« 「不幸化」を招く長谷川黒魔術の再来 | トップページ | 大きく乖離する新聞社とネットでの選挙調査の不思議 »

2009年8月22日 (土)

憂国、憂アビスパ、憂日本サッカー。ブログシステムの変更

JBアンテナから登録を解除されたようだ。
ここ最近のエントリーは「政治がサッカーに及ぼすものと、その危険性」について書いたものだが、残念ながら理解されなかったようだ。
(純粋に「政治的なもの」を嫌っていたのか、「政権交代を主導している電通」あたりから圧力がかかったのか(苦笑)、まあそれは不明)

日本は今、「第4の国難」の時代にある。(過去3回は、元寇、黒船来航、大東亜戦争)。第2の元寇とも呼べるものだ。(材料は提供するが、選挙はあくまで自分の頭で考えて判断してもらいたい)

その危険性を表現したラップ
http://www.youtube.com/watch?v=-77kO26eQGE

民主党=日教組に日本は任せられない 「日の丸」を切り刻んで党旗を作る民主党!
http://www.jimin.jp/sen_syu45/seisaku/pdf/pamphlet_nikkyouso.pdf

http://www.jimin.jp/index.html

個人的には自民党を応援してる訳ではない。こういう日本人にとって「危険性のあまりにも高い政党」に政権を任すことができないだけだ。(自民党でも福岡2区の山崎拓、河野太郎、中川秀直、加藤紘一、二階俊博は支持していない)

政権交代の後、おそらく20年後ぐらには、次のような「夢もチボーもない世界」が待っているだろう
■中国共産党支配下の日本、戦慄の未来
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-52f8.html
このような状態で、人々が健全にJリーグを楽しみ、応援するクラブに「一喜一憂」(今のアビスパだと一喜十憂ぐらいだが...)することができるはずがない。
多くの人が、このような危険性を知った上で、「政権交代」を選ぶのならば、それは仕方のないことだが、マスゴミの報道テロの嵐の中で、危険性を知らされないまま、とんでもない方向に日本は向かおうとしている。
アビスパが熊倉氏かた都筑に社長交代したことで一気に「不幸化」への道をつき進んだように、日本人は「不幸化」を選ぶのだろうか...。
かつてトルシエは「日本に生まれた、そのことがすでに幸運なのだということを、選手達は 知って欲しい」と言ったことがある。(逆に言えば、チベットやソマリアに生まれた人々の多くにはチャンスの欠片も残されていないということだ)
その幸運は大東亜戦争で、防衛のために、アメリカ、イギリス、シナ、オランダと戦った先達の「血の努力」の上に築かれたものだ。
現代に生きる日本人は、より良い日本を子供達に残していかなければならない。
アビスパもそうだ。「サポーターを幸福にしないアビスパ福岡というシステム」(七社会と市役所による第3セクタークラブ)は破壊し創造しなければいけない。
その責任感がサポーターには求められるだろう。まあ、その前に「日本という国」がなくなってしまっては、どうしようもないのだが....。

@ブログのシステム変更のお知らせ
なおJBアンテナの指摘により「政治部門」を分離(NETTAROノート)していましたが、登録解除されたため、「ノート」の方は政治・経済部門の資料倉庫(現状そうなっていますが)として活用したいと思います。こちらは「何でもあり」で言いたいことを書きたいと思います。(基本的には、サッカーと政治関係が多くなるでしょう。格闘技関連は、カミカゼアタックの方で、主に書いていきます)

なお毎日は更新できませんし、毎日来て頂くのも面倒なので、JBアンテナの代用品として、「サッカー関係エントリー」の「更新のお知らせ」は2chアビスパスレでやることにします。ご面倒ですが、よろしくお願いいたします。 拍手する

|

« 「不幸化」を招く長谷川黒魔術の再来 | トップページ | 大きく乖離する新聞社とネットでの選挙調査の不思議 »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

格闘技2008~(主に日本の総合格闘技)」カテゴリの記事

重要な政治に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/45993992

この記事へのトラックバック一覧です: 憂国、憂アビスパ、憂日本サッカー。ブログシステムの変更:

» 自由民主党 党旗 [ブログ縦断!ニュース速報]
首相、「保守色」をアピール 兵庫・大阪、市街地で遊説 3 大阪市内の街頭演説では、鹿児島県の民主党の集会で国旗を切り張りした党旗が掲げられたことを念頭に「自民党と公明党が必死になって国旗国歌法を通した」と実績を強調。「我々は革命を起こすつもりはない。日本の国を守るために改革を進める」と民主党への対決姿勢を ...(続きを読む) 【09衆院選】日の丸裂いて「党旗」に陳謝 鹿児島の民主候補陣営 20098... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 00:43

« 「不幸化」を招く長谷川黒魔術の再来 | トップページ | 大きく乖離する新聞社とネットでの選挙調査の不思議 »