« アビスパ 1-0 愛媛、メモ | トップページ | アビスパ株主総会、20090423 »

2009年4月21日 (火)

徳島 2-1 アビスパ、雑感

0090419
アビスパ
高橋18 黒部9
岡本26 鈴木8 ウェ6 城後10
中島17 ナギ13 マコ4 山形3
GK吉田

控え:六反、丹羽、久藤、宮原、大久保

徳島
徳重7 羽地18 石田14
倉貫8 青山15 米田6
三田4 登尾5 ペ20 筑城23
GK上野

DF三木、体調不良で欠場

審判:前田拓哉

前半
・25度、なかなか暑そう
・特に城後に「もっと動け」と指示する篠田監督
・前からプレスに行くように指示している篠田監督、だが足がなかなか動かないか
・27分、FKより登尾がヘッドで合わせてゴール1-0、マークについてたのは黒部か?
・登尾がクロスにハンドでイエロー、PKゲット
・しかし高橋のPKはGKにはじかれるが、やり直しに。
・38分、2回目は決めて1-1
・43分、徳重のクロスに羽地、かなり危なかった

後半
・46分、岡本→久藤
・56分、黒部→ジャンボ
・羽地→菅原
・69分、三田のゴール前に入れたボールがそのまま入り、2-1
・70分、ウェ→宮原
・73分、高橋、山形の絶好の折り返しを浮かす
・石田→井上
・徳重→麦田

*ん~、何か集中力がなかったねえ。失点場面は特に。
リティ時代や2008シーズンの篠田アビスパに比べて、間違いなく落ちてると思うのは、「ポゼッション率」だろう。高橋の決定力に救われてはいるが、「チャンス」を作り出す数が、少なくなっている。
おそらく中盤の構成に問題があるのだろう。
岡本は、元々、FWのため、ゲームメイク能力(ゲームを組み立てる能力)が不足している。
好調な時(横浜FC戦の前半など)は、縦横無尽のポジションチェンジでチームがゲームメイクするのを手伝って(サポートして)きたが、あくまで自分でゲームを作るタイプではない。そういう資質があるのかないのかは今は分からないが、FWをやってきた選手にゲームメイク能力を求めてはいけない。FWとはフィニッシュを一番に考える生き物だからだ。純粋にゲームメイク能力を比べた場合、久永の方が上だろう。(久永はゲームメイクよりもチャンスメイク能力の方に特徴があるが)。ただしここは、どっちでも長短あると思う。

そして城後だ。城後と久藤を比べた場合、現時点ではゲームメイク能力、チャンスメイク能力、ディフェンスの意識、全て久藤の方が上だ。フィニッシュとシュート力とスローインの能力は城後が上だろうが。(川勝時代、城後はFWで使われたこともあったが、今の城後を見ると、それはあながち間違っていなかったのかもとも思えてくる。それにしても城後の適正なポジションはどこなのだろうか。)

・城後と岡本にはゲームメイク能力が不足している。

リティ・アビスパ2007では、ゲームメイクは久藤&布部(+久永)で作っていた。篠田アビスパ2008では、サイドMFの久藤とタレイ(出場した時は布部も)が主に作っていたと思う。だが、今は、ボランチ2枚でゲームを作っている。ただしウェリントンは、かなり守備のタスクを背負っていることと、攻撃がゲームメイクよりもカウンターから飛び出してチャンンスメイクする方が得意なため、純粋にゲームメイク力に関してはタレイの方が上だろう。(もちろんどちらもいい選手だが、攻撃に関して得意が違うということだ)。ということで鈴木がゲームメイクを主に請け負っているが、2007年、2008年に比べると間違いなくゲームメイク能力に欠けていると言えると思う。
中盤の構成が、やはり現状では問題があるのだろう。
そのことが篠田アビスパ2009のポゼッション率とチャンスを減らしているのだと思う。
現時点での一番簡単な解決方法は城後の代わりに久藤を起用することだ。どうしても城後とを右MFで使う場合は
・左MFに鈴木、ボランチに久藤を起用
・左に久永を使う
などだろう。

いずれにせよ、今のゲームメイク能力では質の高いFWや攻撃能力の高い両SBの攻撃力を生かすことはできないと思う。

それにしても城後の適正なポジションはどこなのだろうか?
佑昌や鈴木は、「どういう武器があり、外国の一流選手で誰のタイプを目指した方がいい」というのがすぐに分かるが、城後だけは未だに分からないのだ。
もちろん城後がいいものは持っていることは間違いない。ただ、城後はまだ「肉でも魚でもない選手」にしか自分の目には見えないのだ。

拍手する

|

« アビスパ 1-0 愛媛、メモ | トップページ | アビスパ株主総会、20090423 »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
城後の使い方については川勝のやり方が一番だったのかもしれませんね。
交代要員としてFWか1.5列目に置いて「ボールが来たらシュートを打て」という単純明快な使われ方が本人にとってもやり易いと思います。
怪我人が復帰した時に監督が勝負に徹することが出来るかどうかが今後のポイントだと思います。

投稿: yuku | 2009年4月21日 (火) 23:35

ダす。

投稿: 12 | 2009年4月21日 (火) 23:41

yukuさん、こんにちは
川勝は、チーム構成はできませんでしたが、各選手のポジションを見るのは適切だったかもしれないですね。
今の城後であれば、FWのセカンドトップが、一番適切かもしれませんねえ。
篠田監督としては我慢しながら「育てる」ために使っているんでしょうが、それなら個人的には佑昌の方を使って欲しいです。

投稿: nettaro | 2009年4月22日 (水) 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/44746009

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島 2-1 アビスパ、雑感:

« アビスパ 1-0 愛媛、メモ | トップページ | アビスパ株主総会、20090423 »