« 第34節終了時:アビスパのJ2残留シミレーションをしてみました(苦笑) | トップページ | 2011年アビスパ福岡:個人的な総括・編成について(今さらながら) »

2012年10月26日 (金)

神野アビスパ2012、失敗の本質

神野卓哉が、アビスパ福岡のチーム統括部長就任した2012年。アビスパは「失望」のシーズンをおくることとなった。
なぜ、神野アビスパ2012が失敗したのか?
それには主に3つの原因がある。

1:前田浩二という新人監督抜粋というギャンブルに大失敗
2:経験のない新人監督を経験のあるヘッドコーチが補佐するリスク管理ができなかったこと
3:フィジコの不在

主に挙げられるのは、この3点だろう。坂田や古賀、さらにシーズン途中にはオズマールという優秀な選手を獲得するという手腕を見せた神野統括だったが、監督選びには「大失敗」という「文字」以外には表せないほどのミスを犯してしまったと言えるだろう。
個々の能力は高いのに、チームとして成熟度が増すばかりか、シーズンが進むごとに劣化していった。その結果が、2011にはJ1にいたチーム(2011実績では営業収入J24位)のチームがJ2で18位(10月26日現在)という「絶不調」ぶりである。

ただ人間、間違いは誰でも犯すものである。間違いを放置する。間違いを繰り返す。そのことは絶対にやってはいけない。
シーズン中盤時点で、前田浩二の「監督としての無能ぶり」は明らかになってしまった。本来ならば、9月の時点で、次に「まともな監督」を呼び、2013年のシーズンに編成から関わらせて、「2013年J1昇格を目指す」べきであったが、予算の関係かどうかは不明だが、神野統括は、とうとう「間違いを正す」ことができなかった。

オズマールや坂田の獲得は見事であったが、監督選びには「見事に失敗」した神野統括。
2013年は、くれぐれも「同じ失敗」を繰り返さないようにお願いしたいものである。


神野卓哉(VOLANTE)
http://www.volante.co.jp/manage_jinno.html
神野卓哉(株式会社オンゼ代表取締役社長)
http://www.onze-inc.co.jp/

|

« 第34節終了時:アビスパのJ2残留シミレーションをしてみました(苦笑) | トップページ | 2011年アビスパ福岡:個人的な総括・編成について(今さらながら) »

神野卓哉アビスパ2012~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/55976975

この記事へのトラックバック一覧です: 神野アビスパ2012、失敗の本質:

« 第34節終了時:アビスパのJ2残留シミレーションをしてみました(苦笑) | トップページ | 2011年アビスパ福岡:個人的な総括・編成について(今さらながら) »