« 創価学会と公明党と池田大作、その危険性 | トップページ | 選挙前に参考にすべきサイト »

2008年12月18日 (木)

ガンバ大阪 3-5 マンチェスターU、雑感、20081218

文章をまとめる気がないので箇条書きで(苦笑)
前半
・前半頭からラインを上げ、前線から精力的にプレスをかけるガンバ
・マンUの中盤での運動量、プレスが弱い。長距離移動、時差ぼけで、コンディションは良くないのだろう。バイタルエリアでガンバの選手が前を向いてボールを持てる場面が多く見られる。コンディションが悪い上に、ガンバのパス回しに慣れていないためプレスがかかりにくい状況をマンUが作られる(アデレードよりも運動量&プレスが弱かったため、ガンバのパス回しができたことも大きい)

・マンUはガンバの高いラインの裏を突く攻撃が多い。前線のチェックが甘くなるとDFラインからでも精度の高いボールが出てくる。これは世界との差の一つの部分だろう
・裏を一発。もしくはサイドでロナウドが1対1で持った場合など、個人能力の差が如実に出る展開。ガンバが押してる展開ではあるのだが、マンUが一発で決めてしまいそうな雰囲気が漂う
・CKからビディッチが決めてマンUが先制。セットプレーでは「人につく」ディフェンスをしていたガンバだが、山口の体の寄せが甘かった
・前半、ロスタイム、またもやCKからロナウドのヘッドで0-2、ここでロナウドについていたのは明神。ベテランで経験も豊富な明神と山口のマークしてた相手に点を取られるという所に、日本サッカーの甘さが残っているのだろう。
・この試合前半だけ見れば「いいサッカーしてる時のタイ代表(ネパールでもいいが)vs悪いときの日本代表」の試合のようだった。ガンバはいいサッカーをしてるがセットプレーや個人能力の差で試合が決まってしまう。そんな感じの試合に見えた
・2点目取られた時点で、勝負はほぼ決まっていたと思う。個人的には、後半、あと2、3点取られて終了という展開を想像していた。セットプレーかカウンターから追加点を取られて終了。興味はガンバが1点取れるかどうかというところに移っていた。

後半
・ロナウドに笑みこぼれる。前半で2点のリードでかなり余裕がありそうだ。しかし攻勢を取ったのはガンバだった
・パス回しでゲームを作りマンUのプレスをかなり無効化していた遠藤もたびたび上がり攻撃参加。二川の不在が痛いか
・一瞬、マンUDFの集中が切れたところでガンバがゴール
・しかしその1分後、ルーニーがゴール。遠藤の強烈なミドルシュートもあるが、そこらか2点立て続けに点を取るマンU。1-5、点を取られたことで本気になったマンUの攻撃力がかいま見れた時間帯だった
・特にガンバのCBとルーニーの1対1の能力差は歴然だ
・しかし、ガンバは集中を切らさない。ラインを下げず1対1で勝る相手に人数で対抗し、さらに攻撃にも人数をかけていく。マンUの選手達に余裕がなくなっていく。(まあ、元々コンディションが悪かったのでスタミナも切れたのもあるだろう)
・最終スコアは3-5。公式戦でマンUから3点を取ったガンバは大健闘と言っていいだろう。スコアこそ0-1だったが、去年の浦和はミランを本気にさせることはなかった。しかしガンバは本気にさせ、3点を取り、ある意味、マンUのキモを冷やさせることには成功した。
・西野朗は、アトランタ五輪(ブラジルを破りながら守備的に戦ったことでひどい評価を受けた)のリベンジを十分に果たしたように思う。ガンバの攻撃サッカーとおもしろさを(同時に足りない部分も思いっ切り出していたが)披露した試合だった。エンターテイメントとしてのサッカーとして、非常に楽しめた試合だった。(イタリア人が見たら、卒倒するような試合に違いないが)
・人もボールも動くサッカーとしての日本サッカーの方向性を示した一戦であったように思う。ラインを上げ、前線かたプレスをかけ、人もボールも動かすパス回し。日本サッカーのあるべき方向性が見えた試合だったように思う。
・もちろん足りない点もある。特にCBとFWの部分での「個」の弱さは致命的だ。そう考えるとCBに中澤(代表&マリノスの方)クラスの選手が二人揃い、CFに釜本クラスの人材が揃った時、日本は十分「世界を驚かす」可能性があるはずだ。その前提には「ミスが少なくアジリティを生かした人もボールも動くサッカー(世界レベルのプレスになってもある程度機能する)」が機能していること必要条件だが。あとはセットプレーでの守備能力か。アジアレベルではセットプレーは強みであるが、このクラスが相手になると、立場が逆になってしまう。その部分を強化も必要だろう。そうは言っても、多くの選手がヨーロッパで最高のレベルでの試合を決めてしまう「ディテール」を経験し、Jリーグに還元しレベルを上げる。その地道な作業も必要だろう。
・方向性は示した。だが、本当に世界のトップレベルとまともに戦うには、まだまだ埋めなければいけない「ディテール」が数多く残り、それを解決していくためには、かなりの時間が必要だろうということを再確認した試合でもあったように思う。

|

« 創価学会と公明党と池田大作、その危険性 | トップページ | 選挙前に参考にすべきサイト »

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43461483

この記事へのトラックバック一覧です: ガンバ大阪 3-5 マンチェスターU、雑感、20081218:

« 創価学会と公明党と池田大作、その危険性 | トップページ | 選挙前に参考にすべきサイト »