« 岐阜vsアビスパ戦、メモ | トップページ | モンサント、遺伝子組み換え、リンク集 »

2008年7月 1日 (火)

愛媛vsアビスパ、メモ

まとめて2試合分を更新。エントリーというより「メモ」とか「備忘録」みたいなものです。しかし夏場、体力を削られた選手たちが気力を失った時に、アビスパの2008シーズンが完璧に終わる予感がします。

20080629

マイク  黒部  北斗
久永   タレイ 鈴木
柳楽   長野  山形
 布部
       GK神山

主審:廣瀬格

前半
・強風。シャワーのような雨。ピッチ状態は、まずまず。
・マッチアップ、長野vs若林、柳楽vs大木、山形vs江後。愛媛で最も危険なのは江後。山形のディフェンスの出来が鍵になるだろう
・愛媛のプレスやビルドアップは、やはり下位チームらしい出来だ。風の影響もあるのだろうが。
・黒部ワントップ、マイクが左サイド。2トップではなくシステムは変えてないようだ。あまり機能しないような悪寒が...。
・やはりマイクの左ウィング、黒部ワントップは機能してない。マイクはやはりFWの選手。黒部は、ジャンボよりボールを収めることができない。ポストが機能してない状態。このシステムだと、やはり右ウィングは北斗より田中のスピードの方が機能するようだ。あとビルドアップの面ではやはり鈴木よりも久藤の方が現時点では上だろう。相手の選手の力と出来を考えれば勝ち点3を取らないといけない試合だが、かなり厳しい試合になるだろう
・28分、タレイのCKよりマイクのヘッドでアビスパ先制、0-1。やはりFWで使った方が良さそうだ。マイクは左サイドでは生きない。
・32分、FKより愛媛DF南がフリーでヘッド。これを神山セーブ。よく見ると山形がヘッドをかぶっている。どうも今日の山形は、ディフェンス面では期待できなそうな気がしてきた
・37分、FKから直接放り込まずに、少し細工してフリーで放り込む愛媛。セットプレー時のゾーンからマンマークへの切り替えに失敗。同点に追いつかれる。1-1

後半
・開始より愛媛ペース
・59分、岐阜戦で点を取ったセットプレーだが、愛媛、研究済み
・66分、黒部→ジャンボ
・75分、鈴木→中払
・86分、マイク→中島

80分過ぎぐらいから必死に点を取りにいくが、不発。1-1で終了、勝ち点1

リティの話
http://www.jsgoal.jp/news/00067000/00067331.html
・黒部の起用はジャンボに疲労がたまっていたため。
・田中選手がいなくて彼のスピードを生かせず、違ったやり方を選択
・ダイヤゴナル(対角線)のボールを入れたかったので、マイクを使った
・久藤と田中を欠いて、違ったサッカーを強いられた
・勝点3は狙っていたが結果的に勝点1でも、全体的に見れば今日は勝点1でも良かったと思う

*相手のメンバーと出来を見れば、勝ち点3を取らなければいけない試合だったが、リティのシステムと先発メンバーの選択ミスにより勝ち点2を失った試合となった。
第2クールも半分終了(シーズンも半分終了)し、入れ替え戦の第3位とは依然勝ち点差が12もある状況だ。(第一クール終了時点では3位とは勝ち点差14。) 順位は4上がったが、勝ち点は2しか縮まっていない。(さらに第2クールの休みが30節のため、実質1試合消化試合が多いことを考えれば、ここまでほとんど差が縮まっていないことが分かるだろう)
田部GMの「第2クール7位」という目標は、本来ならば「勝ち点差14を半分の7に縮める」とあるべきだったのだが、単なる時間稼ぎの中間目標に過ぎなかったようだ。(そして7位の目標も現時点では厳しいだろう)
・選手は一生懸命やっているが、監督とフロントが足を引っ張っている以上、「昇格」は奇跡でも起こらない限り難しい。(奇跡を起こしてJ1に昇格したとしても、このサッカーでは、横浜FC以上に、J1でぼこぼこにされて一年で落ちるだけだろう)この大昔のサッカーでは来シーズンへの蓄積さえも望めない。まさに「閉塞感」がアビスパを覆っている。

|

« 岐阜vsアビスパ戦、メモ | トップページ | モンサント、遺伝子組み換え、リンク集 »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/41711518

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛vsアビスパ、メモ:

« 岐阜vsアビスパ戦、メモ | トップページ | モンサント、遺伝子組み換え、リンク集 »