サッカー関連の名言(アウトゥオリなど)

2006年12月29日 (金)

12/29、天皇杯の後での記者会見

パウロ・アウトゥオリ記者会見

──前半から果敢に飛ばしたが、決定力の差が最後に出ましたね。
パウロ シーズンを通して抱えてきた、我われの課題が出たゲームだったね。立ち上がりから主導権を握り、自分たちがボールを保持していたにもかかわらず、自分たちのミスから失点してしまう。そして自分たちの流れに加え、自信までも失ってしまうんだ。たしかに運もあるさ。だけどポンテのように、一度手に入れたチャンスを確実に決めていかないと。今日の試合だけでなく、今シーズンのレッズはミスが少なかった。だから彼らは、リーグタイトルを獲得できたんだと思うよ。
──「確実性」は日本サッカー全体に不足しているものだと思いますが。
パウロ 日本のサッカーは、まだ若いということだね。ボクは就任当初から「確実性」や「効率性」「集中力の維持」などを選手たちに説いてきたんだけど、こうしたことを一つずつ積み重ねていけば、やがては解決できることだと思うね。今はまだ、「過程」の段階なんだ。もし日本のクラブが世界を目指すんであれば、選手の移籍など世界に合わせた改善が必要だと思う。日本のクラブには「競争力」が不足している。それが、ボクがアントラーズに残らなかった原因の一つになったんだ。だってボクは、ここにいる皆さんがびっくりするような改革案を考えてたから。プロチームとしてのオーガナイゼーションを考えれば、もっと早い段階から取り組むべきことはいっぱいあったと思う。たとえば、選手の補強だね。ただ、それを実現するにはサッカーの現場だけでなく、現場を管理していく部署も変えていかないと。まぁ、これはあくまでもボク個人としての意見だけど……。
──「びっくりするような改革案」とは、具体的に何ですか。
パウロ Jリーグ、ナビスコ杯、天皇杯……、それぞれを制するチャンスがありながら、シーズンを通して我われに欠けていたのはメンタル面の弱さだったと思う。だからボクは、「選手の大幅な入れ替えが急務だ」とフロントに進言したのさ。それは国内の選手について言ってるんであって、外国籍の選手を対象にしたわけじゃない。外国人プレーヤーを補強したからといって、チームがすぐに強くなれるわけじゃないからね。競争に打ち克つ判断力、知識、そしてメンタルの強さは全世界的に求められてるものだろ。だったら、それと同じものは日本人プレーヤーにも求めるべきなんだ。
──シーズン当初と比べると中後雅喜選手や田代有三選手の成長があったし、守備面での改善も見られたと思いますが。
パウロ 人生にも波があるように、すべてが悪いと言ってるわけじゃないよ。将来に向けての明るい材料は、もちろん少なからずあった。だが残念ながら、「決めきれない」という課題が最後まで残ったままだったんだ。各選手の評価評を提示して、チームにとって本当に必要な選手と不必要な選手を篩いにかける必要があった。新しい外国人監督や、新しい外国人選手だけで改善しようとすると、やがて限界がくると思うからね。つまり、クラブとしての発展性がないのさ。アントラーズが過去4年間タイトルから見離されたのは、その点が手付かずだったのがおもな原因になってるんじゃないかな。
──メンタル面の強化は、一クラブのなかだけで解決できる問題ではないと思います。日本の社会文化自体がブラジルとは大きく異なるのでは?
パウロ わずか1年間日本に滞在しただけで日本文化について言及できるほど、ボクは出しゃばりじゃないよ。だけど日本の企業のなかにも競争はあるし、それらの企業は等しく優秀な人材を集め、彼らにいい仕事をしてもらうための環境作りに努力している。そして、彼らを効率よく動かす人間もいる。そうした企業ができることを、なぜサッカーのクラブができないのかね。これは大きなクエスチョンマークだよ。クラブが成功をおさめるためには、現場を仕切る上の人間が正しい判断を下し、迅速に行動を起こすことが肝要だ。現場のコーチと選手だけで競争を高めるのは困難だからね。クラブ全体の競争力を高めなければ。たとえば「長年クラブにいる」という理由だけで選手を残す。「試合に出てない」という理由だけで選手をベンチに置く。これではクラブとしての競争力をつけるのは難しいと思うんだ。ある選手を実際に試合で使ってみて、そのパフォーマンスが正当に評価されるべきじゃないのかな。その評価のなかに、
「メンタル面」という条件が含まれていると思うんだ。ヨーロッパの選手を見てごらんよ。技術的にそれほど優れていなくても、その選手の努力、クラブに献身しようとする能力……、そういった選手が実際に起用されているじゃないか。これは世界的な傾向だよ。ボクは今シーズンの開幕戦でまだ17歳だった内田篤人をデビューさせ、周囲から大きな反響を呼んだよね(=3月5日vsサンフレッチェ戦。4-3で勝利)。だけど、それは彼を正当に評価した結果だったし、ボクにとっては当たり前の決断だった。
司会 そろそろ時間がきましたので、ここで会見を終わりたいと思います。
パウロ あ、ちょっと待ってください。最後に皆さんに言いたいことがあります。短い期間でしたが、各メディアの皆さんに感謝したいと思います。ボクは本当に素晴らしい人間に囲まれ、アントラーズという組織のなかで精一杯いい仕事ができました。たしかにやり残したことがありましたけど、この1年間の自分を誇りに思ってます。また機会があれば、日本でお目にかかりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

