« 北京五輪、反町ジャパン総括、リンク集 | トップページ | 北京五輪も終わりましたが、アビスパの2008シーズンも終わりのようです »

2008年8月17日 (日)

熊本戦、かんたんなメモ

アビスパ
マイク 黒部
タレイ 鈴木 布部 久藤
中島 宮本 柳楽 山形
GK神山
控え:GK吉田、長野、中払、田中、大山

主審:廣瀬格

簡単なメモ
・山形がSB起用のため、バランス的には良さそうな布陣
・前半は中盤のチェックが効いていて、ほとんど熊本にチャンスを作らせなかった
・アビスパFWの高さへの対応に苦労していた熊本CB
・前半は圧倒的なアビスパペース、しかし、ここで2点目を取れなかったことの代償を支払わされることとなる
・後半からロングボールを使い始めた熊本に、2週間で改善したアビスパディフェンスが狂い始める
・FW二人の高さを生かすためサイドから数多くのクロスを入れたいアビスパだったが、サイド攻撃は思ったより機能しなかった。サイドMFが久藤&タレイという独力で突破していくタイプではないためSBと連動して崩すことが求められたが、特に後半は機能していなかった。FWの片方が大久保であれば、安定したポストプレーからサイド攻撃が機能するのだが...。大久保が使えない場合はマイク&田中か黒部&田中の方が、まだ効果的な気がする
・後半実現した田中&大山のFWコンビは、黒部&マイクと同じように、似たタイプ(大山に関しては、練習を見てないため、まだ、どこがストロングポイントか分かってないので、この項は的はずれかもしれない)であるため、スピードに対処されると攻め手が厳しくなる。
・ディフェンス面ではボランチ布部は90分フルは厳しいように思う。現状のボランチ陣の中では、ディフェンス能力が一番高いのはタレイだと思うので、ぜひ、そこで使ってもらいたい。(特に鈴木や城後が使われる時は特に)

アビスパとしては、勝ち点2を失った試合となった。監督交代という劇薬の効き目が薄れ、篠田アビスパのやり方も研究されて迎える広島、鳥栖、仙台との3連戦は、非常に苦しい戦いとなるだろう。ここでアビスパの2008シーズンが終わる可能性も50%ほどはあるだろう。もちろん大久保が戻ってくるのは大きなプラスだが、それ以外に「何か」を変えることが必要な気がしている。

|

« 北京五輪、反町ジャパン総括、リンク集 | トップページ | 北京五輪も終わりましたが、アビスパの2008シーズンも終わりのようです »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/42196645

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本戦、かんたんなメモ:

« 北京五輪、反町ジャパン総括、リンク集 | トップページ | 北京五輪も終わりましたが、アビスパの2008シーズンも終わりのようです »