« アビスパvs水戸、ある意味いいスタート。雑感 | トップページ | TBSに苦悩する佐藤大輔インタビュー(抜粋) »

2008年3月20日 (木)

仙台vsアビスパ、雑感

20080320第3節、仙台1-0アビスパ、主審:片山義継(途中交代、村上)

アビスパ

  黒部 大久保
久永       中払
   城後 タレイ
中島 長野 布部 北斗
  GK神山

  黒部 大久保
久永       田中
   北斗 タレイ
鈴木 長野 布部 山形
  GK神山

その後、長野をFWに上げる

仙台
  中島 中原
関口     リャン
  千葉 永井
田村 岡山 木谷 菅井
  GK林

・試合開始後、前からボールを奪いに来る仙台相手に、慌て気味のアビスパ
・前へくる迫力はあるが、やや変化に乏しい仙台
・PKの判定はおかしかった。双方引っ張っていたように見えたし、あの程度でPKを出してはいけないだろう。だが、シーズンを通して見れば、そういう判定もあるだろう。逆に貰うかもしれない。
・ロペス、萬代が抜けて仙台はスケールダウンした。いいチームだとは思うが...。だがリャンは相変わらず危険だった。
・タレイ&城後のボランチコンビだと、ディフェンス能力が弱いように見える。特に城後は、中払へのスルーパス以外は、あまり見せ場もなかった。そしてディフェンスには、やはり課題が残っているように思う。この日の仙台の10番とアビスパの10番には大きな差があった。久藤が出れない状況であれば、タレイの相棒は、北斗か布部の方が機能するだろう。
・黒部&大久保のFWが機能する条件。1:精度の高いクロスが数多く入れる。2:ポストプレーから中央に入り込む動きを多くする。この2つが重要だろう。精度の高いクロスを入れるためには、サイドでの連携が必要だが、その熟成は第2節に続いて「まだまだ」だった。中に入り込む動きは中払がやっていたが、久永とボランチの位置からは不足していた。特に久永の調子は良くなかったように思う。
・1点ビハインド状態での「放り込み」だが、これは去年同様、あまり可能性を感じなかった。長野を上げてからは、特にサイドで形を作ることも全くできなくなってしまった。個人的には城後の変わりに宮本を入れて布部をボランチに上げ、北斗の右サイドとボランチの位置からの布部の攻め上がりをやった方が可能性があったかもしれない。あとは鈴木は久永と変えて、中島&鈴木で左サイドの攻撃にかけた方が期待を持てたような気がする。

怪我人が多く、アビスパにとって厳しい状況だったのかもしれないが、J1に昇格するチームは、このような試合でも、しぶとく引き分けて勝ち点を稼いでいくことができるチームだろう。その点で非常に残念な試合だった。またリティの修正能力も、去年に引き続き「?」と疑問符がつく試合でもあった。さらに前シーズン、全く勝てなかった上位陣への苦手意識も払拭することができなかったいう意味でも、非常に痛い。
第1クール、アビスパは、かなりの我慢を強いられることになるだろう。

|

« アビスパvs水戸、ある意味いいスタート。雑感 | トップページ | TBSに苦悩する佐藤大輔インタビュー(抜粋) »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/40572321

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台vsアビスパ、雑感:

« アビスパvs水戸、ある意味いいスタート。雑感 | トップページ | TBSに苦悩する佐藤大輔インタビュー(抜粋) »