J1リーグ最終戦、ジュビロ戦後の記者会見にて


●パウロアウトゥオリ監督(鹿島):
Q.今日の勝利おめでとうございます。試合前に磐田の攻撃に関して選手に注意を促したことはありますか?

「まずお礼を述べたいと思います。ありがとうございます。あと、レッズの皆さん、優勝おめでとうございます。コンスタントに力を出し切れたことがこの結果につながったのだと思います。もうひとつはフロンターレさん。2位確定ということで、ACLという国際舞台で力を試すチャンスがあるわけで、本当に彼らにはおめでとうと言いたいと思います。

我々に関しては、注意をするという部分では攻撃陣の前田選手のことです。本当にクレバーな選手であって、スペースを与えれば生きる選手なので、攻撃の時は自由にさせないということ。あとは流動的に動く選手がいるので、そこの注意をしっかりする。それから自分たちのことですけど、ボールを奪ったら切り替えを早くしていく、ということを選手たちには要求しました」

Q.Jリーグの感想とチームの総括をお願いします。
「まずチームに関してですが、最終節でこれだけの運動量、メディカルにお世話になる怪我人がいないということはすばらしいことだと思います。課題になったところは、ここぞという、順位をあげるためのチャンス、タイトルをとるためのチャンスが目の前にあったとき、力を発揮できなかったことです。就任当初から言い続けてきたメンタルの弱さなのか、ここぞというところで力を発揮できなかったことが問題として上げられると思います。

Jリーグに関しては、Jを仕切る関係者が日本という部分、クラブレベル・代表レベルの国際舞台にあたってどういう風な地位をもたらしたいのか、というのが重要な部分だと思います。当然ながら、大まかな目標は、国際舞台で日本代表が活躍するという部分であるかもしれないし、クラブレベルで世界の舞台で結果を出すということだろうと思います。それはおそらくどこのクラブもどこの関係者もそういう気持ちではいると思います。ただ気持ちだけでは何もできないわけであって、それを実現するためには何が必要なのか深く追求し、それを考え抜いて実行に移していかないといけないのだと思います。そのためには競争力をどうやって増していくのかを考えなくてはいけないと思います。そのなかでフェアプレーという要素があります。日本のフェアプレーの水準は世界にくらべてかなり高い水準にあると思います。だからその次の段階を考えなくてはいけないといけない。その次として契約制度を考え直さなくてはいけないと思いますし、単純に海外に選手が放出されるということではなくて、国内の移籍制度も見直さなくてはいけないのではないかと思います。もし認識不足であればお詫びしたいと思いますが、自分が知る限りでは、11月30日に契約の更新の旨を選手側に伝えている。ゼロ提示か交渉する意向があるのかを通知する。そこから来シーズンの構成・編成を進めていくわけですが、それは明らかに時間のロスをしているわけであって、シーズンが終わる前から準備をすることができるのではないか。もう少し、そういう部分での見直しが必要だと思う。

