W杯チケット相場状況

2006年7月19日 (水)

ドイツW杯チケット相場、全体的な感想

代表監督にオシムがほぼ確定し、J1も本格的に再開し、なでしこのW杯最終予選も始まっていますが、自分なりのドイツW杯総括も終わってないので、いくつか書いていきたいと思います。まずはチケットについて。

フランスW杯の時もそうでしたが、今回もチケットは1枚も持たずに現地へ向かいました。(普段、夜中にネットに張り付く余裕がなかったことが最大の原因です)「まあ、行けばなんとかなるやろ!フランスの時も、どうにかなったし」。まあ、こんな感じです。行って現地で必死にやってればなんとかなるものです。

最大の懸案事項であった名義チェックには結局一回もひっかかることはありませんでした。あれだけ声高に「名義チェックをやる」と言っていたのは、結局、ブラックマーケットへの牽制の意味が強かったということでしょう。開始2時間前とか暇な時は別ですが、基本的には「見た目で怪しい人間」を調べるために、あの機械によるチェックシステムを導入したようです。(完璧に名義チェックをやっていたら、おそらくどの試合も空席がかなり目立つ大会になってしまったはずです)。日本人、ドイツ人でさえやらなかったということは、4年後の南アでは、まずないと思っていいでしょう。

またドイツ人らしくシステマティックにチケット販売した今回ですが、そのシステムの穴をつく人物もいました。私も「ドイツ対アルゼンチン」でやられましたが、「チケット到着後リセールする」という手口です。詐欺師たちはダフ屋価格でチケットを売りつけた後に、売りつけたチケットをリセールし購入代金も回収しています。悪徳坊主丸儲けのような感じでしょうか(苦笑)私がやられたのはアルゼンチン人でしたが、日本のヤフーオークションでも、結構、この詐欺にあった人がいたようです。この詐欺の質の悪さは、チェックゲートにある機械にチケットをかざしてみて初めて分かるという点でした。なにせ見た目は本物のチケットで、違うのはICチップの中だけですから。結局、完璧なチケット販売システムというのは、存在しないのでしょう。

国別の相場としては、(あくまで自分が「I need ticket」をやってみた時の感触からですが)、1位:メキシコ、2位:ブラジル、3位:アルゼンチンという感じが気がします。(イングランドは、あまり見る気がなかったのでやってません)ラテン系の国は予想できましたが、ヨーロッパでやる大会にしては、ヨーロッパの国がらみのカードはそんなに相場が高くなかったような気がします。メキシコは、金持ちのサポが大量に渡独したことが、ブラジルも「サポの多さ+誰もが見たい」ということが影響してるようです。そういう意味で日本の試合は他の国の人々にとっては見たくなるような試合ではなく、相場もフランス大会の時に比べるとかなり安いものでした。(特に初戦のアルゼンチン戦は異常でした。目の前で「チケット1枚、3000フラン。2枚で6000フラン」で買った人がいましたが、近くの外人は「クレイジー」とつぶやいてましたねえ)現地では、結構、日本戦のチケットを余らせてる人がいました。現地で売って旅費の足しにするつもりだったのかもしれませんが、おそらくかなり当てが外れたのではないでしょうか。

フランス大会時、2回ほど「お前ら日本人が高い金額で買うから、俺達が買えなくて迷惑してる」と言われました。他の日本人でも、同様の事を言われた人が結構いました。今回は、全くいわれませんでした。そんなに相場からかけ離れた金額でポンポン買う日本人が減ったということでしょう。W杯も3回目ともなると、かなり手慣れた様子でチケット交渉をしてる人が目立ちました。ダフ屋相手ではさすがに楽しめませんが、普通の外国人相手に金額交渉するのは結構楽しいものです。それもW杯の楽しみ方の一つでしょう。「チケット交渉においては日本人も世界標準に追いついた」と。ドイツ大会で見る限り、そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

7/9チケット相場、決勝イタリア対フランス

オリンピアシュタディオンに開始30分前に到着、その時点でチケットがほとんどない状態だった。あってもダフ屋が「1枚、1000ユーロ」と言っている。節約して残した600ユーロではどうやら難しいようだ。アホ面したプレスパスを持った若い外人が「このパスで、全部のエリア大丈夫だ。500でどうだ?」と言ってくる。「顔写真付きなのに、すぐにばれるだろ!」みたいな感じで相手にしない。いろんな人間が彼に寄ってきたが、さすがに手を出す者もいなかったようだ(笑)。地元ドイツが絡まなくてもファイナルはファイナルだった。今までで一番高い相場だ。やはりファイナルを見るためにはよっぽど金があるか、TSTなどで取ってしまうしかないのだろう。結局、カフェにてTV観戦した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

