« 北海道から始まる日本の「アビスパ不幸化」 | トップページ | 弁護士界の都筑興発見! »

2009年8月10日 (月)

アビスパ 2-2 セレッソ、簡単な感想

20090809
解説&実況:乾&後藤

アビスパ
黒部9
久藤7 大久保19 佑昌11
阿部31 宮原20
釘崎24 マコ4 丹羽27 山形3
GK吉田

控え:六反、柳楽、鈴木、岡本、高橋

セレッソ
香川8 カイオ9 乾7
石神19 マル10 黒木25 酒本17
江添14 チア3 羽田2
GKキム

主審:岡田正義(ジャスティス)

前半
・総理大臣杯全日本大学トーナメントで初優勝を飾った福岡大の乾監督が解説
・守備的な出だしのアビスパ(BY乾)
・クルピ「前半は守備的に行こう。0で行こう」というのを徹底している
・5分、スローイン、ジャンボが落としてクロスを入れる。DFがはじく。そのボールを拾った久藤が再びゴール前の黒部へ送る。黒部の最初のシュートはGKに弾かれ、2回目はDFにはじかれる。
・荒れているレベスタの芝、豪雨でコケが生えている。セレッソのパス回しに影響か
・6人で守って4人(黒部、ジャンボ、佑昌、久藤)でカウンター。久藤は相変わらず決定的なパスを出している。そういうサッカーの場合は、ボランチ宮原よりもウェリントンの方が効果的だろう。阿部が第一ボランチであれば、ウェリントンの高いカウンターの能力も生きそうだ。それに宮原よりもウェリントンの方が守備力は上だろう。宮原はゲームメイク能力はウェリントンより上だろうが、90分フルに使える守備能力はない。やはり後半20分から30分ぐらいで、点を取りに行かざるを得ない場面で使うのが妥当だろう
・27分、布部「アビスパの攻撃の良さを引き出しているのは阿部のポジショニング。「オレに任せろ」という感じで周りを動かしている」
・28分、FK、早いリスタートから佑昌が大きく左にサイドチェンジ。釘崎へ。釘崎が黒部にくさびを入れ、宮原(釘崎?)へパス。宮原(?)からゴール前の久藤へ。久藤がツートラップで相手DFをかわしてゴール左スミへゴール。素晴らしいゴールで1-0
・31分、乾&布部「FWからDFラインがコンパクトなアビスパ。CB2人と阿部との距離感(約10m)もいい感じだ」
・42分、腰に手を当てているジャンボ。引いている分、前線から広大なスペースでプレスをかけるジャンボには多大な負担がかかっている模様。夏場の連戦で疲労も溜まりまくっていることだろう
・シュート数、8:7

ハーフタイム
・福岡大の宮路と永井が登場

後半
・後半開始から来たセレッソ
・47分、カウンター。広大なスペースを生かしツートラップでDF2人をかわし、最後はGKのまた抜きシュートを佑昌が決める。2-0
・56分、久藤→鈴木。久藤は足を痛めた模様
・60分、羽田→小松
・足に来てるらしい釘崎
・篠田「相手、4-4-2だから、はまりやすいよ」
・篠田:パス&ゴーをかける宮原に「ユウジ、出るな、戻れ」と指示
・63分、カウンターから4対2の状況。最後の鈴木のシュートはGKに弾かれる
・68分、全員が深いラインで守るアビスパ
・「阿部が効いている」乾&布部
・ゴールから35mに10人全員が入っているアビスパ
・72分、CKより小松に決められて2-1。ついていたのは丹羽
・73分、黒部→高橋
・酒本→平島、黒木→濱田
・布部「濱田によりセレッソのパス回しが活発化している」
・76分、小松のクロスはカイオに合わず。しかし、そのボールを香川(?)に拾われ、クロスが小松に合って、2-2
・82分、釘崎→柳楽、釘崎が足をつっての交代。点を取るためには、この時点で限界に来ているジャンボか宮原に代えて岡本投入が良かったのだろうが、
・14031人
シュート数、12:16

簡単な感想
・勝てた試合を落としそうになった試合
・久藤と佑昌のゴールは素晴らしいゴール
・久藤の早期交代が一番痛かった
・阿部とウェリントンのボランチを見てみたい
・ようやくまともに闘えるようになったアビスパだが、この戦い方「引いて守ってカウンター」を進化させた後に2010年のJ1昇格が見えないのも確かだ。

拍手する

|

« 北海道から始まる日本の「アビスパ不幸化」 | トップページ | 弁護士界の都筑興発見! »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/45891918

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 2-2 セレッソ、簡単な感想:

« 北海道から始まる日本の「アビスパ不幸化」 | トップページ | 弁護士界の都筑興発見! »