« 草津 3-2 アビスパ、早くも崖っぷちに立たされた篠田アビスパ | トップページ | 栃木 0-2 アビスパ、遅れましたが感想 »

2009年3月22日 (日)

アビスパ 1-2 水戸、簡単な感想

20090322スカパー!観戦(雨、16.8℃)
解説:乾、実況:南
主審:田辺宏司

大久保19 高橋18
久永16 鈴木8 ウェ6 城後10
中島17 田中4 丹羽27 山形3
GK吉田

控え:六反、長野、宮原、黒部、佑昌

水戸:荒田9,高崎11

前半
・16分、水戸CK、マンマークのはずなのに、大和田がドフリーのアビスパ
・18分、水戸CKよりキムに決められて0-1(マークは高橋?)
・26分、ウェリントンから高橋、初ゴール、1-1
・前半終了、1-1。2009シーズンでは、やっとまともになった感じ

後半
・49分、マコがラインを上げてオフサイドとセルフジャッジ。決定的チャンスを作られる
・56分、久永→佑昌
・64分、菊岡、FKより1-2
・高崎に簡単に体を入れ替えられたマコ、
・高橋→黒部
・後半消えた城後、中島。運動量の減少。マコのときどき途切れる集中力。
・全体的に落ちる運動量。佑昌は3トップは左サイドではなく右サイドで使うべき。

@@早くも「5試合で勝点10」は無理になってしまいました

日程を見て「10試合で勝ち点20から25へ」上方修正してきましたが、
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/80464
昇格争いのアウトサイダー相手に3試合終了で勝ち点はわずかに1。10試合で勝ち点20行くためには、この後の7試合、7連勝か6勝1分しなければいけませんが...。厳しいですねえ(苦笑)

ウェリトン&鈴木のボランチコンビは、一番、機能してました。現状ではウェリントンの相棒は、城後でも宮原でも機能しません。
高橋の得点シーン(アシストはウェリントン)では、ウェリントンの長所が出たシーンだった。以前も紹介したが
http://hume.seesaa.net/article/112295434.html#more
ここで「見たところカウンターの名手のようで、インターセプトからドリブルで持ち上がり、そこからスルーパスを出すのが一番の得意技のようだ。試合も組み立てられるし、長いパスも出せる、高萩と柏木を足して割ったような印象だ。
ただ問題なのは守備の局面である。インターセプトするためには他に走り回ってパスコースを制限してくれるパートナーが必要だ。身近な例を挙げると森崎和と青山のコンビがそう。青山がボール保持者にプレッシャーを掛けて相手のプレーを限定しているからこそ、森崎和はパスカットすることができる。」書いてあるが、分析通りだったということだろう。
前半機能したのは、城後や宮原よりも鈴木の方がウェリントンとのバランスを取りながら動くことができたこととディフェンス能力があの2人よりも鈴木の方があるということがあるだろう。ただし鈴木のタイプはミランで行けば体型は少し似てるがガットゥーゾではなくピルロに近い。この2人でもセレッソや仙台、札幌あたりと対戦した場合、ディフェンス能力に問題が出てくるはずだ。
だが現状では、この2人以外の選択肢はない。この時点で、完全にチーム編成に失敗してると言えるだろう。(城後はボランチでは使えない。宮原は最後15分限定ぐらいでないと使い道がないだろう)
上のブログで紹介している遊佐選手は見たことないので、

マコは3試合見て、結論を出さなければいけないようだ。現時点のマコでは4バックのCBは無理だ。どうしても使いたいのなら3バックの真ん中で使うしかない。そうでなければベンチ外だろう。DFラインの柱は昨シーズン同様、丹羽にすべきだ。
現時点での4バックの内、「マコと中島」と半分がディフェンス能力に不安を感じるDFラインでは、失点のヤマを築くだろう。相手の右サイドが強力な場合、亨あたりを入れる方がいいだろうし、(乾さんも言っていたが「後半、中島はディフェンス能力が落ちる」と)後半、守備固めに亨を使うことも考えるべきだろう。

あとはセットプレーのディフェンスは去年同様、相変わらずひどい。CKからの失点の前にも大和田がドフリーでシュート打たせていたが、マンマークであれは考えられないようなディフェンスだ(苦笑)

現在、篠田監督の最大の問題は、ベストメンバーを選べていないことだ。もちろんベストメンバーを並べただけでは昇格などできない。ただ「選手を不適正なポジションで使う」「問題のある選手を使う」。これを直すだけでJ2中位以上の力は発揮するはず。
「人は見たいと欲する現実しか見ない」(ユリウス・カエサル)という言葉があるが、篠田監督にはしっかり「現実」を見て欲しい。そうしなければ、シーズン途中に(あのフロントだから終了後かもしれないが)、「自身の監督生命消滅」という「現実」に直面するだろう。

http://121.119.171.103/cgi-bin/sfs4_diary/sfs4_diary.cgi?action=article&year=2009&month=03&day=06&mynum=90
「ボルドーへの選手&コーチの派遣」はいいことだと思うが、都筑社長が去った後、田部GMの「フロント渡り鳥」人生の寿命も尽きるような気がします。

拍手する

|

« 草津 3-2 アビスパ、早くも崖っぷちに立たされた篠田アビスパ | トップページ | 栃木 0-2 アビスパ、遅れましたが感想 »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
今回は丹羽&マコということでDFを中心に観戦しました。
目に付いたのはマコにラインを上げるよう何度も指示を出す丹羽の姿。
上下の動きで駆け引き勝負をする丹羽と待ち構えるスタイルのマコ、少しずれてる感じがしました。
正直、フィジカルが重要なJ2ではマコはかなり厳しいです・・・
中島のことも考えると丹羽との相性がいい宮元をスタメンかサブに置いておくのが賢明かと。

投稿: yuku | 2009年3月24日 (火) 00:02

貴重な情報ありがとうございます。
>目に付いたのはマコにラインを上げるよう何度も指示を出す丹羽の姿。
上下の動きで駆け引き勝負をする丹羽と待ち構えるスタイルのマコ、少しずれてる感じがしました。
TV画面ではDFラインの細かいところは分かりませんでしたが、マコのライン取りは深いようですね。ボランチの守備能力に不安があるので、DFラインは高めを保っていないと、スペースが空いて「波状攻撃」を受けてしまいます。
1対1に不安があるCBでは、用心深くなってラインは深くなる傾向があります。晩年の井原正巳がそうでした。
亨はDFラインだったら、どこでもできるんで、退場などのアクシンデントにも対応できます。ベンチ入りメンバーが5人(GKがいるので実質4人)では、リスクマネジメントという点では亨が貴重だと思います。また確かに、去年から見ると丹羽&亨は相性良さそうですね。
なぜ篠田監督から干されているのか、非常に気になるところですが...。

投稿: nettaro | 2009年3月24日 (火) 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/44435097

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 1-2 水戸、簡単な感想:

« 草津 3-2 アビスパ、早くも崖っぷちに立たされた篠田アビスパ | トップページ | 栃木 0-2 アビスパ、遅れましたが感想 »