« 篠田アビスパ2009始動時点での選手編成リスト | トップページ | SDの篠田「監督の哲学」、抜粋のみ »

2009年1月15日 (木)

篠田アビスパ2009始動時点における不安点

篠田アビスパ2009が始動した。現時点では、ジャンボの残留、高橋泰と田中誠の加入は、多くの人に「希望」を与えてくれたように思う。(ここではフロントとアビスパというクラブの組織的な欠陥については言及しません)
ただし個人的には、2008シーズンの同時期よりも不安の方が大きい。

まず第一は守備力のあるボランチの不在だ。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2009/01/post-ddeb.html#more
既に書いたが、最後の手段としては、DFからコンバートせざるを得なくなるかもしれないように予測する。(その場合、丹羽あたりに白羽の矢が立つかもしれない)

第二の不安点は篠田監督自身の経験不足だ。経験のある有能なヘッドコーチをつけるべきというのは変わらない
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2008/10/post-7a2d.html
オシムは
・監督の仕事で一番難しいのは「勝たせること」ではなく「選手全員のモチベーションを毎日キープさせる」ことだ

という言葉を残している。51試合というJ2の長丁場では、篠田構想の主力の力だけではとうてい勝ち抜けるものではない。予想外の怪我や出場停止の時にも、チーム力を大きく落とさずに勝ち点を拾っていくためには、1年を通してのトップチーム全員のモチベーション維持が肝要だ。それがなくなった時、チームには競争がなくなりダイナミズムが欠けていく。その最たる代表例がドイツW杯でのジーコ・ジャパンだろう。篠田監督には、「1年」という期間、モチベーションを維持させた経験が欠けている。それを同じく「経験不足」のコーチたちと共同作業で補えるかどうか。それがアビスパ2009の未来を作用しそうな気がしている

あとはサイドバックの人材も不足気味だろうか。左が中島、右が辰則、何かあれば宮本あたりでカバーという感じだろう。

最後にマコに関して
W杯本大会こそ怪我で出場できなかったが、経歴と経験という面では日本でも最高峰で疑いようもない選手であることは間違いない。全てにおいてアビスパに進化をもたらしてくれると信じてはいるが、不安点もある。
怪我が多いという情報と、アビスパ以外のオファーがなかったという情報の2つだ。
1年以上、彼のプレーを見てないために不安なのだが、「マコはジュビロ黄金時代やジーコジャパン時代の90%以上の状態で2009シーズンを過ごせるのか?」という不安がある。
DFが引退する時、それは「経験」でも「スピードとキレの衰え」をカバーできなくなり、多くの相手FWに対応できなくなる時に訪れると思う。昔、鹿島にいたモーゼル(1990年W杯のブラジル代表)が、1995年に鹿島に来た時には、スピードの衰え(怪我などもあったのかもしれないが)から並以下の選手に成り下がっていた。その後、イタリアW杯のビデオを見返して見て、そのスピードの衰えにビックリした記憶が残ってる。
モーゼルはDFとしては身体能力の高さで勝負してきて、そのスピードが衰えてしまった時に、選手寿命が終わってしまったのだなと。
もちろんマコとモーゼルのタイプはまったく違う。だが「読み」だけで「フィジカルの衰え」をいつまでもカバーできる訳ではない。33歳という年齢にも不安が残る。(できれば2年、35歳まで保って欲しいが)

ちなみに2chジュビロスレから拾った情報
・近年怪我がちということもわかった上の獲得のようでよかったです。
というわけで、厳しいJ2でフル参戦というわけにはいかないでしょうが、
きっと力になってくれると思います。
GKには「バックパスに気をつけろ」とだけお伝えください
・マコはアレはアレで熱いヤツなんで、がんばってほしいっす。
・福岡の人はもつ鍋よりガンダム情報を。
・期待できるならウチに置いておくわ。戦力外になるヤシはそれなりの理由がある
・バックパスに注目してください。きっと刺激的ですよ♪
・カバーリングはそれなりだが、対人の弱さと失点に繋がるミスが多い。 ってとこじゃね?
・良い所は何ですか?
ガンダムを愛する心。マコはライン統率やカバーリングに長けていると思う。 が、怪我(腰)の影響からか対人が。。。
拍手する

|

« 篠田アビスパ2009始動時点での選手編成リスト | トップページ | SDの篠田「監督の哲学」、抜粋のみ »

アビスパ関連2009~」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
さて、色々と話題が多い中で始動したアビスパですが、私が思うに篠田監督は03年後半のようなスタイルを目指してるのではないでしょうか?
ホベルトシステムが出来る前の段階ですね。
理由はありませんが選手編成とかが似てるような気がします。

投稿: yuku | 2009年1月15日 (木) 23:04

私の方こそ以前からずっと読ませていただいております。
私の記事を引用していただいた時も感激でしたが、今日コメントを戴いて嬉しい限りです。
確かにマコは故障続きなのが気になりますし戦力外になった33才の選手ですから普通に考えたらプレーヤーとして期待はできないところです。願わくば環境が変わることでもう一度最後のひと花を咲かせてくれればと思うのです。
ただ私が望むのも、実のところおっしゃる様にドゥンガ直伝の「勝者のメンタリティ」の植え付けなんです。監督・コーチに経験がないアビスパには、これだけでもお金を出す価値が十分にあります。ナギ、亨、聡たちがどんな成長を見せてくれるか、十分に期待したいと思います。
アビスパに巣食う黒魔術糾弾のため、私もこれからも頑張ります。
政治の方も併せてこれからも読ませていただきます。
コメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 篠栗のアビおやじ | 2009年1月16日 (金) 01:05

yukuさん
今年もよろしくお願いします。
>私が思うに篠田監督は03年後半のようなスタイルを目指してるのではないでしょうか?
なるほど。それに関しては、開幕を見ないと分からないです。(関東在住で暇も金もないため、キャンプやプレシーズンを見ることができないため)
編成的には、かなり篠田監督の希望が通ったと思うので、その真価が問われますね。期待と不安が、かなり混ざっていますが。

篠栗のアビおやじさん
>私の記事を引用していただいた時も感激でしたが、今日コメントを戴いて嬉しい限りです。
とんでもないです。自分のは単なる素人の主張にすぎません。
>監督・コーチに経験がないアビスパには、これだけでもお金を出す価値が十分にあります。
確かにその通りだと思います。もう一花咲かせて欲しいし、試合の中でいろんな「モノ」を伝えて欲しいと思います。
>政治の方も併せてこれからも読ませていただきます。
政治の方は、勉強中なので、あまり期待しないで読んでいただければありがたいです。
>今後ともよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いします。


投稿: nettaro | 2009年1月16日 (金) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43751171

この記事へのトラックバック一覧です: 篠田アビスパ2009始動時点における不安点:

« 篠田アビスパ2009始動時点での選手編成リスト | トップページ | SDの篠田「監督の哲学」、抜粋のみ »