« 熊本戦、かんたんなメモ | トップページ | 負けに等しい引き分け »

2008年8月23日 (土)

北京五輪も終わりましたが、アビスパの2008シーズンも終わりのようです

アビスパ 0-4 広島

アビスパ
大久保 田中
タレイ 布部 北斗 久藤
中島 宮本 柳楽 山形
GK神山

控え:GK吉田、城後、中払、黒部、マイク

広島
佐藤11
高萩15 柏木10
服部17 森崎8 高柳25 李16
槙野5 スト2 盛田19
GK佐藤

主審:前田拓哉

実力が上の相手に対し、ミスで3点与えては勝ち点を取ることは不可能です。それにしても1トップ2シャドーで2列目3列目から裏に飛び出してくる広島相手に、全く堅固とは言えないアビスパの4-4-2は相性が悪すぎました。完璧に結果論になりますが、あくまで勝ち点を取ることに拘るならば、この試合限定で(他のJ2の相手にはやる必要はありません)、リティ時代にやったような「オールコート・マンツーマン」という「奇策」をやっても良かったのかもしれません。
秋を思わせる涼しい気候、北京五輪の終わりと共に、アビスパの2008シーズンも、終わりの気配が漂う。そんな試合になりました。
もちろん篠田監督や選手達は可能性のある限り昇格という目標に対して「闘って」くれるとは思いますが、フロントは、来シーズン以降に向けた構想に向けて動き出さなければいけません。

個人的に来シーズンは
・昇格、そしてすぐに降格しないようなチーム作りのため2年計画で昇格を狙う
・育成に長けたベテラン監督の下で、篠田監督は修行する。(もしくは篠田監督の補佐役として非常に経験のある人間をつける。できれば2年間のうちに、徐々に世代交代を敢行し、2年後には完了できるような人物がふさわしい)
・オーストラリア人2人には帰国してもらう
・ボランチには守備能力が高くチームを牽引できる外国人を補強。コンビには城後もしくは鈴木(左MFでもいいが)を組ませて、経験を積ませ成長させる。
・CBに能力の高い選手を補強、これにより柳楽、長野、宮本にも競争させレベルUPを図る
・FWは大久保をなんともして残留させる。(スピードと得点能力のあるブラジル人FWというのが結果を出すためには手っ取り早いが、その手は、組織を構築できてからでもいいと思う。FWは大久保&田中を基本に大山にも経験を積ませていく形がいいだろう。デカイ系ではマイクも残したいが、とりあえず1回、マリノスに帰るだろう)
・中村時代のように、他のJ1強豪で出場機会のなかった才能ある若手を拾って、育てる。
(CB,SB、攻撃的なMF、FWで1人ずつぐらい)

来シーズンの編成がどうなるか、今の段階では全く分からないが、ここ数年アビスパを支えてきたベテラン達(久藤、布部、久永、中払)の力は、年々衰えていくだけだろう。今いる若手と中堅の底上げは急務だ。
ジーコがトルシエの遺産を食いつぶしたように、リティは松田の遺産を食いつぶし、後には守備組織がボロボロになったチームを残し去っていった。何もしなければ、その後遺症は、来年、再来年と目に見えるはっきりした形で現れるだろう。今シーズン終了に手を打たなければ、次にJ1に上がるためには、5年以上の年月を必要とするかもしれない。
そんなことを考えさせる広島戦でした。

|

« 熊本戦、かんたんなメモ | トップページ | 負けに等しい引き分け »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

前から思ってたのですが、篠田監督は微妙にメンバーを変えてきますよね。
前回の大久保や召集の鈴木の場合は分かるのですが、北斗のボランチや田中の先発には何か意図があったのでしょうかね?
まだベースも出来てないような段階ですのでマイクと城後が先発でも良かったと思っています。
実際にはハズレでしたし。

投稿: yuku | 2008年8月24日 (日) 01:38

こんにちは。
>篠田監督は微妙にメンバーを変えてきますよね。
練習を見てないので、本当の意図がどこにあるのか分かりませんが、
・練習で調子の良い選手を使う
・ボランチでは運動量の多い北斗を使う
・ストヤノフ、盛田、槙野の3バックに対してはツインタワーでは他のチームより効果的ではないのでスピードのある田中を裏に走らせる(それにより広島DFラインを混乱させる効果も狙った)

いろいろ類推して見ましたが、こんな感じでしょうか?

やろうとしてることはブレてはないし、スタメンを固定してしまうと、他の選手のモチベーションを保てないし、それがチームの雰囲気にも影響しますから、ベースを築く段階でも、競争の上で選手の入れ替えはあってしかるべきだと思います。
今回は、ショック療法で前節ミスした柳楽をスタメンから外すのもありかと思ってました。ただ佐藤寿人なんで長野よりは柳楽の方が対応できるのは間違いないですが。

そういう意味では、次は広島戦でミスの多い山形を一回スタメンから外すのもありだと思います。


投稿: nettaro | 2008年8月24日 (日) 22:47

成る程ですね。
篠田監督ですから何らかの考えがあったのでしょうね。
しかし、山形を出さないとなると左SBは久永でしょうか?駒不足だけはどうしょうもないですね。

投稿: yuku | 2008年8月25日 (月) 22:26

>しかし、山形を出さないとなると左SBは久永でしょうか?駒不足だけはどうしょうもないですね。
そういえばナカジが次ぎ累積で出れないんでしたよね、柳楽と共に。普通に考えれば、山形が左SBですね。柳楽が出停でなければ、長野をCBに入れて宮本を左SBという手もあるんですが。
しかし、この辺の終盤で「少ない選手数の編成」をした田部マジックが裏目に出てきてるような気がします。

投稿: nettaro | 2008年8月26日 (火) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/42250326

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪も終わりましたが、アビスパの2008シーズンも終わりのようです:

« 熊本戦、かんたんなメモ | トップページ | 負けに等しい引き分け »