« 甲府vsアビスパ、雑感(メモ) | トップページ | 「J's GOALの審判批判コメント削除の件」リンクについて  »

2008年3月30日 (日)

アビスパ 2-0 愛媛、雑感(メモ)

20080330J2第5節

アビスパ
  大久保 グリフィス
久永         田中
  久藤  タレイ
中島 長野 ルダン  山形
   GK吉田
控え:神山、布部、北斗、城後、黒部

主審:山西博文

・前半、スリッピーなピッチで、立ち上がりリズムに乗れないアビスパ
・(解説:岡中)2列目のコンビ(久藤&タレイ)が並んでいる。守備では、並んでいるのは安定してていいが、攻撃の場合、2列目から誰かからんでこないとFW二人だけでは難しい。
・大久保、ポストプレー、ヘッドの高さ、いずれも安定感があって良かった
・前半30分過ぎから、アビスパのリズムに変わっていく
・1点目の得点シーン。愛媛のディフェンス(セットプレー)は基本的にニアに来た高いボールは若林(愛媛FW、188cm)がはね返すことであったが、1点目の場面では、ルダンが若林とつぶれた(若林がかぶった)ため、愛媛DFが反応できず、大久保が押し込むことになった。大久保のコメントによると練習通りのゴールだという。大久保(黒部)、ルダン、長野の高さとFKからの中島のボールの精度の高さは、アビスパの得点力を高めてくれるだろう。
・両FW、MF、共にハードワークで組織的な守備ができた試合。高い位置でボールを奪えて久藤、タレイが高速展開できれば、かなりの確立でチャンスは生まれてくるだろう
・久藤&タレイのボランチコンビは、かなり機能していた
・ルダン&長野のCBコンビは高さ、強さとも申し分なし。あとはルダンがスピードのあるFWに対しての対応を見てみたいが、今日ぐらいの中盤のディフェンスできれば、そうチャンスは作られないだろう
・2点目は久藤のインターセプトからグリフィスへのスルーパス、それを冷静に決めたグリフィス。ケガ明けで、ややスピード&キレが欠けていた(開幕戦に比べて)が、献身的な守備とゴール前の冷静さでチームに貢献したと思う
・ 北斗「ボランチ、サイドバックの目で試合を見ておきます」、リティの起用は右サイドの位置。今日も少しビックリしたかもしれない(苦笑)。北斗のエンジンがかかってくるのは、やはり5月ぐらいだろうなあ。
・個人能力で上回るアビスパが、攻守の切り替え、連動した守備と攻撃で愛媛を上回った試合。非常に安定した試合運びで、ここまで安心して見ていた試合は、去年の第一クールの湘南戦以来だろうか。ただし、これがアビスパのサッカーが機能してきたのか、それとも今日の愛媛が悪すぎたのかは、まだ結論を出すのは早いような気もする。

|

« 甲府vsアビスパ、雑感(メモ) | トップページ | 「J's GOALの審判批判コメント削除の件」リンクについて  »

アビスパ関連2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/40698348

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 2-0 愛媛、雑感(メモ):

« 甲府vsアビスパ、雑感(メモ) | トップページ | 「J's GOALの審判批判コメント削除の件」リンクについて  »