ピッチ内ではいろんな部分が改善されないといけないのではないかと思います。年間を通して10ヶ月近くやっていますが、よく日本である光景というのがどこかのチームが、うちを含めてですけど、2-0で勝ってるとします。そこから急に何かが起きて、2-3になったり、2-4になったり、そういうパターンがよくリーグの中であります。それは高い競争の中では絶対にあってはいけない部分であって、日本のサッカーというのが昔は娯楽・イベント性をもっていたものが、いまは結果を求められる競争力の世界に入っているということが、選手・クラブ・サポーターが自覚しないといけないのではないかと思います。

もうひとつはコンタクトの部分です。日本の選手はよく倒れて、そこで担架が要請されたり、入るまでに時間がかかります。当然、ゲームの流れは中断しているわけですから、もっとボールが動いている時間を増やさないといけないと思います。試合の中では密度が重要であって、それは動く質と量です。試合というのは生きたものなので、切らしてはいけない。あるいは切らす時間を短くしなければいけない。そういった意識が必要なのではないかと思います。例えば今日の試合では、ジュビロの選手が倒れて、担架が入るまでに時間がかかったのがありましたり、担架が入ってからその選手が歩いてピッチを出てすぐ水を飲んで入ろうとした。それが1分であろうと1分半であろうと、その時間でゲームができるはず。そうした選手の意識を変えなくてはいけないし、レフリーを指導している立場の人がもう少し詳細な指導が問われるのではないかと思います。もうひとつはそれをやることによって、選手がこれくらいでぶつかったとしてもレフリーはファウルを取ってくれない、あるいはファウルと見なされないという意識になりますし、コンタクトに強い選手が生まれてきます。あるいはそういう風な流れにつながっていくはずです。

よく日本では、選手が倒れているときに相手選手がボールを外に出すと、その相手にボールを返さなくてはいけないという義務や雰囲気になっていますが、それはあり得ないと思う。なぜかというと、フェアプレーという意識で相手に敬意を表すということでボールを返すのでしょうが、それは間違った敬意の表し方だと思います。相手チームに対してサポーターに対して、自分のチームメイトに対して間違ったものだと思います。サッカーというのはいかにして自分の限界、技術・戦術・体力について限界に達しながらいかにその高い質のところでできるかということを各選手意識しないといけないし、相手選手に求めなくてはいけない。それを出すことで、サポーターあるいは見ている側に伝わるということにつながると思います。ボールを出す・出さないというところで敬意を表すのではなく、相手にも限界を求めなくてはいけないし、自分たちも限界まで戦うということが重要なのではないかと思います」

Q.これでここ5試合を4勝1敗です。天皇杯に向けての手応えはいかがでしょうか?
「見せてる内容を持続していけば結果につながるだろうと思います。先ほども申しましたとおり、本当にここぞというところでメンタルの弱さ、気持ちの弱さが再度表れた場合は実現しないだろうと思います。それは本人達しかわかりません」

Q.アントラーズのチームの印象と去るに当たっての感想をお聞かせ下さい。
「クラブに関しては、外国から来る者を本当に暖かく迎えてくれたと思います。契約するに当たって、シーズンの終わる1ヶ月前に編成をしろといわれてもそれはむずかしいことだと思いますし、交渉というものは時間がかかるものですし、皆さんの人生の中でも何かを始めるときは1ヶ月前から始めるのではなく、数ヶ月前からどうかなと考えながらやっていくはずです。そういった部分でクラブ側は努力しようとしたのですが、日本の契約形態ということでうまく我々が目指そうとしてる方向性が定まらなかったというのが現状であって、それが残念な部分です。

この場を借りて、クラブ側の関係者に我々が立てたプランを全身全霊をかけてやろうとしてくれたこと、努力を惜しまずにやってくれたことに感謝したいと思います。最終的にはまとまらなかったということはあるかもしれませんが、その過程に関しては敬意を表さないといけないと思います。サポーターに対しても恩返しをしないといけないと思いますし、それは先ほどのスピーチでもいいましたとおり、天皇杯のために全力を尽くしてタイトルを取るということだと思います。全員で力を合わせて実現できればと思います」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

