« 富山 1-1 アビスパ、メモのみ | トップページ | 「不幸化」を招く長谷川黒魔術の再来 »

2009年8月17日 (月)

2011年、スポンサー離れ、観客減で危機に陥るJリーグ(?)

2011年、スカパー!撤退でJリーグ崩壊か?
http://supportista.jp/2009/08/news13153606.html
という「スカパー!問題」もJリーグは抱えているが、
「政権交代で景気後退」がJリーグを直撃するのではないかという危惧がある。
(いろいろ分析して見たが、うまいこと文章にまとめることは難しそうです)

政府の経済対策により、年率換算3.7%のプラス成長に転換したが、

■4~6月期のGDP速報値 年率3.7%増、5四半期ぶりプラス
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090817/fnc0908170910000-n1.htm

民主党の経済対策では、せっかく好転したGDPが逆に悪化し、マイナスに移行するだろう。「政権交代は景気後退」となる可能性が非常に高いように思う。
(詳しくは、一番下の資料のリンク集をお読みください)
民主党の経済対策は、個人へ金をばらまき消費を拡大させる(子ども手当など)というものだ。逆に言えば、その支給された金が消費に回らなければ、景気は回復・好転しない。(貯蓄に回れば、GDPへの寄与度はゼロである)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10319847322.html
>鳩山は党首討論で、成長戦略について、
「家計を中心に内需を拡大する」
 などと言っていました。百歩譲って、子ども手当ては「定額給付金」の一種と思えば、家計の消費拡大に貢献する可能性はないわけではありません。しかし、そのために公共事業などを中止し、雇用不安を煽り、経済の全体のパイ(GDP)を縮小させてしまった場合に、子ども手当てを受け取った人々は、本当に消費拡大に走るでしょうか。
 むしろ現実は逆でしょう。きちんとGDP全体が拡大していき、人々の雇用が維持され、かつ給与所得が上昇していって、はじめて個人消費の拡大は加速することになるのです

雇用が安定すれば人々は安心して消費活動を行うことができるだろう。だが民主党の「最低自給千円」、「無理な環境対策政策(負担増36万円)」、「補正予算の凍結による公共工事の中止」は、まず多くの中小企業の経営を悪化させるだろう。
無理なCO2対策は、「大手企業の海外への流出を加速させる恐れ」もある。
消費が悪化し、雇用が悪化する中で、将来への不安を抱えた人々は消費を控え、子ども手当の多くは「貯蓄」に回るだろう。それがさらに中小企業の経営を悪化させる。

この「景気後退」という状況で、Jリーグは大きな危機に陥るはずだ
・経営悪化により地方のJリーグを支える中小企業のスポンサー離れ
・雇用不安による固定サポーター以外の観客数の減少(消費の悪化に比例)
・大企業の経営悪化によりスポンサー料の大減額
・経営悪化する中小Jクラブの増加
・ビッグクラブの資金力減少で、質の高い外国人選手の獲得が難しくなり、中東や外国への選手流出の増加
・Jリーグの魅力減少→さらなる観客減少

http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2009/08/post-9774.html
経済とサッカーの関係についてオシムは語る
「貧乏クラブや経済力がない国の代表チームは、蚊帳の外に置かれぱなしだ」
「裕福なサッカー界が貧乏な隣国で才能のある選手を買い叩いていくというシチュエーションは、ずっと前からできあがっている。それも割引特価でね」

これが最悪のシュミレーションだろう。

・民主党の経済政策にはマクロ経済の視点がない。(Jクラブに例えれば、中長期的なビジョンがない。成長戦略がない)
・民主党の短期的な経済政策は、現在の経済状況に対して適切ではない(FWは揃っていて、守備能力の高いボランチが不足しているのに、FWをさらに補強するような感じだろうか)
そして民主党の「財源なきバラマキ政策」が「効果がない」のが立証された頃、国債大増発か大増税を選択せざるを得ないだろう。「民主不況」は、Jリーグにも大打撃を与えるだろう。

■アビスパやJリーグ、日本サッカーは日本国という土台がしっかりした上に咲く「花」だ。「土台」が沈没してしまえば、クラブがどんなに努力してもきれいな「花」を咲かせることはとうていできない。
世界は未曾有の大不況にあえいでいる。そこから一番に抜け出す事ができれば、それはヨーロッパサッカー(ヨーロッパ経済は大きい爆弾を抱えています)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10308900390.html
との大きな差を埋める外的状況を手に入れることができる可能性が高いだろう。だが「政権交代で景気後退」させてしまえば、逆にJリーグは大きな危機を迎えるだろう。

@(うまくまとめることができませんでしたが、下記のリンク集を読んでいただければ、なぜこういう文章を書いたのか、理解できると思います。お盆期間中にいろいろ考えてみましたが、「政権交代」は「熊倉氏から都筑に社長交代したアビスパなみの不幸化」を「日本経済にもたらす」ような気がしてなりません。なお、コメントされる際は、下記リンク集の内容等を理解した上で、具体的なコメントいただくようお願いします。なお、これを覆すような内容を書いたサイト等を紹介いただけるようでしたら、どしどし、ご紹介ください)

(参考資料)
民主党の政策分析リンク

わずか0.1%、民主党の政策による経済効果:定額給付金以下(苦笑)
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-6c2a.html

「子ども手当て」(配偶者控除&扶養控除廃止)について
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-9712.html

高速無料化政策分析(自動車税、1台5万円UP?)
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-596f.html

民主公約の高速無料化→CO2急増 シンクタンク試算
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-131a.html

暫定税率廃止で地方財政逼迫?
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-cfef.html

民主党の環境対策(家計に年36万円の負担増?)
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-3e86.html

「最低時給千円」、中小企業の経営悪化?
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-39a8.html

埋蔵金財源の危険性(外貨準備の猛烈な円高ドル安で大手企業が破綻?)
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-c250.html

民主党の公共工事削減で失業者増大?
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/senkyo/date/syuin/kiji/119.html
>民主党政権になると県内建設企業はおそらく半数以上が倒産する。

民主党の年金政策(在日外国人にも支給?)
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-ec8f.html

民主党の公務員対策(自治労に骨抜きにされる怖れ?)
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-a4f9.html

■政府の政策効果で実質GDPが年率換算3.7%の成長
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10322542759.html
>日本経済の成長を継続させるか」、それとも「マイナス成長に舞い戻らせるか」の選択
h
>補正予算を凍結するということは、エコカー減税、エコポイントを停止し、折角拡大しつつある個人消費に水を差します。何らかの代替案が用意されているというならともかく、そんなものは存在せず、あったとしても9月に予算編成して間に合うはずがありません。(予算組み替えの大混乱の中、年が終わるでしょう。)
 また、日本に「ジパング再来!」をもたらすであろう公共投資、第2四半期からきちんと成果が出ている公共投資を、この期に及んで中止するなど、はっきりいって正気の沙汰じゃありません。

拍手する

|

« 富山 1-1 アビスパ、メモのみ | トップページ | 「不幸化」を招く長谷川黒魔術の再来 »

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/45957830

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年、スポンサー離れ、観客減で危機に陥るJリーグ(?):

« 富山 1-1 アビスパ、メモのみ | トップページ | 「不幸化」を招く長谷川黒魔術の再来 »