« アビスパ 1-2 ヴェルディ、メモ | トップページ | 水戸戦(もう終わりだね。君が悲しく見える♪) »

2009年7月 6日 (月)

鳥栖戦「J2で最下位争いしているアビスパなみだよ、コノヤロウ~!」(BY高田総統)

20090704
アビスパ
大久保19
佑昌11 高橋18 ウェ6
鈴木8 城後10
釘崎24 柳楽13 マコ4 山形3
GK吉田
控え:六反、長野、久藤、岡本、大山

鳥栖
マイク35 山瀬34
島田10 高地6 高橋14 武岡26
磯崎3 飯尾5 渡邊20 柳沢2
GK室

主審:木村博之

スカパー!の解説は乾監督、実況:南。(最近、アビスパのホームでやってるサカクラ&?のコンビに比べると数倍、安心して見れるコンビ)

両チーム:シュート数比較など(24節終了時)、
鳥栖:アビスパ、299:222(総シュート数)、12.5:9.3(1試合平均)、
30:19(得点)。
(鳥栖に比べ、明らかにチャンスを作れていないことが明確に分かる数字)
乾ポイント:両チームとも第2列目がいかにFW(マイクとジャンボ)にからんでいくか

前半
・前節自粛したアビスパサポーターの応援は復活した模様
・弾幕「進退かけて闘え」
・鈴木&城後のWボランチ、ウェリントンが右サイドMFの模様
丹羽の代わりが城後、明らかにディフェンス能力が低下するだろう。城後をボランチなら、佑昌は右サイドの方が良さそうな気もするが、この辺は篠田の思考回路がよく分からない(苦笑)
・10分、アビスパ、積極的な立ち上がり
・13分、カウンターに行こうとしたマイクのパスミスを高橋が奪い返す。鈴木に当て、そのポストから山形に戻し山形がワンタッチでクロス、佑昌のヘッド。しかしGKの守備範囲
・15分、ロングボールがマイクに入る。マイクのマークは柳楽の役割のようだが、どう見ても高さでは完璧に競り負けそうな感じだ(苦笑)。長野の方が良かったような気がする。
・16分、高橋のシュートはDFに当たってコースが変わってゴールラインを割るが、ゴールキックの判定。どうも今回も主審&線審のレベルは低そうだ
・16分、ロングボール、マイクの縦への突進にに競り負けファールで止める柳楽。長野の状態がよく分からないが、篠田は自分の選択間違いの大きな代償を、この試合で支払わされそうな気がしてきた
・21分、鳥栖のCK、飯尾が足で押し込んで、1-0
セットプレー時のマイクのマークはジャンボ。マンマークだが鳥栖もモール(ラグビーでいう)状態で飯尾をフリーにしている。乾「落下点には柳楽が先に入っていたんですけどねえ。ジャンピンボレーのような形で入ってきました。柳楽、たぶん、見えていなかったと思うんですよね」柳楽より飯尾の方が集中力が高かった(逆に言えば、この場面では、柳楽のセットプレー時の集中力が低かったということでしょうか)
・鈴木のミドルシュートに篠田「慌てなくていいから」という声が。
・乾「鳥栖は藤田とキム・シンヨンの2人を出したが、その代わりのFWが力不足だった。それがマイクと山瀬で足りなかったピースがぴたっとはまったような感じ。元々、走力のあるサッカーが得意、縦にどんどん入れて、セカンドボールを狙うサッカー」
・37分、鳥栖右サイドの武岡(?)から中央の島田へパス(この時点で3列目から飛び出していく高地。高地をマークすべきは、この状況だとウェリントン)、高橋のマイクへのパスをマイクがスルー、飛び出してきた高地へ。マイクをマークしてたマコが高地へシュートブロックにいくが間に合わず、2-0
・乾「2点目でアビスパの選手の気持ちががくっと来ましたね。(山瀬のシュートに)田中誠の不用意なクリアでした。1点目の時は、気持をすぐ立て直していたんですが、そして改めて攻撃に、前にかかっていた後でしたからね。攻撃に出ると後ろにスペースができますが、そこを鳥栖は効果的についてますね。鳥栖の縦への早い攻撃に、アビスパの選手の戻りが遅れている。鳥栖の縦のポジションチェンジに対応できてない。試合開始にハイペースで入り、2点のビハインドを負ったことで、前半から相手陣でボールを追う展開で、どこまで体力が持つか」
シュート数、鳥栖:アビスパ=5:11
(1試合平均を上回るシュート数でしたが)

