« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

笹原圭一:DREAM.&リアルについての20101231現在でのWIKI(転載)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%B9%E5%8E%9F%E5%9C%AD%E4%B8%80

笹原 圭一(ささはら けいいち、1967年9月16日 - )は、日本の総合格闘技イベントDREAMのプロデューサー、株式会社リアルエンターテインメント代表。愛知県豊田市出身。元ドリームステージエンターテインメント広報局長。

国立大学に7年間在籍し、名古屋市のカプセルホテルに就職。3年後に転職したイベント制作会社H2Oが東海テレビ事業の榊原信行とともに高田延彦対ヒクソン・グレイシーを実現するための格闘技イベントのプロジェクトに参加したことから、総合格闘技イベントPRIDEの実行委員会組織KRSに参加した。その後、1999年に発足したPRIDEを運営する企業ドリームステージエンターテインメント(DSE)に加わり、以後、2007年まで同社で広報局長を務めた。

2004年にDSEがプロレスイベント「ハッスル」を開始すると、ハッスル事業主任も担当。当初は広報として記者会見を担当していたが、同年6月からは、プロレスのストーリー上のギミックとして、ハッスルの初代ゼネラルマネージャー(GM)を担当[1]。オープニングに赤いジャケットとサングラスで登場して観客に挨拶し、新日本プロレスの蝶野正洋を真似て、「アイアムGM」と決め台詞を言うのがお約束だった[2]。ハッスルGMの座は、2005年9月8日の「ハッスル・ハウスvol.9」で行われた「ハッスル総選挙」で元新日本プロレス社長の草間政一に奪われ、同年10月からはエージェントのケイ・ササハラとしてハッスルのストーリーに関わっていたが[3]、その後、ハッスルからは徐々にフェードアウトしていった。

続きを読む "笹原圭一:DREAM.&リアルについての20101231現在でのWIKI(転載)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤浩之:DREAM&リアルエンターテインメントについての、いろんなメモ

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C6%A3%B9%C0%C7%B7

PRIDE・ハッスルなどを運営していた興行会社「DSE」の専務として、進行・運営を担当していた。

DSEはその後解散。

2008年09月07日に五反田で開かれた、修斗公認ジム「シューティングジム東京」の開設式に「DREAM加藤浩之」名義で花を寄贈、08年にスタートした格闘技興行で、リアル・エンターテインメント社がFEGから運営委託を受けている格闘技イベント「DREAM」にも携わっていることが判明した。

イベントの運営・進行は、自身が代表を務める「有限会社ネイション」の業務という形を取ることも多い。

その後、2010年4月、米国の総合格闘技団体ストライクフォースの記者会見に公式に出席、「DREAMヘッドプロデューサー」であると公に発表した。

1972年6月29日、愛知県生まれ。

「PRIDE影の王」加藤浩之氏について、どこよりも詳しい補足情報(副題;戦極よ加藤氏に学べ
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090605/p2
    dearadolf 2009/06/04 10:09 これ、どこまで言って良いのかなぁ。って関係者でも無いんですが。

続きを読む "加藤浩之:DREAM&リアルエンターテインメントについての、いろんなメモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »