« マリサポの「天皇杯決勝チケット炎上事件」で儲かったのは結局、ダフ屋だった | トップページ | アビスパ福岡2012:移籍まとめとシステム予想(未確定情報多し) »

2012年1月 3日 (火)

2012年、あけましておめでとうございます

2011年、あまりブログの方はあまり更新できませんでした(ツイッターの方では、いろいろとつぶやいていましたが)。
2011年、日本は民主党政権でさらに混迷を深めています。「デフレ時にインフレ対策に邁進」するという愚策のせいで、2012年、日本は「デフレ悪化→大恐慌」へと突入しかねません。

さらに「TPPでアメリカンスタンダードを導入し格差拡大」にばく進する野田政権。一刻も早い震災から復興が必要でしたが、「ショックドクトリン」導入のため、ガレキ除去のみで、復興は後回しという恐ろしい状況です。まさに「政権後退」という言葉がふさわしい。2012年の最大の懸案としては、「政権後退」から「政権交代」させることでしょう。「政権交代」し、「TPPを潰し、デフレ下でまともにデフレ対策の経済政策を取る」だけで、日本はかなり、まともな方向に行くと思います。(民主党はもちろん、ハゲタカ新自由主義の「みんなの党」もダメですね。橋下徹はブレーンにハゲタカ新自由主義者の古賀茂明がいるのが気になります。http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f08e.html 
しかし自民も橋本政権や小泉政権のような「新自由主義政権」ができれば、同じです。麻生政権を続けていれば、今頃デフレ脱却し、リーマンショックの時にIMF融資を敢行したように、ユーロ危機も日本が先頭に立って解決へと動いていけたと思うのですが...。)

まともな経済政策を打つ政権へ「政権交代」すれば、日本サッカーや日本総合格闘技界に、非常にプラスに働くでしょう。

サッカーといえば個人的にはアビスパです。そのアビスパ2011ですが、全てが力不足でした。 ただ浅野体制で、好転しかけていただけに、
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/2011-7edf.html
経験不足の前田体制に変わったことで、アビスパ2012は混迷のスタートを切ることでしょう。はっきり言って、ハイリスク&ローリターンのギャンブルでしょう。生え抜きで主力・田中佑昌の移籍は、選手とフロントの信頼関係が大きく崩れている徴候のようにしか思えません。大塚社長が「説明しない野田政権化」した恐れもあります。浅野続投ならば、「1年でどうやってJ1に戻り、J1に居続けること」だけを考えていれば良かったのですが、前田体制では「J2残留争い」を繰り広げるという「最悪の事態」を想定しなければいけないでしょう。どっちに転ぶかは、ギャンブルです。岡田武史でさえ、Jリーグ1年目は札幌で迷走しました。経験不足の監督に経験不足のヘッドコーチ、さらに主力の大量流出ということで、アビスパササポにとっては、「厳しい一年」になることを覚悟してシーズンに臨まなければいけないと思います。

最後に日本総合格闘技です。2011年の総合はK-1(FEG)が「借金と未払い問題」で潰れ、UFCのみが1人勝ちの状況です。2012年も、おそらくその状況は変わらないでしょう。ただアメリカとヨーロッパ経済が、2012年、間違いなく混迷を極めるだけに、DREAMにもチャンスはあるはずなのですが、やはり榊原氏が復活する2年後まで待つしかないような気もします。

年頭の挨拶だけのつもりでしたが、長くなってしまいました。
たまには更新すると思いますので、今年もよろしくお願いいたします。

|

« マリサポの「天皇杯決勝チケット炎上事件」で儲かったのは結局、ダフ屋だった | トップページ | アビスパ福岡2012:移籍まとめとシステム予想(未確定情報多し) »

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/53650012

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年、あけましておめでとうございます:

« マリサポの「天皇杯決勝チケット炎上事件」で儲かったのは結局、ダフ屋だった | トップページ | アビスパ福岡2012:移籍まとめとシステム予想(未確定情報多し) »