« アビスパ2010の現時点(4月末時点)での理想的バランスを考えてみた | トップページ | 2010年5月4日現在、宮崎・口蹄疫問題関連リンク »

2010年5月 4日 (火)

2010年4月、宮崎県での口蹄疫問題に関しての流れ(20100504現在)

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html

2010年4月20日
@宮崎県における口蹄疫の疑い事例の1例目
宮崎県児湯郡都農町  繁殖牛農家(繁殖牛9頭,育成牛3頭,仔牛4頭)
宮崎県の農場の飼養牛に、家畜伝染病である口蹄疫の疑似患畜が確認されました。このため、本日、農林水産省に口蹄疫防疫対策本部を設置
*「口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき、農林水産省に赤松農林水産大臣を本部長とする口蹄疫防疫対策本部を設置したところであり、宮崎県とともに行う今後の防疫措置について、速やかに検討

*合計:牛16頭の処分決定

4月21日
@宮崎県における口蹄疫の疑い事例の2例目
宮崎県川南(かわみなみ)町大字川南 酪農・肉用牛複合経営 65頭
(搾乳牛26頭、乳牛育成牛7頭、交雑種(F1)肥育牛14頭 等)
本日明け方、1例目の農場から南東約3kmの農場の飼養牛について、(独)農研機構動物衛生研究所で口蹄疫についてのPCR検査(遺伝子検査)を行ったところ、陽性を確認しました。 このため、口蹄疫の疑似患畜と判断(2例目)しました。

@口蹄疫の疑い事例の3例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(2例目の農場から北約400m)
肉用牛肥育農場 118頭(和牛83頭、交雑種(F1)35頭)

*合計:牛199頭の処分決定

4月22日
@口蹄疫の疑い事例の4例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(2例目の農場から西約200m)
肉用牛繁殖農場 65頭 (和牛65頭)

*合計:牛264頭の処分決定

4月23日
@口蹄疫の疑い事例の5例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町 (4例目の農場から西約100m)
肉用牛一貫経営 75頭 (繁殖牛44頭、育成牛1頭、肥育牛6頭、子牛24頭)

@6例目
宮崎県児湯(こゆ)郡都農(つの)町 (1例目の農場から北西約600m)
水牛・豚飼養農場 44頭(水牛42頭、豚2頭)

*合計:牛381頭、豚2頭の処分決定

4月25日
@口蹄疫の疑い事例の7例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(2例目の農場から北東約100m)
肉用牛肥育農場  725頭

*合計:牛1106頭、豚2頭の処分決定

4月28日
@口蹄疫の疑い事例の8例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(2例目の農場から北東約2km)
肉用牛肥育農場 牛 1,019頭

@9例目
宮崎県えびの市(1例目の農場から南西約70km)
肉用牛肥育農場 牛 275頭

@10例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(1例目の農場から南東約6km、2~5例目の農場から南東約3km)
宮崎県畜産試験場川南支場 豚 486頭

合計:牛2400頭、豚488頭の処分決定

4月29日
@山田農林水産副大臣の国内出張(宮崎)

@口蹄疫の疑い事例の11例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町 (2例目の農場から北東約400m)
酪農 乳用牛 50頭

合計:牛2450頭、豚488頭の処分決定

4月30日
@口蹄疫の疑い事例の12例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(2例目の農場から南約1.0km)
養豚経営  1,429頭(母豚493頭、種雄豚14頭、育成豚82頭、子豚840頭)

合計:牛2450頭、豚1917頭の処分決定

5月1日
@口蹄疫の疑い事例の13例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(10例目の農場から北約200m)
養豚経営 3,882頭(繁殖371頭、育成41頭、子豚897頭、種豚28頭、交雑種繁殖候補豚1,063頭、肥育豚1,482頭)

合計:牛2450頭、豚5799頭の処分決定

5月2日
@口蹄疫ウイルスについて、アジア地域で確認されている口蹄疫ウイルスと近縁のものであることが確認
当該ウイルスがアジア地域で確認されている口蹄疫ウイルスと近縁のウイルス(O/JPN/2010)

@疑い事例の14例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(1例目の農場から南東約6.5km)
養豚経営 299頭(繁殖50頭、子豚180頭、哺乳豚66頭、種雄豚3頭)

@15例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(1例目の農場から南約8km)
肉用牛肥育経営 424頭(肥育牛422頭、繁殖牛2頭)

合計:牛2874頭、豚6098頭の処分決定

5月3日
@疑い事例の16例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町 (10例目の農場から南約600m)
肉用牛繁殖 4頭 (繁殖2頭、子牛2頭)

@疑い事例の17例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(2例目の農場から南東約5km)
肉用牛繁殖農場 37頭(繁殖牛17頭、育成牛3頭、子牛17頭)

合計:牛2915頭、豚6089頭の処分決定

5月4日
@疑い事例の18例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(16例目の農場から北東約600m)
養豚経営 15,747 頭(繁殖母豚1,308頭、哺乳豚2,098頭、肥育豚8,073頭、子豚4,248頭、種豚20頭)

@19例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(10例目の農場から西約1km)
養豚経営 3,010 頭(繁殖母豚400頭、育成豚60頭、肥育豚2,000頭、子豚500頭、種豚50頭)

合計:牛2915頭、豚24845頭の処分決定

|

« アビスパ2010の現時点(4月末時点)での理想的バランスを考えてみた | トップページ | 2010年5月4日現在、宮崎・口蹄疫問題関連リンク »

重要な政治に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/48270854

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年4月、宮崎県での口蹄疫問題に関しての流れ(20100504現在):

« アビスパ2010の現時点(4月末時点)での理想的バランスを考えてみた | トップページ | 2010年5月4日現在、宮崎・口蹄疫問題関連リンク »