J1:第27節:鹿島 vs 千葉:パウロアウトゥオリ監督(鹿島)記者会見コメント 

パウロアウトゥオリ監督(鹿島):
(会見は質疑応答から)
Q:チャンスを多く作りながらも結果的には0-4というショッキングな敗戦でした。この試合を分析すると?
「言われたとおり、チャンスを作りながら敗れた試合内容でした。ただ相手の方が少ないチャンスを効率よく展開したんじゃないかなと思います。少ないチャンスながらも、我々のミスから効率よく点を決めたというのがありましたし、守備の所でも効率よくやって、特に今日はジェフのキーパーの岡本選手を褒めてあげたいなと思います。試合に負けてしまったのは、我々が相手に試合を手放してしまったこと。自分たちの不注意からやられたという部分です。サッカーだけでなく、人生の中でも『効率よく』という部分が重要なんじゃないかと思います」

Q:今日の試合、千葉のオールコートマンマークに対してどういう作戦を練っていた?
「マンツーマンという考えが、皆さんとちょっと食い違っているところがあるんじゃないかなと思います。マンツーマンというのは、1対1で付いていて、逆サイドまでも付いていくもの。彼らがやっていることは、あくまでも人に対して、ボールに対して厳しくいくというゾーンプレスみたいな形で、マンツーマンには至らないと思っています。
守備の部分だけでやられたのではなく、効率という部分で、彼らが確か5回のチャンスで4点を取っているということは、攻撃が効率よく働いたということではないかなと考えています。
過去の事例として、2~3年前までのレアル・マドリードを見ていきますと、中盤から前の選手には素晴らしい選手がいるかもしれないけども、守備が安定しなくて結果が出なかったということがあるように、現代サッカーでは守備が安定しなければ、いくら前に高い能力の選手がいたとしても、結果は絶対に伴わないということが分かるのではないかなと思います。
就任当初から、選手たちには、守備をまず安定させなければ、攻撃がよくても意味ないよ、という話をしましたし、また日本の選手は、守備をやることに対して何か抵抗があるような感じがしています。かっこいい、かっこわるいという形でサッカーをやっているのではなくて、効率、仕事量、守備、攻撃問わず、やらなくちゃいけないことは、汚いことでも、きついことでも、やらなくちゃいけないんだということを現代サッカーでは求められる、と選手たちに伝えました」

Q:今日の試合を踏まえて、11月3日のナビスコカップ決勝戦に勝つためには何が必要か?
「大会が違いますし、戦い方が違うと思いますし、うちは何人かの選手が出れないので…。守備で要求されたタイミングのときに、集中力・注意力という部分が今日のように欠けてしまえば、また負け続けるでしょう」
(最後に一言と監督が付け加えて)
「日本サッカー界のなかで、僕の目から見た何人かの(有力な)選手のなかで、(千葉の)阿部選手が競争心・競争力ともに高いものを持っている選手じゃないかと思います。近い将来には、違う環境でやれるだけの力を持っているんじゃないかと思います。今日彼が点を取ったからではなく、何試合か見続けているなかで、守備であろうと攻撃であろうと、自分が絡む場面のところで高い集中力を持っている選手ではないかなと思っています」以上。

オシム関連のコメントに続いて、アウトゥオリ監督のコメントを(主に自分用の)資料として、ブログにUPすることにしました。オシムの場合は、複雑・哲学的な言い回しで、かなり誤読してる可能性がある(まあ、どういう意味かを推測するのも楽しいのですが..)のですが、アウトゥオリは平易な言葉で、日本サッカーにとって足りない部分を指摘してくれるので、非常に考えさせられることがあります。ちなみに、この記者会見では、サポティスタでは、「阿部の評価」についてフォーカスされてますが、自分で、ひっかかった点は「日本の選手は、守備をやることに対して何か抵抗があるような感じがしています」という点でした。この試合を見たわけではない(仕事だった)ので、特に、守備のどの部分なのかは特定できませんが、彼が一番感じている点は、「ボールを奪われた時点で、いかに早く相手の攻撃の目をつぶすかということが弱い」ということのような気がします。その部分が、日本の選手は弱い(タイミング的にも、やり方的にも)と。攻から守の切り替えの遅さ。これは、未だに、日本サッカーの欠点かもしれません。オシムが、代表にまず植え付けようとしてるのも、「切り替え」への反応を高めることでしょう。いずれにせよ、この二人の名将からは、学ぶことが多々あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

