければ力は発揮できない。ジーコによれば、それはあの伝説になっている1982年ブラジル代表でも同様だったという。戦術やシステム、テクニックは、世界にかなりのところまで追いついたのかもしれない。だが選手の頭の中、精神は、かなり差がある。この本は、将来、日本代表が惨敗を喫しないために、ワールドカップで結果を遺すためにジーコが日本サッカーに遺してくれた「遺言状」である。この遺言状をクリアしないことには日本サッカーがW杯で優勝することはできない。そんな気がするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

「In His Times 中田英寿という時代」を読んで

「In His Times 中田英寿という時代」著・増島みどり

増島みどりの中田本を読んだ。(なぜ、この時期かというのは図書館のリクエストの順番が来たからだ)
ベルマーレの新人時代から引退するまでの彼の言葉・考え方の変遷の記録としては貴重でいい本だろう。だが、彼がなぜサッカー選手として小さな成功しか収められなかったのかは、この本では分からない。なぜか?文章から増島女史が彼を好きだということは分かる。だが、目線がジャーナリストではなく、まるで母親が可愛い息子を見るような感じだからだろう。文中にもあるトルシエのへの攻撃は、まるで可愛い息子をいじめる鬼コーチに抗議する母親のようだ(苦笑)。冗談はともかく、この本の最大の欠点は中田英寿の善と悪の内、善の面しか描かれてないことだ。 そういう意味では、この本はナンバーPLUSの「中田英寿」引退特集には及ばない。(ちなみに、ナンバーの中でも、現在の自分の見方はトルシエや田村修一氏の方に近い。そういえばW杯中の日記に中田について書くと書いていたなあ..。そろそろ書かないとヤバイよなあ...)
中田の言葉をまねすれば「彼女の本はヒデが好きな人にとっては受け入れられるだろうし、彼の言葉を読みたい人にとっては貴重な本だろう。だが僕にとっては買うまでの本ではなかった」ということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

秋山正勲問題、ゴング格闘技など

1/23に同時発売された格闘技通信とゴング格闘技ですが、評価が分かれているようです。
まず格闘技通信から。予想通り立ち読みで済ませました。秋山失格問題に関しては、ろくな検証もせずに、座談会では、言い訳としか読めない内容です。個人的な評価:★(5段階評価)、古本屋で10円で売ってたら買ってもいいかなというレベルでしょう。

ゴング格闘技では、結構、詳しく検証されているように思います。秋山問題に関しては、山田トレーナーと和田良覚サブレフリーのインタビューと実際にオイルを塗った検証記事では、次のようなことが分かります。
*秋山がクリームを塗ったのは入場する15~20分前。もの凄い量を全身に塗っていた。何回もHERO’Sロールミーティングで「一切の塗布物を体に塗るのは禁止」と言って承認のサインもしているのに「知らなかった」と秋山は言っている。使われたクリームは、試合前、試合後のレフリーのチェックをかいくぐるには最適のものだった。さらに汗が出ると一緒にクリームが吹き出し尋常じゃなくヌルヌルするため、片足タックルからの寝技を主な攻撃方法にしている桜庭に対して相当有効。そして秋山は、塗布発覚後も、そんなに反省の色を見せていない。

秋山失格問題に関して、ゴン格は、これからもFEGとつき合っていかなければいけないマスコミとしては、かなりきっちり書いている方だと思います。その点は評価していいかと。しかし、秋山は本当に真っ黒だな。

その他、ミルコインタビューは、紙プロよりゴン格の方がいいですね。しかし「PRIDEとUFCの架け橋になりたい」と語っているが、そんなことを言って、HERO’Sでひどい目にあったレスラーがいるので、少し気がかりです。ミルコの場合は今がピークでしょうから、大丈夫だと思いますが、バンテージ問題では、苦労するかもしれません。拳を怪我してしまいそうな気がしますねえ。あと個人的にはジョシュ・バーネットと鈴木みのるの対談が良かったと思います。U系のレスラー達がほぼ引退し、桜庭も衰えが目立つ中で、キャッチレスリングを復興できるのはジョシュ以外いないでしょう。ゴング格闘技NO176でジョシュはカールゴッチと対談していますが、おそらくキャッチの技術の中には、ジョシュがヒョードルとノゲイラに勝つために必要な宝物が、かなり埋まっているような気がします。

