« 2009Jリーグ開幕、2chの名文 | トップページ | 現状での篠田アビスパのベストバランス »

2009年3月 9日 (月)

アビスパ 0-0 富山、簡単なメモ

20090307
スカパー!観戦:解説/実況:服部浩紀/川上政行
リポーター:森田みき
プレーヤー解説:布部陽功

主審:前田拓哉

大久保19、高橋18
岡本26 城後10、ウェ6 鈴木6
中島17 田中4、柳楽13、山形3
GK吉田

控え:GK六反、釘崎、中払、宮原、黒部

前半
・18分、吉田PKストップ
(マコ、ロングボールにかぶる。GKと1対1を作られてPK)

・芝が長め。ボールがやや走りにくい。結構、滑る選手が出てる
・クロスボールが多いが、精度があまりない(2008も同じだが)。攻めが単調か。
・終了間際のマコのバックパスが雑で、CKを与える。
・前半途中から消えていた城後

ハーフタイム
布部登場。
ん、ビビーズは活動しないのか?
「ビビーズ募集中」ということで、クラブは開幕からメンバーを揃えることができなかったようだ、ユニフォーム・スポンサーと共に(苦笑)

後半
・49分:ナカジ→大久保、ドフリーでヘッド。しかし枠外
・CKより岡本ヘッド→ゴール前の城後ヘッド。しかしポストに当たって跳ね返る
・62分:鈴木→中払
・73分:城後→宮原(当初はウェリントンとの予定)
・82分、岡本→黒部
・9102人
シュート数:アビスパ8,富山11

*簡単な感想
・城後&ウェリントンは第2ボランチ同士のコンビ。ウェリントンは、そこそこやりそうな気がするが、城後とのコンビではその攻撃力が十分発揮されないだろう。ウェリントンと組むのは(久藤、鈴木、宮原、城後)、どのコンビでもボランチでの守備能力は不安。
城後の覚醒を待つより丹羽を第一ボランチで慣らして行く方が早く結果が出るだろう。
・マコへの不安:マコが最も力を発揮できるポジションは3バックの真ん中。PKの場面もそうだが、やはり衰えが目立つような気がした富山戦だった。J2とは言え、昇格レースのライバルたちの強力FWを、今のマコで1対1で押さえることができるのか(経験で対処できるのか)、マコに関しては、もう2,3試合見てみたい気がするが...。もしマコが厳しければ、やはり丹羽がマコの代わりに入るのが一番いいだろう
・これだと丹羽が2人いるようになってしまうな(苦笑)。何回か書いたが、金銭的な問題で、2人とも取れないならマコより戸田を取った方が...。という気がしてならない。
ということで期待よりも不安が大きくなった開幕戦でした。

拍手する

|

« 2009Jリーグ開幕、2chの名文 | トップページ | 現状での篠田アビスパのベストバランス »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/44288775

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 0-0 富山、簡単なメモ:

« 2009Jリーグ開幕、2chの名文 | トップページ | 現状での篠田アビスパのベストバランス »