アウトゥオリの話

鹿島vs名古屋戦後、審判・家本に対しての鹿島・アウトゥオリ監督の記者会見での言葉

http://www.jsgoal.jp/news/00037000/00037464.html

★★★サッカーは5つの要素から成り立っている。1つが選手、2つ目が現場スタッフ(筆者注:おそらく監督やコーチのこと)、3つ目がフロント、4つ目がレフリー、5つ目がメディアだ。この5つの要素からサッカーというスポーツが構成されている。1つ目の選手と連動してかかわり、醍醐味を増すのがサポーターだ。それが6つ目になる。この中で、周囲から分析され評価されるのは選手とスタッフで、それ以外が評価されないのはおかしい。日本サッカー向上のためには全てが評価されなければいけない。

単純に金言だと思う。現在の日本サッカー界の中で最も分析され評価されていないのは、フロントとレフリーの2つだろう。その結果、日本サッカー協会では川淵キャプテン、(最下位の)アビスパ福岡では長谷川統括長という無能な人々が権力を持ち、それぞれの代表、クラブをダメにしている。審判では、家本と上川(W杯とJで笛の基準が違う)だ。しかし、それを分析・評価すべきメディアは成熟せずに、現在のスターシステムの標的・オシムだけを追い続けている。

日本サッカーが向上するために、批判するべきものは、きっちり分析した上で批判していきたいと思う。単なる一個人のブログの及ぼす影響は、おそらく巨大な岩に一滴の水滴が落ちるようなものかもしれない。だが水滴も数多く長期間落ちることで、いつの日にか巨岩をも砕くことができるはずだ。そう信じて書き続けていきたいと思う。(あくまで仕事の合間をぬってですけどね..)
全文引用
2006年8月30日、J1:第21節】鹿島 vs 名古屋:パウロアウトゥオリ監督(鹿島)記者会見コメント

●パウロアウトゥオリ監督(鹿島):
Q:メンバーを大幅に入れ替えて、実質的に今までと違うチームで戦い、苦戦したわけだが、今日の評価は?
「深井はずっとハーフでやっているから違和感はない。野沢はそれだけの戦術眼と知識を持っているから、ハーフでもボランチでも使えると考えている。その他のいくつかの選手を変えたのは土曜日の試合(ナビスコカップ準決勝)も考えたメンバー変更だった。
全体的に若いチームになり、フレッシュさがあったと思う。最後まで諦めずに戦い、グランパスのような最近勢いのあるチームにあれだけの試合ができたことを評価しなければいけない。
 
***試合についてだが、サッカーは5つの要素から成り立っている。1つが選手、2つ目が現場スタッフ、3つ目がフロント、4つ目がレフリー、5つ目がメディアだ。この5つの要素からサッカーというスポーツが構成されている。1つ目の選手と連動してかかわり、醍醐味を増すのがサポーターだ。それが6つ目になる。この中で、周囲から分析され評価されるのは選手とスタッフで、それ以外が評価されないのはおかしい。日本サッカー向上のためには全てが評価されなければいけない」

Q:小笠原がチームを去ったが、今後の戦い方は見えたのか?
「どんな監督でも小笠原のような能力を持つ選手を失うのは痛手だ。特にナビスコカップ準決勝の近い日程で失ったことは痛い。ただ小笠原は海外移籍を志願したと聞いているし、チャンスがあれば送り出すべきだと思う。他の選手に彼と同じことをやってほしいとは考えていない。野沢を小笠原のところで使うとすでに私は選手全員の前の発言している。試合をこなすごとに彼はよくなっていくと思う」

| | コメント (0) | トラックバック (0)