7/5,チケット相場、、ポルトガル対フランス

開始50分前にスタジアム最寄り駅についた。前日とは打って変わって、チケットがかなりある様で向こうから声をかけてくる。準決勝の定価はカテ1~カテ4まで、それぞれ「400,240,150,90」だ。準々決勝の「180,110,85,45」に比べると、それぞれ倍ぐらいの値段設定に変わっている。相場の方も「1枚、だいたいどのくらい」ということではなく「カテゴリーによって値段が変わってくる」のだ。今回、おそらくフランスが勝つだろうということで昨日ほど気合いが入ってなかった。予算もできれば250ぐらいで安く買いたいということで、カテ1,カテ2はパスして、カテ3,カテ4を持ってる人を探すことにしていた。さらに、この状況を見て200で購入することに変更し、カテ3,カテ4を探す。しかし、やはりカテ1が余っているようだ。元々の値段が400で高いということで、売れにくいようだ。日本語を話す外国人から「カテ1、定価」と言われる。「俺はカテ3かカテ4を探している」と返すと「じゃあ350でどうだ?」と言ってくる。「カテ3じゃよく見えないぞ。ジダンもアンリもフィーゴもよく見えるし、どうだ?」と。しかし「カテ3かカテ4を探しているから」と言って断る。予想通り、ドイツが負けて見に行く気がなくなったドイツ人が大放出したようだ。おそらくカテ1は結構、定価より安く買えただろう。(なお「カテ2(定価240)は280ぐらい」で売ってる人もいました)
カテ3かカテ4を探して歩いていると、アルゼンチン人プレスに声をかけられる「カテ3,150を定価でどうだ?」と。アルゼンチン人に「ドイツ対アルゼンチン」でだまされたので、少し警戒したが、実はいい人に当たったようだ。彼から購入し、一緒にゲートに向かう。プレスの特権で一緒にメディア入口用ゲートをくぐり、ボディチェックや荷物チェックも受けずに入場する。彼は日本のサッカー雑誌でも記事を書いているという。チケットの方は「一昨日、200で購入した」そうだ。おそらく彼は小遣い稼ぎしようとして失敗したのだろう。席は3階の13列目だった。
アリアンツはサッカー専用で、しかもゴール裏の傾斜がかなり急なため、展開が非常に見やすい。いいスタジアムだ。ここもバイエルンのホームゲームの際には、ヴェストファーレンと同じぐらい相手に圧力をかけるに違いない。席に座ると横の18歳ぐらいのフランス人から、「これは母親のチケットだった。これは母親の名前だ。試合が終わったら、記念にくれないか?」と言ってくる。渋っていると「じゃあ、20ユーロでどうだ?」という。可哀想なのでその条件でOKする。結局、定価以下で購入したことになる。その上、試合開始15分前に席に到着できた。もっと時間がおせばもっと安く買えたかもしれないが、「余裕」を買ったと考えるとうまくいった方といえるだろう。これで決勝でもなんとか勝負できるだけの資金が残ったことになる。決勝の値段設定はカテ1から「600,360、220、120」今までの傾向では、カテ1はメインとバック、カテ2はゴール裏の一番見やすい高さ、カテ3はゴール裏低い部分、、カテ4はゴール裏のスタンド上部のようだ。(ひょっとしたら違うかもしれません)。本来なら基本の値段が安いカテ4,カテ3狙いで行きたいとこだが、ベルリンは見にくい上に、2階部分に柱がいっぱいあるから、結構、席で泣き笑いする可能性もありそうだ。とにかくファイナルは研究と粘りが必要になってくるだろう。

なお3決は行きません。おそらくそんなに高くないでしょうが、決勝に備えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