ゴン格はまだ全部読んでいませんが、その他、川尻vsメレンデス戦の検証記事なども良かったですね。(ただし、150人インタビューは、あまりに人数が多すぎて内容が薄くなってしまっているような)
個人的な評価:★★★と半分(5段階評価)、書店ですぐに買いましたが、金額的には600円だったら買いますね。

                                                                                                                                                                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

kamipro(紙のプロレス)107号読書

公式な発売日前ですが、紙のプロレス107号(1月22日発売)を神保町の本屋にて購入してきました。目玉はUFC移籍後初のミルコ・クロコップのインタビュー、ボードック総帥カルビン・エアーインタビュー、秋山成勲失格問題などでしょうか。いくらかの記事についての感想です。

・ミルコ・クロコップ
ミルコにとってUFC移籍の最大のモチベーションは「アメリカにおいてのクロアチアという国をプロモーションするため」だと言っています。UFCでの契約試合数を終えて、アメリカでクロアチアを十分アピールできたら、おそらくミルコはヒョードルと対戦できるプロモーションに行くことになるでしょう。彼にとって、借りを返さなければいけないのは二人、ヒョードルとノゲイラ(ミノタウロ)です。ミルコがPRIDEに戻ってくるかどうかは、契約終了後、この二人がPRIDEに残っているかどうかでしょう。年齢(1974年生まれ)から考えれば、ミルコのピークは2,3年ぐらいかもしれません。彼個人の決断は尊重したいのですが、ヒョードルへのリベンジということを考えると、この移籍は失敗になるような(時期を逸するような)気がしています。

・カルビン・エアー
ボードックの総合参入は金持ちの道楽かと思っていましたが、カルビンの格闘技への理解の深さを見れば、それは大きな間違いだったようです。PRIDE、UFCにとり大きなライバルになる可能性は十分にあるでしょう。しかし、ボードックグループで最も大きい収入を稼いでいるオンライン・カジノがアメリカにて違法判決を受けたことで、本体がどうなるか分からないという部分もあります。いずれにせよ、ここ2,3年が勝負でしょうねえ。個人的には、ホジャー・グレイシーにうまく経験を積ませて欲しいところですが...。

・榊原DSE社長
PRIDEアメリカ本格進出への決意、ミドル級挑戦者がホジェリオではなくダン・ヘンダーソンになった理由、スーパーヘビー級設置の理由、あとはPRIDE創立10周年記念のビッグサプライズを予告している。去年のインタビューからすれば、特に目新しいものはないかな。

・青木真也
バカサバイバーなインタビュー。おもしろいです。しかし、ミノワマンと同じで佐藤大輔氏から、これからいじられまくるんでしょうねえ。

・佐藤大輔
男祭りの煽りVを担当した、一部PRIDEファンから「神」と呼ばれている佐藤氏のインタビュー。2006年の男祭りで個人的に一番出来が良かった五味vs石田戦の煽りの制作秘話や秋山成勲問題などを語っています細かい連載ものはまだ読んでませんが(苦笑)、この号ではこのインタビューが一番良かったかな。あとは別ページの「なんでもランキング」で、「タイム トゥ セイ グッドバイ」はもう使えないと書いてありますが、あの曲が汚されたままなのは非常に残念なので、どこかで使って欲しいですねえ。

・秋山成勲失格問題(総27P)
谷川インタビュー:いやあ、のほほんとしてます。菊田:ブログで書いている以上の内容はなし。しかし、あれだけ導入の必要を書いていた「オイルチェッカー」に関しては、実際にそのようなものが存在していると思ってましたが、このインタビューを読むとまだ開発されていないようですね(苦笑)。思わずさま~ずの三村のように「ないのかよ!」とつっこんでしまいました。島田裕二レフリー:おそらく世界で一番厳しいであろうPRIDEのチェック体制などについて語ってます。しかし、それでも、今回の秋山のクリームについてはチェックできなかった可能性が高いですねえ。田村潔司:秋山失格特集の中で、最も良かった記事になるでしょう。秋山よりも桜庭のセコンドに一番怒っているようです。あとはおそらくオイルを使った反則技の中で、最もばれない方法をコメント。この田村インタビューがなければ、ネット以上の内容はありませんでした。

その他、いろんな記事あり。

今号のトータルな評価は「まあまあ」という所でしょうか。「いくらなら買う?」という質問には「500円」と答えますね。
個人的な評価:★★★(5段階評価)

| | コメント (0) | トラックバック (0)