« アビスパ 0-0 岡山、観戦(乾)メモ,201007 | トップページ | 加藤浩之:DREAM&リアルエンターテインメントについての、いろんなメモ »

2010年9月26日 (日)

アビスパ 0-2 柏、雑感:20100926

アビスパ

大久保
永里 城後 久藤
末吉 中町
中島 マコ 柳楽 山形
GK神山

控え:笠川、宮路、佑昌、石津、大山、岡本

林 北嶋
レアンドロ
大谷 栗沢 茨田
橋本 近藤 パク 小林
GK菅野

控え:GK、酒井、村上、澤、田中、工藤、ホジェル

シュート数、4:14。

スカパー観戦(解説:吉村&中払氏のコメントを大いに参考にしました)
・丹羽の代役は柳楽:柳楽のデキが、この試合を大きく結果付けることとなった
・久しぶりの柳楽先発。そして現時点でもJ2最強と思われる柏相手ということもあり、緊張感でプレー全体が堅い柳楽。頭から柏にポゼッションされ、北嶋&林に裏を狙われて、DFラインは深くならざるを得ないだろうが、柳楽の「自信のなさ」がさらにDFラインを深くさせたことは否定できないだろう。DFラインが深くなったことで、セカンドボールを、ことごとく柏に拾われることとなった。
・さらにラインコントロールの面で、マコ&柳楽では、ギャップをつかれまくることとなった。まるで2009シーズンの悪い時のようなDFライン。ここまで好調でしぶとく戦ってきたチームだが、「丹羽→柳楽」というディテールの違いが、大きく影響を与えた。DFラインの不安定さがチーム全体の戦い方に影響を与え、2010シーズンの良さを全く出せないまま終了してしまった
・柏は、個人能力は確かに高い。だが、個々人でいけば千葉とそう変わらないと思う。ただ2008年の広島ほどではないように思う。2011シーズンのJ1で、いきなり優勝争いするだけのチームではないように思う。逆に言えば、今のチームでは、J1に昇格しても、通用しないということが、ある意味はっきりした試合であったように思う。
・アビスパの2010シーズンは、3年計画の1年目ということで、若手を育てるということで始まった。だが予想以上に、いいチームが出来て十分にJ1昇格できる戦いをできている。だが、いい戦いが出来ているのは、丹羽&マコ、そして末吉&中町の中央のディフェンスが機能してるということが一番大きい。柳楽の代わりに丹羽であれば、柏相手でも、ここまで楽な戦いをさせることもなかったように思うが、これも長いリーグ戦。大事な試合に出場停止やケガでベストメンバーを揃えられないことは、よくあること。この辺にクラブの総合力が問われる。控えとレギュラーのレベル差、質と量が問われることになる。あまり考えたくはないが、丹羽&マコ&中町&末吉、このうち誰かがケガで長期出場停止ということになれば、2010の昇格も、かなり危なくなるように思う。(逆に言えば、4人がケガ無くもってくれれば、かなり可能性高いと思うが)
・おそらくJ1に昇格した場合、補強ポイントは、CB、SB(特に右)、そして能力の高いFW(ブラジル人)、ボランチになるだろうが、それはシーズン終了後、考えるべきことか...。
・それにしても柳楽、確かに試合勘がない状況での先発は、かなり厳しかったとは思うが、最後までプレーが硬いままで、さらには途中で足が吊って交代とは...。ともかく、厳しいなあ。
・ともかく、アビスパにとって、課題が多く出た試合になった。ぜひ修正して、次の熊本戦では、きっちり熊本に引導を渡すようにしてもらいたい。次、勝ち点を落とすようだと、チーム自体がおかしくなってしまう可能性が大きくなる。この1週間の篠田&浅野のチームマネジメントが非常に重要になると思う。

web拍手 by FC2

|

« アビスパ 0-0 岡山、観戦(乾)メモ,201007 | トップページ | 加藤浩之:DREAM&リアルエンターテインメントについての、いろんなメモ »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/49568910

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 0-2 柏、雑感:20100926:

« アビスパ 0-0 岡山、観戦(乾)メモ,201007 | トップページ | 加藤浩之:DREAM&リアルエンターテインメントについての、いろんなメモ »