チケット相場、7/4、ドイツ対イタリア

開始45分前にスタジアムに到着する。しかし、既にほぼ勝負は終わってしまっていたようだ。チケットを求める人で溢れている。優勝候補アルゼンチンに勝ったことで、盛り上がったドイツ人が大挙、このドルトムントに押し寄せたようだ。日本人の方に「一番安かったので、どれくらいでした?」と聞くと、「一番安いので400だったかな」との答え。本日は、だんだん時間とともに上がっていくチケット相場のようだ。今の相場は安い席は残っておらず定価400ユーロのカテ1が残っている状態だった。自分が聞いた中では一番安くで「1枚、600ユーロ」、「1枚1000ユーロ、2枚で2000」と言う強気な設定をしてるドイツ人もいた。アルゼンチン人は「カテ2,1枚、700」で売っている。日本人の方で明日の「フランス対ポルトガルと交換で、さらに200ユーロ払う」と言う人もいたが、なかなか成立しないようだ。あのドイツ対アルゼンチンが200で買えたことを考えると、いかにドイツ人が盛り上がり始めたということが伺えた相場状況だった。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

チケット相場、7/1、ブラジル対フランス

到着は乗る電車を間違えたため、開始10分前だった。しかし、現地に到着してみるとほとんどチケットはなく、求める人が溢れていた。どうやら、既に勝負は終わっていたらしい。チケ難民と化していた日本人に相場を聞くと「400と聞いたのが最低でしたね」とのこと。唯一、そこでジダンのユニを来たフランス人がチケを持っていて何人か取り囲んでいる。「1枚のみ、1000ユーロ」で譲らない。結局、その値段では買い手がつかず、試合開始15分後、あきらめて、スタジアムゲートへと走っていった。しかし、フランスの勝利を見ることができて、彼は良かったのかもしれない。需要と供給によりチケットの値段は決まっていくとは言え、開催国ドイツ対アルゼンチンより、ブラジル対フランスの方が相場が倍以上高いのはどういうことだろうか?(素直に需要と供給の可能性ということなのだろうが、しかし、相場が読めません)ただ人気チームであるイングランドとブラジルが負けてしまったので、準決勝は、予想より相場が安くなりそうな気がする。(なお、相場を聞いた日本人は、この試合の観戦は捨てて、負けた方のサポから準決勝や決勝のチケットをほぼ定価で譲ってもらう作戦を決行するという。一瞬、いい考えかと思ったが、基本的にツキがない日なので、そううまくは行かない気がして、自分は素直にTV観戦に切り替えました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

チケット相場、6/30ドイツ対アルゼンチン、やられました(泣)

開始50分前にオリンピア・シュタディオン駅につく。しかし、日本人の、いつものよく見るメンバーはいなかった。仕方がないので、外国人同士の取引の様子を見て相場を判断する。どうやら「1枚、200」ぐらいで取引成立してる状況だった。優勝経験国同士で、開催国ドイツがらみのカードにしては予想より相場が安いので拍子抜けする。これが準々決勝で一番期待のカードだけに「200」で早速入ることにする。カテ1は300と言ってきて200ではダメのようだ。アルゼンチン人がカテ3を250と言ってきたので「200でどうだ?」というと、あっさり成立。いそいでゲートに入る。ベルリンはチェックは、しっかりやるが早くていい。しかし、チケットゲートで、いつもの緑ではなく「赤」がついてしまう。チケットセンターに連れていかれる。「この座席には既に人が入っている。これは古いチケットだ。どうにもならない。これは君のチケットか?」と聞かれたので、正直に「10分前、そこで買った」と答える。どう考えてもどうしようもないので、ひとまずゲートを出る。
どうやらチケットの現物を手に入れた後、なんらかの方法でリセールかけたようだ。名義は「FIFA」だけだった。どうやら名義もチェックして、怪しい出所の奴は警戒した方が良さそうだ。これでアルゼンチン人には3大会連続やられた。フランス大会の時には、あのチケット狂想騒ぎになったトゥールーズで、かなりの軍資金がアルゼンチンサポに渡った。2002年は、友人の知り合いの友人のアルゼンチンサポから「アルゼンチン対ナイジェリア」のチケを買ったが、そいつは友人の家にただで泊まっているのに、その友人にも定価より高く売ってきた(まあ、それはそこまで高くはなかったが..)。そして今回、どんなにチケットのシステムを巧妙にしても、その隙をつく奴は出てくる。しかし、W杯チケットで、ここまでまともにしてやられたのは初めてだ。怪しそうな奴からは買わない。あとは名義をちゃんとチェックして出所のはっきりしてるチケットしか買わないようにするしかないようだ。何しろ、外観は全く本物と一緒で、中に入っているICの情報次第で通るか通らないか決まるのだから..。
この「古いチケット」をアルゼンチン人に売ろうかとも思ったが、それをやって捕まると、今度はただで済まないのでやめる。「カテ2、250」で言ってきたので、「150」というと「じゃあ、200でどうだ?」というので、仕方なく買う。今度は名義をちゃんとチェックする「アルゼンチンサッカー協会ホルヘ・~」。ここまで来るとまあ、ギャンブルみたいなものだ。今度は無事に緑がついた。席につくとアルゼンチンサポの席のはずだが、ドイツ人が結構多い。かなりアルゼンチン人がチケットを売ったようだ。ともかく国歌演奏のぎりぎりに席に到着。開始5分ぐらいは「やられた!」という思いから試合に入っていけなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

