« 麻生首相、クリスマスカード動画へのリンク | トップページ | 人権派弁護士と国籍法改正(改悪)案でDNA鑑定に反対する人の弁明を読んで »

2008年12月27日 (土)

ダナ・ホワイト(UFC)に潰される可能性が出てきた石井慧

石井がダナ・ホワイト(UFC:通称:禿ダナ)と対談した。
http://www.kamipro.com/column/?id=1230374507
ランディのところでトレーニングするというのはいいことだと思う。
ただ-93のライトヘビー級に転向させようとしてるのが非常に気になった。(ちなみに現在、108kgあるそうです)

石井は、おそらくスタンドで差し合った(組み合った)場合(打撃無し)に限定すれば、現役五輪チャンプでもあるし、おそらく今の全総合選手の中でも最強に近いはずです。それを可能にしているのが、練習で培った多量の筋肉であることは間違いない。
ライトヘビーへの減量は筋肉を削るしかない。(この体重でも石井の腹筋は割れているそうですね。脂肪があまりないということでしょう。例えば同じ柔道選手でも棟田などの脂肪をつけて、かなりぽっちゃりしている選手の減量とは違うと思います)
-93の体重では石井は、その強さを支えていた筋肉をなくし「差し合い」の強さをなくすでしょう。それはバックボーンである柔道時代の「強み」を消すことに他ならないような気がします。
禿ダナの真意は分かりません。(単に石井の身長だけを見てライトヘビーだなと思いこんでいる可能性が高いと思いますが、石井のライトヘビーへの転向へのススメは「石井を潰すこと」が目的である可能性も否定できないです)
ちなみに石井は181cm、108kg。現在のヘビー級最強のヒョードルは182cm、106kg。ヒョードルはこの身長・体重でも元UFCチャンプ、ティム・シルビア{203cm、118kg}を36秒で秒殺してます。身長・体重だけでいけば、石井の体格は、全く問題ないでしょう。それはヒョードルが証明してくれています。
選手には個人個人、最も力を発揮できる「適正体重」があるような気がします。それよりも大幅に減量してしまうと、「減量苦で全く力を発揮できない」ようになってしまう。
パッキャオ戦でのデラホーヤの姿は、そのことを証明してるような気がします。もし禿ダナが石井にライトヘビーへの転向を強制するならば、石井はUFCと契約すべきではないでしょう。石井が、せっかく身につけた筋肉と力の強さをドブに捨てるようなものだからです。
ヘビー級の練習相手不足という事情もあり、石井が練習環境をアメリカに置くことは「正解」だと思います。ただし、ライトヘビー級への減量は「大きな間違い」であり、石井の総合格闘技人生に大きな「影」をもたらす。
そんな気がしてならない対談でした。

|

« 麻生首相、クリスマスカード動画へのリンク | トップページ | 人権派弁護士と国籍法改正(改悪)案でDNA鑑定に反対する人の弁明を読んで »

格闘技2008~(主に日本の総合格闘技)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43552213

この記事へのトラックバック一覧です: ダナ・ホワイト(UFC)に潰される可能性が出てきた石井慧:

» 総合格闘技(MMA)の動画と速報.com [総合格闘技(MMA)の動画と速報.com]
石動(いするぎ)アキの、仕事抜きの趣味(格闘技の実践と観戦)のブログです。総合格闘技を中心とした格闘技の動画情報とスカパー(たまに生)観戦期、英語の勉強しがてら海外サイトで仕入れてきた日本未達の情報をお届けしていきます。 [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 03:18

« 麻生首相、クリスマスカード動画へのリンク | トップページ | 人権派弁護士と国籍法改正(改悪)案でDNA鑑定に反対する人の弁明を読んで »