« 韓国の新たな日本への「ゆすり・たかり」ネタ発見、反日の明治大学教授が捏造 | トップページ | 反日マスコミ・団体、ジャーナリストなどのリスト »

2009年1月12日 (月)

派遣村と湯浅誠の正体

派遣村の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/405.html

<目次>
■派遣村の経緯
(1)派遣村の誕生
(2)坂本哲志政務官が派遣村に苦言。苦言発言に野党が批判
■派遣村の実態
(1)本当に困窮しているのか?
(2)本当に「派遣切り」された人なのか?
(3)田中康夫議員が派遣村の政治利用を暴露
(4)その他の指摘
■湯浅誠の正体
(1)麻生宅見学ツアー事件を扇動
(2)部落解放同盟の機関紙に特集
(3)九条の会に出席
(4)在日との貧困ビジネス
■派遣村支援の野党は"税金で"私腹を肥やす偽善者(犯罪者)
まとめ

※派遣社員や失業者を罵倒したり、現在の派遣制度を推奨するページではございません

|

« 韓国の新たな日本への「ゆすり・たかり」ネタ発見、反日の明治大学教授が捏造 | トップページ | 反日マスコミ・団体、ジャーナリストなどのリスト »

反日団体・反日人物など」カテゴリの記事

コメント

朝日新聞を叩き潰す掲示板
http://6241.teacup.com/noakahi/bbs

から来ました
日本は最悪の不況です。希望をもって学校を卒業した大卒者の5人にひとりしか就職がきまりません。

小泉政権がバブルの後始末をして、米百俵の精神で改革を推進しようとしたのに、それをひたすら否定・まやかしをつづけた反日マスゴミと派遣村に代表されるような偽善的搾取が朝日新聞やNHKによってくりかえされてきました

私達はまず、これら売国マスゴミを片付けるところからはじめるべきでありましょう

投稿: 朝日新聞を叩き潰す掲示板からきた男 | 2010年11月 7日 (日) 14:56

虚偽は正当な弁護士業務だ !

 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任です。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 日弁連・会長:宇都宮健児らは、提訴し、勝訴するための「虚偽は正当だ」との理念を抱き、当然のように実践する人間たちだということでしょう。

 そして、組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もないのです。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な事実を知るべきであり、この元凶者たちを排除すべきです。

法曹界に正義はありません。

投稿: 月光 | 2010年12月18日 (土) 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43713765

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣村と湯浅誠の正体:

« 韓国の新たな日本への「ゆすり・たかり」ネタ発見、反日の明治大学教授が捏造 | トップページ | 反日マスコミ・団体、ジャーナリストなどのリスト »