ハーフタイム
リポーター・ヨンヘ登場。ヨンヘと言えば、2009シーズン開幕前(?)のスカパー!リポーター座談会で、「サガン鳥栖の名前の由来を知らなかった」という「勉強不足のリポーター」という印象が個人的にはあります。(確か1シーズンは鳥栖のリポーターやっていた後のリポーター座談会だったと思う。就任当初は知らないでも仕方ないような気もするが、1シーズンやった後に知らないのは問題あるだろう。頑張って、よく勉強してください)
http://ameblo.jp/uncolpodivento/entry-10198104384.html
(リポーター座談会のレポートは、ここが詳しいですね。「名前の由来」は、スルーしてますが)
http://unkar.jp/read/live24.2ch.net/livefoot/1232793254
(そういえば「匂いフェチ」というネタもありましたね)

後半
・51分、乾「ウェリントンの動きが落ちてきた。城後を右に出して久藤をボランチに入れるというオプションもある。大久保も前半のハイペースの影響で足にきているようだ。ウェリントンのイージーなミスも目立つ」
・58分、佑昌とのパス交換から大久保が左へ展開、釘崎のクロスは高橋へ。ヘディングシュート、しかし室がビッグセーブ(BY乾)
・61分、柳沢→山田
・63分、山形が山瀬との衝突でピッチの外で治療
・64分、鳥栖ゴールキックより競り合いでこぼれたボールを島田が拾い、左サイド(山形がいない。さらに飛び出しについていけなかったウェリントン。「まんまと背中を取られたウェリントン(BY乾)」)に飛び出してくる高地へパス。高地のクロスにマイク(あの状況ではマコがマイクにつくべきだろうが、ボールウォッチャーになってマークを外してしまいました)がフリーでヘッドで合わせて3-0。
・65分、ウェリントン→久藤(結局、この選手交代が後手を踏むような形に、BY乾)
久藤はボランチ、鈴木を右に。
・高橋→大山
・観客:10529人
・71分、乾「福岡の布陣が縦に長く割れている」
・乾「鳥栖の筋書き通りの試合」
・山瀬→トジン
・乾「岸野監督のメンバー起用。今までのダービーの鬱積した思いを今日は全てぶつけるんだという気持を感じますね」
・78分、釘崎のクロス、鈴木とジャンボがゴール前で粘って、こぼれたボールを城後が蹴りこんで3-1
・81分、城後→岡本
・武岡→下地
・95分、鈴木のFKはクロスバー直撃、押し込もうとした佑昌のシュートを左足一本ではじくGK室
・山形のクロスからジャンボのヘッドをGK室がセーブしたところで試合終了
鳥栖の快勝でした

総シュート数、鳥栖:アビスパ=13:19

スカパー!での岸野監督コメント(ダイジェスト)
・今日で変わった。鳥栖の方が強い。今日は全て上回った。俺らの方が力あるのは分かっていたけれど、これダービーやから、何起こるか分からん。けど、俺ら謙虚に、最高のもの持ってきても、俺らがそれ上回ろうと。
鳥栖を応援してくれてるみなさん、今日の鳥栖は強い。アビスパよりも全然強かった。どうだ!

ハッスル20090705(福岡国際)、高田総統劇場
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2009/2009070503/13.html
>返す刀で「それに引き換え、モンスター軍は何やってんだ? お前たち、頑張りが足りないんじゃないの?」と、モンスター軍にはキツーイ喝。不甲斐ない下僕たちを「J2で最下位争いをしているアビスパなみだよ、コノヤロウ~!」と例え、

