« アビスパ株主総会、20090423 | トップページ | 更新が滞っていました »

2009年4月26日 (日)

アビスパ 0-3 湘南、完敗

大久保19 高橋18
城後10 鈴木8 ウェ6 久藤7
中島17 柳楽13 マコ4 山形3
GK吉田

控え:六反、丹羽、中払、宮原、佑昌

湘南
阿部11 田原34 アジエル10
 坂本8      寺川7
      田村2
山口4 村松19 ジャ3 臼井5
GK野澤

主審:鍋島将起

前半
・お互い相手の出方を見たスタート
・7分、2列目の寺川の飛び出しから、湘南先制。0-1
・サイドにマコが引っ張られ、空いたスペースに2列目から飛び込んでくる湘南
・CKからのマークが混乱しているアビスパ
・カウンターからアジエルが決めて0-2
・ミスが目立つ久藤
・左サイドだと縦への突進ができない城後

湘南の飛び出しとポジションチェンジに完璧にやられた前半。ゲーム感が戻ってない久藤。そして左サイドでは縦への突進力が全くでない城後。アビスパのゾーンディフェンスは崩壊気味の前半でした。また中盤でのパスミスが多かった。(久藤と鈴木)

後半
・鈴木→宮原、城後は右サイドへ
・52分、FKより見事なトリックプレー、しかし、フリーの高橋のシュートは枠の上
・59分、城後のクロスからジャンボのシュート、しかしGKにはじかれる
・63分、久藤→佑昌
・寺川→永田
・ウェ→中払
・阿部→原
・アジエル→中村
・93分、田原のゴール、0-3
・乾総括:久藤がまだ先発で使える状態まで戻っていない。城後は左サイドでは生きない。
試合の入り方が緩かったが、湘南の守から攻への切り替えが非常に早かった。同サイドでは湘南は守備に人数をかけてくるので、アビスパはサイドを変えて、大きく使いたかったが、パスミスも多く、機能しなかった。湘南の飛び出しに全く対応できていなかった。鈴木&ウェリントンのコンビは、湘南のMFに完璧に走り負けていた。後半はアビスパ攻めたけれど、肝心なところは湘南に押さえられていた。
修正点:守備のバランスを見なおすこと。もう一度、自分達の持っている攻撃の良さを確認すること。(要するに、篠田監督がいっぱいいっぱいということだろうか)

@感想
・久藤はまだゲーム感が戻っていなかった。城後も左サイドでは全く力を発揮できなかった
・アジエルがためをつくって、寺川や坂本、さらにはSBやCBが飛び出してくる湘南。
SBやCBはともかく寺川と坂本は鈴木&ウェリントンのボランチでケアしなければいけなかったが、対応に四苦八苦していた。相手の走力についていけなかった部分も大きいだろう。また中盤での湘南のプレスはそこまで激しいものではなかったが、簡単なパスミスが非常に多く、そのたびにカウンターを食らっていた。そのことがさらに鈴木&ウェリントンの走力を削った部分もあるだろう。
・アジエルに自由に仕事をさせすぎた。左サイドでは中島、中央ではウェがケアすべきだったのかもしれないが、1対1でほとんど負けていた。
・湘南レベルの相手では、基本的に第2ボランチ同士である鈴木&ウェリントンのコンビでもディフェンス能力が不足するのだろう。2人のどちらかと宮原や城後と入れ替えても同じだろう。J1昇格争いに最後までからむ相手には通用しない。
・後半、2点をリードした湘南は、ほとんど出てこなかった。それも理由だが、この試合の中で、アビスパのバランスが一番良かったのは、後半開始(鈴木→宮原が交代)から久藤が引っ込むまでだった。ゲームメイクとチャンスメイクを宮原と久藤で作っていたが、久藤が引っ込むことによって、宮原への負担が増し、その能力が大幅に消えてしまった。同時にアビスパの得点の匂いが消えてしまった。佑昌を入れるならば城後(もしくは高橋)と代えるべきだった。FWをいくら揃えても、そこまでに質の高いボールを供給できなければ、FWが能力を発揮することはできない。また久藤を代えるのならば中払を入れるべきだった。これで攻撃のバランスが大きく崩れてしまったように思う。
・最後のウェリントン&中払、中払にワンボランチを任せるのは無意味だった。あの場面で中払を投入するのであれば、城後以外にはなかった
・反町は新潟時代とサッカーが変わったようだ(?)。かなりの人数が後ろから飛び出していくところはオシムのサッカーを自分なりに咀嚼しているのだろう。中盤のプレスの緩さとカウンターへの対応、さらにアジエル不在の時の攻撃と課題は残る。J1に上がった時にも通用するようなサッカーを目指しているのだろうが、夏場、運動量が落ちてきた時に、勝ち点を落とし、苦しみそうな気がする。
・篠田監督は城後の「覚醒待ち」なのだろう。2010にでも城後が覚醒できれば、2009に昇格できなくてもお釣りが来るのだろうが、その「時」が来るかどうかは全く未定だ。あくまで2009シーズン限定だが、城後にこだわり続ける限り昇格は遠いように思う。(あとはCBは丹羽をボランチで使わないならば柳楽の代わりに丹羽を使った方が全然いいだろう。)

拍手する

|

« アビスパ株主総会、20090423 | トップページ | 更新が滞っていました »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

やっぱり丹羽を起用して欲しいですね・・・私が思ってる丹羽の良い点ですが。

・守備全般(ボランチ含む)に指示を出せる、声がでかい。
・前に向かう守備をする。
・SB、相方を高い位置に置き、細かくラインの駆け引きをしてる。
・失敗したら責任を持ってボールを追いかける。
・ボールの落下予測がずば抜けてる。

あくまで私の見た範囲ですが、現在との決定的な違いは2番目だと思います。

投稿: yuku | 2009年4月26日 (日) 22:24

こんにちは。
・丹羽を入れる
・城後の調子(出来)が悪ければ、きっちり佑昌(その他)に交代(先発含めて)させる。
・久藤の調子が上がる

この3つで、そこそこ戦えるとは思うんですけどねえ。(あとはボランチのところですが、ここは丹羽をCBに使うと難しい)

まあ、そろそろ決断すべきでしょう。今のままだと、「札幌戦~セレッソ戦」までの6連戦で「勝ち点0」も十分あり得ると思います。
 

投稿: nettaro | 2009年4月27日 (月) 18:15

こんばんは、ボランチの件で一つ。
湘南戦でも昨日も気になってたのですが、惇とウエリは相性がいいせいかお互い近い場所に位置し同じ方向に動く場面が多いようです。
同一サイドに集中したり中央がぽっかりと空く要因の一つではないかとも思ってます。
交代前提ならば役割がはっきりしてる宮原を使うのもありかと・・・

投稿: yuku | 2009年4月27日 (月) 21:11

こんにちは

宮原だと、さらに攻撃の方に比重がかかりますね。ディフェンス面で行けば、宮原先発は、さらに厳しいと思います。2人でバランスを取れなくて、おそらく「中央がぽっかり空く回数」がさらに増えるような気がします。
相手との力関係にもよりますが、昇格争いをしてるクラブ相手で宮原&ウェリントンコンビでの先発は、非常に厳しいと思います。

投稿: nettaro | 2009年4月28日 (火) 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/44802185

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 0-3 湘南、完敗:

« アビスパ株主総会、20090423 | トップページ | 更新が滞っていました »