« 追加記事あり、中国共産党が日本にミサイルを撃ち込み、尖閣諸島への攻撃を開始 | トップページ | 韓国の新たな日本への「ゆすり・たかり」ネタ発見、反日の明治大学教授が捏造 »

2009年1月11日 (日)

正月休みの読書リスト、誰が日本人の本当の「敵」なのか分かります

・朝日新聞の正義、小林よしのり、井沢元彦著
アマゾンレビューより
*天敵とも云える小林氏と井沢氏が朝日新聞の歪んだ体質について、縦横に論じた書。
8年前の対談であり、当時耳目を集めていた従軍慰安婦問題を素材に多く用いている。
両者の言わんとするのは「自社の論調に合わせて事実報道を歪曲するな」に尽きよう。
論調が左翼であることが問題ではない。読売・産経は保守系の新聞であるが、両紙が
自社の論調に合わせて事実を歪曲・捏造したという話を聞いたことがない。「人権・
平和・弱者・環境」といったキーワードの前では思考停止し、言いっ放しの無責任体質。
尊大で、決して誤りを認めない無謬主義。朝日の腐った報道姿勢が次々と暴かれていく。自社の主張を絶対のものとし、異論をつぶす手法は戦前と何も変わるところがない。

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任 (小学館文庫)

・中国はいかにチベットを侵略したか、マイケル・ダナム著
アマゾンレビューより
*この本は第二次大戦後最大の侵略に対する二十年以上にわたる抵抗運動の記録である.中共政府により120万人以上のチベット人が殺戮され、女性は強姦され、6000もの仏教寺院のほとんどすべてが破壊され、僧と尼僧が衆目の中で交わることを強制され、幼児も赤児も容赦なく殺され、エトセトラ、エトセトラ、悪行をすべて語りつくすことはとてもできない.これがチベット「自治区」誕生の真相であることがわかる.
 中共は大量の中国人をチベットに送り込み、チベット人の土地をとりあげ、チベット語を禁じ、チベット民族の抹殺と文化の消滅を図っている.広大なチベットの領土は、資源の奪取と核兵器の実験場と化している.これは現在も進行中のホロコーストである.

中国はいかにチベットを侵略したか

・日本を蝕む人々、渡部昇一、屋山太郎、八木秀次著
アマゾンレビューより
著者は、海外の反日活動と一体で活動する政財官(政治家、財界人、官僚)、 そして、マスコミ人を具体的実名を挙げて糾弾します。チャイナスクールの加 藤紘一氏、中国の経済発展を最優先で推進する経済同友会・小林陽太郎氏、 拉致問題より北朝鮮との国交樹立を重視する元・外務官僚・田中均氏、そし て、安倍中川氏NHK政治介入疑惑報道を捏造した本田雅和氏、長井暁氏。 彼らは外国からの反日活動と連携して「首相の靖国参拝を中止せよ」「日本 はアジアの人々に謝罪すべし」「竹島は韓国に譲れ」さらに,「外国人参政権 の実現を」などと主張する。 これら外国からの内政干渉を阻止するためにも、 一人でも多くの国民がこの実態を知るする事が必要です。著者の主張を強く 支持します。

日本を蝕(むしば)む人々 平成の国賊を名指しで糺す

・帰らざる日本人、蔡 敏三著
アマゾンレビューより
*「当時も、日本時代の悪いことはことさらに感じませんでした。それどころか、日本の植民地だったということすら、別に感じていませんでした。」
「日本の皆さんは、あの戦争は日本が悪かった、侵略戦争だった、特に中国で悪いことをしたという罪悪意識を持っている人が多いようです。しかし、それは違うのです。皆さんが習っているのは捏造された歴史なのです。」
「・・・戦後、植民地にされていた多くの国が独立を果たすことができました。それは日本が戦ったからです。
・・・日本が大東亜戦争という名前で白人人種を追い出したという功績だけは若い人の代はよく知っておかなければいけないのです。」
「正しい歴史を知ることです。今の若い人が習っているような嘘の歴史ではなく、真実の歴史です。その上で思考して、日本はどこに行くのか、日本人たるものはどうあるべきか、考えて欲しいのです。」
*戦争体験のない私にとって、この本は衝撃的でした。かつての日本人が大陸で大虐殺をした、と感受性の豊かなときに歴史の授業で教えられ、それを疑うことなく今まできました。著者も述べているとおり、戦争はよくないけれども、大東亜戦争が起きた背景を知らずに語ることはできないと思いました。日本人は台湾を統治はしたが、侵略はしていない。インフラ整備をし、台湾人のために命をかけた人がたくさんいた。著者は心から日本を愛し、日本の行く末を案じています。この本が多くの若者に読まれ、全ての人が本当の歴史を学ぶことが日本の未来につながるのではないでしょうか。

|

« 追加記事あり、中国共産党が日本にミサイルを撃ち込み、尖閣諸島への攻撃を開始 | トップページ | 韓国の新たな日本への「ゆすり・たかり」ネタ発見、反日の明治大学教授が捏造 »

反日団体・反日人物など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43705452

この記事へのトラックバック一覧です: 正月休みの読書リスト、誰が日本人の本当の「敵」なのか分かります:

« 追加記事あり、中国共産党が日本にミサイルを撃ち込み、尖閣諸島への攻撃を開始 | トップページ | 韓国の新たな日本への「ゆすり・たかり」ネタ発見、反日の明治大学教授が捏造 »