・選手の気持ち(ダービー・ドーピングという奴ですね)は見えましたが、チームとしての組織力(つまり監督力)に「大きな差」があることが、改めて確認できた試合でした。チームとしての基礎がガタガタである以上、「気持ち」だけでは勝てません。
・次のアウェイ水戸戦はドーピングの副作用で、甲府戦なみのガタガタな試合が予想されます。
・「J2で最下位争いをしているアビスパなみだよ、コノヤロウ~!」、高田総統劇場(ハッスル)、大笑いさせてもらいました。確かに最下位争いしてると言われても仕方のない順位にいます。田部GMは、島田二等兵(元参謀長。今は工作員らしいが)のように、「昇格を目指しています」とか寝言を言ってないで、二等兵に降格して、ボール拾いから、やり直したらどうでしょうか。このままではサッカー界の「ヤドカリ野郎」で終わってしまうことでしょう(苦笑)
「篠田が監督なら来年も最下位争いだよ、コノヤロウ~!」と、多くのサポーターは思ったことでしょう。
・岸野監督は、えらい興奮状態でしたが、基礎がガタガタ(ガタガタにしたのは都筑&田部&篠田のトリオです。自滅という奴ですね)のアビスパに勝っただけで満足してては、とうていJ1昇格など無理でしょう。監督とフロントはアビスパよりは優秀でしょうが、鳥栖には観客動員も資金力も不足しています。「絶対的な資金力の不足」を解決しない限り、鳥栖の未来も安泰とは言えないでしょうねえ。何らかの理由で、フロントの能力が落ちてきた場合、鳥栖は今のアビスパよりも、(資金力がない分)さらにひどい状況になる可能性が大いにあります。(まあ、松本GMが健在な限り、テルコ時代の再現は起きないでしょうが)。資金力は多くの場合「選手の質と量」に比例します。少なくともアビスパを資金力で上回らない限り、これからもシーズン開幕時の編成に苦労し続けることは間違いないでしょう。「今日で変わった」という言葉は、まだ早かった。資金力の問題を解決した後に言うべきだったような気がします。(もちろん都筑黒魔術で、アビスパの資金力が鳥栖以下になってしまう可能性も大いにあるんですが(苦笑)
・それにしても篠田は今だ「Jリーグ初期の日本人監督のレベル」にいるんでしょうねえ。パソコンのCPUで行けば、ペン2でXPを動かしてるような感じでしょうか。それではJ2でも勝てません。J2で昇格争いするためには最低でペン4クラス。アビスパの資金力でJ1に定着するためには、Core 2 Duoクラスの監督が必要でしょう。
「篠田が監督なら来年も最下位争いだよ、コノヤロウ~!」は、ジョークとして書いたつもりでしたが、それが悪い冗談で済まなくなるのが、今のアビスパフロント(「Pentium Pro」クラスの能力、今や化石です)の怖いところでもありますが...。

拍手する

|

« アビスパ 1-2 ヴェルディ、メモ | トップページ | 水戸戦(もう終わりだね。君が悲しく見える♪) »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
鳥栖戦のスタメン発表までは予想通りでしたが、あの配置には度肝をぬかれました(笑
さらに驚いたのは監督や選手が今回の内容で手応えを感じてることです。
中位クラスのチームなら普通にやれるような内容でしたが、選手たちの感覚も既に麻痺してるのでしょうか・・・

鳥栖の松本GMは今年~来年あたりに退任されるとの話を聞いてます。岸野監督の動向も気になるところです。

投稿: yuku | 2009年7月 6日 (月) 10:00

こんにちは
>さらに驚いたのは監督や選手が今回の内容で手応えを感じてることです。
確かにそうみたいですね。これだけの惨状が続くと麻痺してしまうかもしれません。
リザーブ組も福大(7/4)とのTMで2-5で負けたみたいですし、モチベーションも相当落ちているような気がしますね。
2009シーズンは、このまま行くと何も成果のない「不毛のシーズン」に終わるような気がします。
>鳥栖の松本GMは今年~来年あたりに退任されるとの話を聞いてます。
そうですか、鳥栖も後任次第では、また大騒動が起きるかもしれませんね。資金力から行けば、鳥栖はうまくやってると思いますが、上が普通の能力になれば、J1昇格争いにからむのも難しくなるでしょう。その前に資金力の改善をしておきたいところなんでしょうけどね。

投稿: nettaro | 2009年7月 6日 (月) 18:16

春日市にFCBarcelonaが作るユーススクールができるそうですがアビスパの現状を見たちびっ子達はみんなBarcelonaの学校に行きたがるのは間違いないでしょう。アビスパの未来がホントに見えて来ないのが不思議でなりません。

投稿: 淳 | 2009年7月 7日 (火) 22:24

淳さん、はじめまして。
そのニュースは知りませんでした。ありがとうございます。
育成年代の最先端スクールが福岡にできるのは、いいことだと思います。どうせなら篠田に3年ほど、アビスパが給料を払ってアシスタントコーチでもやってもらった方がいいような気がしますね(笑)
>アビスパの未来がホントに見えて来ないのが不思議でなりません。
今の第三セクター方式で、どこの馬の骨とも分からない「棺桶に片足突っ込んでいるど素人社長」が来る体制を変えない限り、アビスパの未来は見えてこないでしょうねえ。

投稿: nettaro | 2009年7月 9日 (木) 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/45552173

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖戦「J2で最下位争いしているアビスパなみだよ、コノヤロウ~!」(BY高田総統):

« アビスパ 1-2 ヴェルディ、メモ | トップページ | 水戸戦(もう終わりだね。君が悲しく見える♪) »