« アビスパ 2-4 熊本戦、非常に簡単なメモ | トップページ | 元九電社員「メルトダウンを起こした原発」を放置、九電本社も関与の疑い »

2008年5月 7日 (水)

熊本戦後、サポから逃げた都筑興社長!

熊本戦後、あまりにふがいない試合に、サポーターの座り込みがあったようだ
http://fanavista.blog20.fc2.com/blog-entry-563.html
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_1460.html#more
それに応えて、リティと田部GMが登場。
リティ「とりあえず1日くれ。自分1人では進退は決められない。 社長とGMと話合いが必要。選手は責めないでくれ」
田部「岐阜戦は失点後に選手が下を向いてしまったが、今日はそれがなかったのが良かった。」(年金問題での社保庁なみの苦しい釈明だが、立場上、仕方ないのかなぁ)
サポから「社長、出てこい!」コール。
しかし都筑社長は逃げ帰ったようです(苦笑)
サポリーダー「社長出席のサポカン要求して解散」で終了

ちなみにリティの試合後のコメント
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_d260.html
・私がチームに残るのか、残らないか、それは社長が判断することだと思います
・ただし、監督と選手のコンビネーションが勝点を重ねられるものであるのかを考えることが重要だと思います
・サッカーというものは実にシンプルなものです。たとえ最高のサッカーをしたとしても、負けてしまえば、それは正しいサッカーとは言えません。いま明らかなことは、勝点を十分に重ねていないという現実であり、問題は、私が監督として、この状況を覆せるのかどうかということだと思います

ドイツ人は、多くの場合、自分の過ちを認めない。そのことは昨シーズンからのリティのコメントを見れば分かるだろう。しかし、この日のコメントではリティは自らの「責任」を全面的に認めている。あの勝ち気でプライドの高いリティには非常に珍しいことだろう。裏を返せば、「監督として打つ手がない」ということなのだと思う。さらにリティの言葉
★ただし、監督と選手のコンビネーションが勝点を重ねられるものであるのかを考えることが重要だと思います
は「チームが崩壊している」ことを示しているように思う。2007シーズン最終戦、鳥栖とのダービーで、1回、リティ・アビスパはチームとして崩壊している。崩壊したチームを変えるためには、「監督」か「選手」、どちらかを変える必要がある。2008シーズン、アビスパは「選手」を変えた。しかし第一クールも持たずに、チームは崩壊してしまったのだ。リティには、もう監督として求心力は残っていない。同じ方向性を向けないバラバラのチームは、他のチームの餌食になる運命しか残っていない。そのチームを長く続ければ続けるほど、リティはもちろん、選手も、GMも全てのアビスパに関わる人間が「プロ」としての価値を落としていくだけだ。そのことにリティは、ようやく気づいた。そして社長に「殺してくれ!」と叫んでいるのだ。
それは都筑社長が、今までのように九電の子会社で人事権をちらつかせながら「しっかり仕事をしろ!」と恫喝して解決する問題ではない。チームは崩壊したのだ。九州電力でいえば「6基ある原発全てが故障で動かない状態」であるのと同じなのだ。ここまで来れば、解決方法は「監督を代える」以外の方法はない。(もちろん都筑が100億ほど用意して、外人全部を入れ替え、日本代表クラスの日本人を5人ほど獲れれば、話は変わってくるが)
1997年、当時の長沼日本サッカー協会会長は「加茂でW杯に行けなければ、私の首をかける」と言っておきながら、中央アジアでの最終予選中に、加茂周の更迭を決めた。当時の加茂監督は、もう限界で、チームも崩壊しかけていた。あの時、あの決断がなければ日本はフランスW杯には行けなかったはずだ。今のリティは当時の加茂監督と同じかそれよりも悪い状況にいると思う。(まともなフロントならば、去年1年で切っているだろう)
都筑興のやるべきことは、現実を直視し、「リティの首を切り育成能力に長けたまともな監督を連れてくること」だ。(個人的には前田秀樹を希望)。「リティ・アビスパの死」以外に、再生、この破滅的な状況から逃れる術はない。
それができなければ都筑興は「晩節を汚す」どころが孫・ひ孫の代まで、この伝説が語り継がれることになるだろう。

さて、明日から仕事か。しかし、最悪のGWになってしまった(苦笑)

|

« アビスパ 2-4 熊本戦、非常に簡単なメモ | トップページ | 元九電社員「メルトダウンを起こした原発」を放置、九電本社も関与の疑い »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/41119258

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本戦後、サポから逃げた都筑興社長!:

« アビスパ 2-4 熊本戦、非常に簡単なメモ | トップページ | 元九電社員「メルトダウンを起こした原発」を放置、九電本社も関与の疑い »