« 2007年12月9日、アビスパ・サポーターシンポジウム、動画リンク | トップページ | 岐阜戦、失点シーンメモ »

2008年4月14日 (月)

徳島戦、アビスパ失点シーンメモ

  グリ  大久保
久永       北斗
  久藤  タレイ
中島 ルダン 長野 山形
  GK吉田

控え:六反、布部、城後、田中、黒部

徳島
   阿部13 ドゥン10
片岡11          玉乃20
   米田8  六車20
藤田30 西河6 登尾31 麦田17
   GK島津
主審:北村央春

失点シーン
50分:アビスパ左サイドからのCK、玉乃→西河(ニア)のヘッド
後ろから入り込んできた西河は完璧なフリー。CKはゾーンではなく「マンツーマン」で守備をしていたアビスパだが、マンツーマンにもかかわらず「西河のマークに誰もついていない」という、非常に初歩的なミスで失点

52分:アビスパ左サイドから麦田(?)のクロス、ドゥンビアへ。ルダンがかぶり、山形はドゥンビアと重なる。(ドゥンビアへのマークが二人)その上を越えて、片岡が拾う。対応が遅れる山形。片岡は余裕を持って折り返しマイナスのクロス。中央のドゥンビアについていた長野がこける。クロスは玉乃へ。ただし中島はマークにつける状態だった。しかし中島、クロスにかぶり、フリーの玉乃が余裕を持ってコントロールしたヘッドを決める。山形のポジショニングミス(クロスの対応でルダンと二人重なってしまった)と中島のミス(ディフェンス面での弱さ)が出た失点だったと思う。特に中島、あれは触るか、もしできなければ体を玉乃につけて自由にヘディングさせないようにしないと。

67分:徳島GKからのロングキックが阿部へ。後ろからルダンが競るが、片岡へ落とされる。(その落としのパスに反応がやや遅れる城後)片岡からダイレクトでドゥンビアへ。アビスパは二人対応(山形と長野)。まず山形は軽くスピードで抜かれる。ドゥンビアの切り返しからのコースを狙ったゴール。これはドゥンビアの素晴らしいゴールだろう。

|

« 2007年12月9日、アビスパ・サポーターシンポジウム、動画リンク | トップページ | 岐阜戦、失点シーンメモ »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/40874806

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島戦、アビスパ失点シーンメモ:

« 2007年12月9日、アビスパ・サポーターシンポジウム、動画リンク | トップページ | 岐阜戦、失点シーンメモ »