« 麻生太郎・首相講演詳細(全文掲載)、その3&4&5 | トップページ | アビスパ、サポーターシンポジウム、2ch抜粋 »

2008年12月11日 (木)

麻生太郎首相の諫早講演とマスコミの「麻生叩き」

麻生太郎首相の講演詳細、2008年12月6日
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081207/plc0812070039001-n1.htm

(1)「当時、不景気なんて書いた新聞なかった」
(2)「欧米は日本の話を聞いた方がいい」
(3)「記者が定額給付金もらうのおかしい」
(4)「われわれには技術のネタがある」
(5)完「日本に生まれてよかったと思える国にしたい」
ともかく全文を読まれた方がいいでしょう。マスコミは、麻生首相を些細で全く重要でないミス(漢字の読み間違いなど)しか報道していません

講演内容を解説したブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21247928.html

アメリカの金融危機(サブプライムやリーマンショック)から景気は悪くなっています。
日本のTVニュースを見ると、日本だけがすごく悪化している事になっているようですが、他の国の多くもそうです。アメリカの世界への影響力を悪い意味で再確認してくれたように思います。
マスコミのほとんどは「麻生叩き」に邁進しています。麻生首相は「ねじれ国会」やマスコミが作成した(信用できない)「支持率低下」に苦しみ、彼の政策がなかなか実施できません。マスコミはそのことを批判し「民主党への政権交代」「小沢首相誕生」へ、人々を導こうとしています。
ただ小沢一郎は、全く信用できません。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html
彼は旧社会党の残党の働きにより中国共産党や韓国や北朝鮮の反日国家勢力に取り込まれてしまいました。
彼が政権を取れば外国人参政権、人権擁護(弾圧)法案、重国籍容認という売国政策がどんどん通ります。国民の税金は、中国や韓国、北朝鮮のために使われ、日本のメシの種である技術もただでこれらの国に供与されるでしょう。沖縄は中国の領土となり、対馬は韓国領になります。現在、中国と朝鮮民族による第2の「元寇」が水面下で進行していますが、小沢政権は、「元寇」を力強く推し進めるはずです。
民主党は「国民の生活が第一!」というキャッチコピーを掲げていますが、本音は「中国共産党の言うことが第一」なんでしょう。中国共産党の傀儡政権の下での国民生活は「最高で北朝鮮・中国の極貧農民レベル」、「最低でチベット民族のような大虐殺」が待っています。
その小沢を後押しするマスコミの代表が「朝日新聞」です
http://www.wdic.org/w/CUL/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E
朝日新聞の有名な過去の論調
・ソ連の核はきれいな核
・スターリンは子供好きなおじさん
・カンボジア開放側(ポルポト) アジア的優しさ持つ
・北朝鮮は地上の楽園
あと「中国はハエ一匹いない非常に清潔な国」というものあったようですね(苦笑)

「北朝鮮は地上の楽園」報道では、それを信じて北朝鮮に渡った人々がいたようです。彼らに待っていたのは、到着した瞬間に財産を全て没収され奴隷のように北朝鮮で働かされるという非常に過酷な運命でした。
今回、朝日は世論のミスリードにより、日本国民全てを、同じ運命に導こうとしているように思います。

|

« 麻生太郎・首相講演詳細(全文掲載)、その3&4&5 | トップページ | アビスパ、サポーターシンポジウム、2ch抜粋 »

重要な政治に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43386620

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎首相の諫早講演とマスコミの「麻生叩き」:

« 麻生太郎・首相講演詳細(全文掲載)、その3&4&5 | トップページ | アビスパ、サポーターシンポジウム、2ch抜粋 »