« 祝・大分優勝。アビスパは... | トップページ | ザル法である「国籍法改正案」阻止! »

2008年11月 9日 (日)

U-19の完敗と大ハズレだったサッカー協会会長・ 犬害基昭(犬飼基昭)

この試合を見るためだけに「テレ朝チャンネル」を契約したのだが、それが、あの試合で終わってしまうとは(苦笑)
「完敗」という文字がこれほどふさわしい試合は近年なかったように思う。それほどの完敗だった。選手の個人能力でも組織力でも完敗。ワールドユースへの連続出場も途絶えることとなり、JFAの強化ライン(川淵-田嶋-小野ライン)が全く機能していないことを、この結果は示唆しているようだ。JFAは牧内監督を育成しようとしたが、全くの見込み違いであったことが発覚してしまった。まあ牧内監督は、その辺の高校あたりで一から出直ししてもらいたいものだ。

ところで川淵時代の「負の遺産」により全く機能していないJFAの強化ライン。会長が変わったことにより期待された犬飼会長だが、最近の発言と実行しようとする政策を見ると全くの大ハズレであったようだ。
ちなみに彼が提言しているのは
・秋-春シーズンへの移行
・全く現状に合ってないベストメンバー規定の厳守
・育成年代でのバックパスの禁止通達

浦和をビッグクラブにした実績により、就任時には「さすがに川淵三郎よりもましだろう」と思われていた犬飼会長だが、ここまでを見ると大ハズレは間違いない。さらにこの暴走ぶりを見ると、あの川淵三郎を超える可能性も大いにあるだろう。
・元々、彼にそんな実力はなく。いい部下に恵まれていた
・協会に入って年齢を重ね、ボケてしまった
いずれの理由か分からないが、彼に浦和時代の功績を期待するのは無理だろう。それどころか、川淵体制で大きく揺らいだ日本サッカーが、さらに退化する可能性がかなり大きいように思う。後年、彼は
*犬公方(徳川幕府の基盤を大きく揺るがした徳川綱吉にちなんで)
*犬害会長(そのままですね)

と呼ばれることになる。そんな気がし始めている

|

« 祝・大分優勝。アビスパは... | トップページ | ザル法である「国籍法改正案」阻止! »

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

コメント

どうもお久しぶりです。
あの監督ですから予想通りの結果でしたね。選手が憐れでなりません。
上の発言もそうですが、まるでどこかのクラブとダブって見えます。

投稿: yuku | 2008年11月 9日 (日) 17:29

こんにちは、レス遅れました。
あれからいろいろブログ記事見ましたが、牧内監督は、完璧にコネ人事だったみたいですね。
しかし、これで彼の監督人生、ほぼ終了したかもしれません。
来シーズンは、篠田監督の「監督人生」が終わらないように、クラブとしては手を打ってもらいたいものですが、あの社長とGMじゃ無理でしょうねえ...。

投稿: nettaro | 2008年11月11日 (火) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/43055291

この記事へのトラックバック一覧です: U-19の完敗と大ハズレだったサッカー協会会長・ 犬害基昭(犬飼基昭):

« 祝・大分優勝。アビスパは... | トップページ | ザル法である「国籍法改正案」阻止! »