« やはりベストバランスを見つけられないリティ・アビスパ | トップページ | アビスパ福岡2007年度決算と期待ハズレの役員人事 »

2008年4月20日 (日)

リティに与えられた最後のチャンス

グリ 大久保
久永     田中
 久藤   タレイ
亨 長野 ナギ 北斗
 GK吉田
控え:六反、山形、布部、城後、黒部

鳥栖
  金9 藤田25
野崎18    レオ11
 衛藤8 高橋10
高地6 加藤3 柴小2 日高
   GK赤星
主審:東城穣

いろいろ忙しいため、簡単に。(後で詳細を検討するかは未定)

九州サッカー ドット ネットさんが「これでバランス取れるだろう」と書いたスタメンが登場したことに、少しびっくり。
http://kyushu-soccer.net/2008/04/vsfc-10.php
同時に、このスタメンのバランスは、リティ・アビスパの2年間の中で、ほぼベストといっていいバランスだと思う。DFラインのメンツとバランス、FW2枚のバランス。リティが、どういう思考でこのスタメンを決断したかは分からないが、最悪の連敗の後、リティは現状でのベスト・バランスを選択した。
本日の結果は、そのことに対して「サッカーの神」がリティに「最後のチャンス」を与えた。そうとしか考えられないようにアビスパにいくつもの幸運が舞い込み、そして出た結果だ。(もちろん選手達が、泥臭くディフェンスしたことも要因の一つであることは間違いないが)
もちろん課題はいっぱいある。このベストバランスで連携を取り始めたのが、たかだか1週間だから当然だ。そしてリティの采配・修正能力にも疑問符がついたままだ。だが「神」は、いくつもの幸運をリティに与えた。まるで「これが最後のチャンスだよ」とでも言うかのように...。
2008シーズン、これ以上の幸運がリティ・アビスパに訪れることはないだろう。そして、次からは昇格するにふさわしいかどうか、さまざまな「試練」を与えるはずだ。リティにその試練をクリアできるかどうかは分からない。今までのリティであれば完全に無理だろう。

リティ、やれんのか?

神は、この試合でリティに最後のチャンスを与えた。その見返りとして、「対価」をリティに容赦なく求めてくるだろう。もし用意できなければ、リティから多くの「もの」を奪っていくに違いない。

|

« やはりベストバランスを見つけられないリティ・アビスパ | トップページ | アビスパ福岡2007年度決算と期待ハズレの役員人事 »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

正直、スタメン発表を見て私も驚きました(笑)

いろいろなハプニングがありましたが、やはり最終ラインに対人に強い選手を置くと、最終局面では戦術という概念を超えた守備が行えますよね。

宮本、柳楽のプレーは徳島、岐阜戦で垣間見えた弱点を補って余りある動きでした。長野も心なしか安心して守備ができていた気がします。

ただ、この試合は応急処置で選手布陣に頼った戦いであるので、長いシーズンを戦うにはもちろん監督の更なる力が不可欠だと思います。

問題はそこですが、監督自身は幸運が付く方ではいらっしゃるみたいですね(←精一杯の強がりです(笑))

投稿: オーレ | 2008年4月21日 (月) 11:58

こんにちは。
退場するまで(した後も多くの時間)の内容自体はサガンの方が上回っていたのにも拘わらず、決定的なミスとミスジャッジ3発で勝利を拾った非常に「不思議な勝ち」でした。
>監督自身は幸運が付く方ではいらっしゃるみたいですね
個人的にはジーコと違い、リティは選手時代に「運」の多くを使い果たしたような気がしてます(笑)
リティにとっては、この「勝利」で「試練」の期間が長くなりました。その試練をクリアできるかどうかは、全く分かりません(苦笑、今のところ「全く期待できません」と言った方がいいかもしれないですが)

投稿: nettaro | 2008年4月23日 (水) 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/40943164

この記事へのトラックバック一覧です: リティに与えられた最後のチャンス:

» リベンジ [FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜]
第8節VSサガン1回戦 アビスパ2−0サガン 今季第1弾となる九州ダービー。 ロアッソも交えた九州ダービーの中でも、やはりサガンとの対戦は格別。 特に昨季3連敗してるだけに、今日こそは負けられない試合。 前半はサガンペース。 主にアビスパサイドでの展開が続き、時折アビスパのカウンター発動。 そんなカウンターからグリフィスがボールを奪い、左サイドを抜ける。 自分で勝負も出来る場面やったけど、右にフリーで佑昌が。 ワン戸ラップから落ち着いて決めて先制!!! 今季佑昌初ゴール!!!!!!!! やっぱ佑... [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 23:41

« やはりベストバランスを見つけられないリティ・アビスパ | トップページ | アビスパ福岡2007年度決算と期待ハズレの役員人事 »