« アビスパ 0-1 岐阜、放射能漏れを放置し続ける九州電力 | トップページ | 横浜FC 0-1 アビスパ、観戦メモ »

2009年6月 2日 (火)

「アビスパよりも九電が大事な方のコメント」への返答

「アビスパ 0-1 岐阜、放射能漏れを放置し続ける九州電力」
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2009/06/post-f1b2.html
へコメントされた「名無しさん(名前をかかれてませんので)」へのコメントです。
@「なんでもよいが、アビスパの批判と民主党や九電への批判を同じ文脈にのせるとはどういう了見だよwしかもリンク先が古い! ほどほどにしなさい」

*返答1:「アビスパの批判と民主党への批判を同じ文脈にのせること」に関して
2008年末の「国籍法改悪」以来、サッカーと格闘技が関心事の中心であったのが、「政治・歴史」も入ってくるようになりました。それで政治関連事が「例え」として頻出するようになっているように思います。まあ、文章が下手で、あまりうまく伝わってないようですが...。
現時点では、都筑興社長の口癖である「中長期的」と民主党のキャッチフレーズ「国民の生活が第一」というのは、まったくの絵空事のように思います。
都筑社長に関しては、今までのクラブ運営を見れば、彼に「中長期的な展望」がないのは、間違いないでしょう。
民主党に関しては、政権交代後実施しようとしている政策を見れば、「日本国民の生活」を考えてないことが分かります。(それは今までのエントリーを見てください)
アビスパは明らかに熊倉体制から都筑体制へ変更したことでクラブは悪化しました。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/column/200506/at00005030.html
(ちなみに熊倉前社長も元・九電社員ですね)

私は、現状の自民党政権に満足してる訳でもなく、政権交代はあるべきだと思います。しかし、この売国政策満載の民主党に政権を担当する資格などありません。。
現時点での私の結論は
「自民党政権から民主党政権への変更は、アビスパでの熊倉体制から都筑体制への変更と同じである。都筑はアビスパを崩壊させようとしているが、民主党は日本を崩壊へと導くだろう」
ということです。

「民主党政権下の日本」と、「都筑体制下のアビスパ」、私には、どちらも同じように見えて仕方がないというのが、民主党が最近出てくる理由です。
ちなみに都筑社長のクラブ運営は、毛沢東が行った大躍進政策(「1958年から1960年まで施行された農工業の大増産政策」である。しかし結果として2000万から5000万人の餓死者を出した)にも似ているような気がします
http://digitalword.seesaa.net/article/108335136.html

*返答2:「アビスパの批判と九州電力への批判を同じ文脈にのせること」に関して
民主党に関しては、そういう批判は来ると思っていました。しかし、2代連続、元社員をクラブ社長として送り込んでいて、誰が見ても、就任以来「悪化の一途をたどる」現状であるのに都筑社長を「続投」させる九州電力(七社会の株主たち)への批判を同じ文脈にのせることを批判されるとは思いもよりませんでした。

そこで、非常~に面倒くさかったのですが、ブログ機能でこの「名無しさん」が、過去にどういうコメントをされているのか調べてみました。(同じIPで調べてみました。福岡からの書き込みのようです。)
「元九電社員「メルトダウンを起こした原発」を放置、九電本社も関与の疑い」
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2008/05/post_cdaf.html
コメント
@「要は「社長辞めろ」と。次にどんな出向さんが来るか知らないが、とにかく「辞めろ」と。監督についても同じですよね? もうどうせなら「クラブ解散!」で良いのでは。」

あくまで推測ですが、この2つのコメントを見ると「民主党は当て馬で本命は九州電力への批判をするな」という立場の方のように思います。
特に「クラブ解散!で良いのでは」という言葉には、アビスパへの愛は全く感じられません。おそらくこの方は、アビスパよりも九州電力の方が断然大事なのでしょうねえ。
サッカーやクラブ運営に関しては、どれだけ詳しいかは分かりませんが、原発に関しては詳しい方のような気がします。

元・九電社員である都筑社長が、いかに無能であるかは、さんざん過去に書きましたので、これ以上繰り返しません。
ただ、九電関係の社員や九電の社長にも分かりやすいように、現在の都筑社長が以下に無能で、それを九電が放置しているのかを、さらに書いていく必要があるなとは痛感しました。
(九州電力は原子力発電所に関しての安全管理(リスクマネジメント)は、きっちりされていると思います。ただ、アビスパに送り込んだ無能な元社員に関しては全く放置状態です。何回か書きましたが、原発で例える(九電関係者にも分かりやすいようにあえて、原発に例えています)と「今のアビスパは、無能な管理者のせいで放射能もれや炉心融解を起こして機能していないし、非常に危険な状態である。それを九電は放置している」ということを書いているつもりです。
おそらく現在の九電トップには、この状況が伝わっていないでしょう。

九電に近いと思われる「名無し」さんには、現在の九電トップである松尾新吾会長や眞部利應社長に、ぜひこの「アビスパの惨状」を伝えてもらいたいものです。
その方が話が早いでしょう(笑)

もし九電トップに伝わらない場合は、この場末のブログで書き続けていくしかないのかなと思っています。

拍手する

|

« アビスパ 0-1 岐阜、放射能漏れを放置し続ける九州電力 | トップページ | 横浜FC 0-1 アビスパ、観戦メモ »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

「在特会」の方へ
政治関係の方は、基本的に別サイトでやっています。ですので、いただいた「コメントごと」そちらの方に転載いたしました。
http://nettaro-note.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-5a81.html
ご了承ください。

投稿: nettaro | 2009年6月 2日 (火) 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/45210919

この記事へのトラックバック一覧です: 「アビスパよりも九電が大事な方のコメント」への返答:

« アビスパ 0-1 岐阜、放射能漏れを放置し続ける九州電力 | トップページ | 横浜FC 0-1 アビスパ、観戦メモ »