チケット相場、6/27スペイン対フランス

スタジアム最寄り駅に開始1時間20分前に到着。昨日のイタリア対オーストラリアと比べると日本人の数が少ない。どうやらブラジル対ガーナにかなり流れたようだ。いつもの彼もいない。代わりにニュルンベルクのポルトガル対オランダの「カテ1(定価120ユーロ)を80ユーロ」で購入した人に再会する。「今日もだぶついてるから、安く入れるよ!」という言葉。予算は150ユーロだったが、カテ3,4は50ユーロ。あとは席次第に変更する。彼の方は「1枚、60ユーロで2枚連番」で探している。彼の方の「I need Ticket!」はかなり目立つので、次々に声がかかる。きっちり席を見て値踏みした後、「60ユーロ、プリーズ」と言うと、たいていの相手はあきれたような表情で苦笑いだ。その後、「お前はクレージーだ」「いや、開始近づくともっと下がるよ、今の内に売ったら」と言いあって別れる。チケットの売り買いも一種の世界的なコミュニケーションの一部になっていた。しかし、雰囲気がほのぼのしている。あのアルゼンチン対メキシコの殺気だった雰囲気とはまるで違っている。きっと彼らも我が町のクラブの非常に重要な試合では、もっと殺気立つのだろう。クラブの試合は戦争でW杯はあくまで祭りなのかもしれない。しかし、愛国心の強いメキシコやほとんどの有名選手がヨーロッパに行ってしまっているアルゼンチンでは、代表の試合も間違いなくかなり重要なものなのだろう。しかし、ヨーロッパで行われる大会でヨーロッパ同士の試合より南米と中南米の対戦試合の方が値段が高いというのは不思議である。
試合開始30分前に「クロアチアサッカー協会枠で値段なし、メインスタンド」のチケが100ユーロだったので「ひょっとして招待席かな。かなりいい席に違いない」と思って購入する。行ってみたら前にはフランスの記者の人が座っていて、同じように値段なしの「Complimentary Ticket」と表記してあった。どうやら記者席からあぶれた記者用のスタンド席チケットらしい。ただし、前から5列目で、ほぼピッチレベル。素人では全体を把握することは難しい席だった。おかげでいい試合だったにも関わらず、全体を把握できないので、楽しみも半分になってしまった(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

チケット相場、6/26イタリア対オーストラリア

カイザースラウテルン中央駅に開始1時間分前に到着。知り合いの方に会う。ちょうど交渉中で、「カテ2、250」を「200でどうだ!」と粘っていたが、結局、220で押し切られてしまった。まあ、この方は金を持ってるからいいだろう(笑)。カイザースラウテルンは駅からスタジアムまで時間がかかるので、知り合いの方はスタジアムへ急ぐ。
駅前では、いつもの彼がいた。「いつもいつもすみません」と思いながらも相場を聞く。(いつか機会があったら、この人に何が奢らないといけないですねえ..)「今の段階でカテ3で150ぐらい。けど、結構余っているから、もっと時間がたてば下がるよ」という言葉。どうやらメインかバックの「カテ1を100ぐらい」で狙っているようだ。自分の方は、一応、予算は200だ。声をかけられると「カテ3、170」とか言ってくる。しかし、カテ1は250で言ってきて二人交渉したが下がらず。そうしてると日本人の人がカテ1グリーン(バックスタンド)7列目を持っていて、230で売ってた。見てると「カテ1(定価120ユーロ)、1枚ありますよ、200だったらいいですよ」という。この時点で開始まで40分、とにかくあの坂道が時間かかるので、そこで手を打った。前回のカイザースラウテルンでの日本対オーストラリアも日本人から買ったことを思い出す。どうやらカイザーでは日本人からチケットを買う運命になっていたようだ(苦笑)。スタジアムの途中、ちょうど4セクションへの分岐点ちょっと手前では、みんな一生懸命交渉している。結構、チケはありそうだ。「ここで買った方が安く買えたかな」と思いながらも、スタジアムへ急ぐ。これでクロアチアに続き、イタリアも3大会連続、スタジアムで生観戦できることになった。粘って時間ぎりぎりや開始5分ぐらいからもいいが、やはり試合を堪能するには、国歌演奏を聞かないと盛り上がらないよなと思う。席はゴール前、PKエリアの線上ぐらい。前から7列目なので反対側はやはり見にくいがいい席だった。サッカー専用だけに手前側のゴール前の攻防はかなり堪能。イタリアのスター選手達が目の前でミーハー気分も味わえてそれなりに満足している。(もっと安く買えたとは思います。おそらくカテ1で150切ったかもしれないなとは思いますが...。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

