« 「国籍法改正案反対」請願オフの模様 | トップページ | 必見! 国籍法改悪を解説する番組 »

2008年11月27日 (木)

博多から山笠が無くなる日

しつこいようだが、この話題です。都筑黒魔術、川淵デモ、秋山成勲ヌルヌル問題と、
かなり危機感を持った事はありましたが、今回はそれ以上の危機感があります。

チベットの実情
http://tibet.turigane.com/tibetanrights.html

パンダとチベット
http://tibet.turigane.com/tibetpanda.html

民主党政策index2008
http://tibet.turigane.com/tibetpanda.html
それに対する阿比留記者のコメント
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/755808/

民主党は「生活が大事」としきりに宣伝しているが、彼らが政権を取った場合、
生活は最高でも北朝鮮人民レベル、最悪の場合は、チベット民族レベルになると思います。
中国共産党は21世紀の現在もチベットや東トルキスタンに対し侵略&民族浄化を繰り返しています。

彼ら北京(中国共産党)のシナリオは
国籍法改悪→民主党により売国法案通過→漢民族の日本大移植→人民解放軍進駐・日本占領→
中国による日本併合(日本は大和民族自治区へ)→少数民族と化した日本人に対する民族浄化・文化的虐殺

チベットと同じようなことが起これば、チベット仏教のお寺と同じく櫛田神社や筥崎宮は壊されるでしょう。
当然、博多山笠の歴史も終わります。九州山地は中国共産党による核実験の場になり多くの人々が
放射能汚染に苦しむことになるでしょう。
元寇(元・高句麗)、日露戦争(ロシア)、そして太平洋戦争(アメリカ)、それに匹敵するとも劣らない
国難が訪れる可能性が高い。相手は中国共産党&朝鮮半島、国籍法改悪は、その大きな第一歩となるでしょう。

国籍法まとめ
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/

|

« 「国籍法改正案反対」請願オフの模様 | トップページ | 必見! 国籍法改悪を解説する番組 »

重要な政治に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43238685

この記事へのトラックバック一覧です: 博多から山笠が無くなる日:

« 「国籍法改正案反対」請願オフの模様 | トップページ | 必見! 国籍法改悪を解説する番組 »