« 笹原圭一:DREAM.&リアルについての20101231現在でのWIKI(転載) | トップページ | *「0円移籍への危惧」、記事(ほぼ抜粋)、週刊SM:2010年12月28日号、西部謙司 »

2011年1月 1日 (土)

2010年、ありがとうございました。

2010年9月以来、ほとんど更新してませんでしたが、毎日、一定数のアクセスがあることにビックリです。ありがとうございます。

現在は、ほとんどツイッターの方が主流方法になってるような感じでしょうか。なんといっても更新(?)が気楽なのが...。ただ140文字という制限があるため、まとまった論考が必要な場合はブログの方法論が必要になるでしょう。
できるだけ更新したいとは思っているものの、2011年はツイッター中心のネット活動になると思います。

2006年にブログを開始した時は「サッカーと格闘技中心のブログ」をやるつもりでしたが、2008年に「日本の危機」に気がついてからは「政治・経済」というものに、かなりの力点を移さざるを得ませんでした。日本という国が、売国サヨク政権(現状の民主党政権が該当)の元、シナ(中国)の自治区化(チベットやウィグルの現状を見れば分かります)してしまえば、日本という土壌の上に咲くアビスパも日本サッカーも日本の総合も全て枯れ果ててしまうでしょう。人は闘うべき時は、それぞれの手段を持って闘わなくてはいけません。

2010年:アビスパは、「暗黒の都筑大躍進時代」、「社長後退」状態から脱し、J1昇格を果たすことができました。まだまだやるべきことはいっぱいありますが、これからは少しずつでも前進していけるでしょう。(現在の社長と統括の成長にもよりますが)
一方、日本の政権自体は、相変わらず「政権後退」状態にあります。そして日本の総合も「トップ後退」により、ひどい迷走状態です。
ただし、このひどい迷走状態が、逆に「たまりにたまった膿」を出してくれそうな気もしています。「政権後退」から「よりましな政権への交代」へ。
日本の総合は、「敵は本能寺」にいるようなので、もう少しかかるかもしれません。

いずれにせよ、「日本国」、「日本サッカーとアビスパ」、「日本の総合」、この3者をよりよい状態に向かわせるために、2011年も、自分なりに、できる範囲で「闘う」ことになると思います。

新年の挨拶だけでしたが、思わず長くなってしまいました。

2011年もよろしくお願いいたします。








|

« 笹原圭一:DREAM.&リアルについての20101231現在でのWIKI(転載) | トップページ | *「0円移籍への危惧」、記事(ほぼ抜粋)、週刊SM:2010年12月28日号、西部謙司 »

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/50450859

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年、ありがとうございました。:

« 笹原圭一:DREAM.&リアルについての20101231現在でのWIKI(転載) | トップページ | *「0円移籍への危惧」、記事(ほぼ抜粋)、週刊SM:2010年12月28日号、西部謙司 »