チケット相場、6/25ポルトガル対オランダ

スタジアム最寄り駅に開始45分前に到着、昨日の相場とオランダからかなりのサポが来ていると予想して価格が高めだろうと想定していた。昨日買えなかったので予算は300ユーロだった。しかし、駅から降りて一般のドイツ人がカテ2ゴール裏75ユーロを「120ユーロ」で言ってきたので、即決する。名義はpostbank、どうやらドイツ国内のスポンサー枠らしい。しかし、スタジアム入り口まで来ると、どうやら想定してた状況とはかなり違うことに気がつく。どうもかなりのチケットが余っているようだ。日本人に相場を聞くと「今、100ぐらい。あとちょっとたてば定価か定価以下でいけるんじゃないですか」という答え。話してる内にダフ屋らしき人間からカテ1、100ユーロを彼らの言い値の80ユーロで2枚購入していた。どうやら失敗したらしい(苦笑)。中に入るとかなりの数が予想されたオランダサポもそこまでいなかった。さらにポルトガルサポの数は、ハノーファーでの韓国サポよりも少ないように感じた。どうやらヨーロッパの奥地ポルトガルから、ほぼヨーロッパの中心であるドイツまではかなり遠いようだ。やはりまずは相場を確認してから始めるべきだった(苦笑)。「まあ、でも悪い席ではなかったし、試合開始前に余裕を持って席に座って国歌演奏を聴くのはいいものだ。しかもポルトガルサポの近くだし..」とどうにか納得させていた。しかし、チケットの相場を読むのは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

チケット相場、6/24アルゼンチン対メキシコ

スタジアム最寄り駅に45分前に到着。一応、予算は200ユーロだった。相場を聞くために日本人を探すと、昨日、ハノーファーであった人にまた出会う。その人は他の人にも声かけられていた。どうやら現場にて「チケットゲット」をやる人間もかなり限られてきたらしい。顔見知りが増えていくようだ。相場の方は話を聞くと300ぐらいらしい。さすがに決勝Tは上がってきたみたいだ。メキシコ人は結構、W杯に大挙して訪れるから、そうそう値が落ちない。そこで250でやってみることにする。昨日の彼は、350と言ってきたメキシコ人から値切ってカテ2を300でゲットする。しかし、そこから値は落ちなかった。400~500に変化する。決勝Tでアルゼンチン相手とあってメキシコ人の気合いが結構凄かった。スペイン語で「250出すからとっとと売れ!」とか「いや、絶対、500でないとダメだ、この野郎!」。どうしてもこの試合を見たいメキシコ人青年が500で買おうとすると「坊や、そんな値段じゃダメだ、250で値切れ!」とか、かなり熱を帯びている。ここで自分がもし500ですっと買ったら「このチノ(中国人)、てめえみたいな奴がいるから俺たちが試合見れないんだ!」とか言ってきそうな感じだ。とにかく、試合開始15分ぐらい前からは、売買が成立しようとすると、数人が取り囲んで、いろいろ言い合うという感じで、この辺の交渉も民族的な違いが出ていておもしろい。同じラテンのスペインよりもやはり南米の方は、かなり交渉の仕方もハードだった。(まあ、スペインの場合は、クラブチームの重要な試合の方がかなり熱を帯びるかもしれない。またグループリーグということもあるだろう。フランスとの決戦では、どう変わるのかも注目だ)
ということで結局、買えず。TV観戦になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)