« TBSに苦悩する佐藤大輔インタビュー(抜粋) | トップページ | 甲府vsアビスパ、雑感(メモ) »

2008年3月24日 (月)

横浜FCvs鳥栖、雑感(メモ)

20080323J2第4節

横浜FC 0-0 鳥栖、

横浜FC
   御給16 アンジー9
滝澤13          山田32
   根占24  エリゼウ5
三浦淳17 吉本7 八田3 中田8
   GK小山1

鳥栖
      金9 谷口31
野崎18               清水24
   衛藤8 高橋10
高地6 加藤3 柴小屋2 日高13
   GK赤星
審判:小川直仁

雑感(メモ)
・バックスタンド上方にて観戦。天気もいいし、やはり三ツ沢は見やすくていい。でも客は少ない
・スタジアムグルメは良くないということなので、横浜駅でメシを買っていく。バス停近くにファミマがあるのでそこで買っても人いいだろう。あまり種類はないが、鉄板で焼いてた焼きそばはうまそうだった。やはり焼きそばは「焼きたて」を食べないと。さいたまスタジアムの中のように「冷えた焼きそば」を売るのは詐欺だと思う。
・実際に見ても清水は黒い(笑)。アンジーよりは黒くないが、エリゼウと同じぐらい黒く見える。
・開始早々の野崎の突破からのクロスは、非常に惜しかった
・コーチングの声は、横浜よりも鳥栖の方がよく聞こえる。岸野監督の鍛錬のたまものだろう。
・選手個々の力と経験の「和」自体は、横浜FCが上だろう。だが鳥栖は、攻守にわたって良く走ってカバーして戦っていた。横浜FCはDFラインと、中盤では根占&ブラジル人&山田で守備ブロックを作るような感じだろうか。このシステムだと山田の柔軟な動きで、攻守の切り替えを形作るような感じにしたいのだろうが、あまり攻撃の形ができてない。滝澤&三浦淳の左サイドが強力だと思うが、あまり連動性のある攻めはできていなかった。まず守備組織の構築から始めて、それから攻撃へ。その攻撃の部分は、まだ手がついてないように感じる。また経験のある選手も多い。この辺、今シーズンのアビスパと似たようなチーム作りをしてるように思う。
・小川主審の今日の笛は、やや神経質だった。
・高地の飛び出しが、チャンスを生み出していた。
・カズは、怪我明けということもあったのだろうが、あまり効果的な動きはできていなかった
・鳥栖の両サイドハーフ、清水&野崎は、非常に攻守に勤勉だ。しかし、自分で決定的な仕事をしてしまえる訳ではない
・横浜FCが堅いサッカーをしてきたこともあるが、鳥栖はこの試合得点を取ることはできなかった。守備は非常に堅いが、下位相手にも点を取ることに関しては苦労するかもしれない。基本的には連動した動きで敵ゴール近くでフリーの選手を作りだすことで点を取ろうとしてるのだろうが。急にリズムを変えて、得点までの道を見つけ、最後の仕上げをしてしまう選手に欠けている。両刃の剣であったようだが、やはりユンジョンファンとの契約がまとまらなかったのは、後で響いてくるような気がしている。あとは、下位相手でも得点がなかなか取れない場合、試合を早い時間で終わらせることができず、シーズンが経つにつれ、疲労がより蓄積されていくだろう。コンディションが悪い時に、どう誤魔化して勝ち点を拾っていくのか、その点で、ベテランの「経験」をごっそり切ってしまったのが、影響してくるような気もしている。
・三ツ沢の桜は、まだ咲き始めで、見頃にはほど遠かった。その桜と同様に、横浜FCも、まだまだ熟成にはほど遠い。そんな試合だった。だが、まだシーズンは始まったばかりで、彼らも昇格争いには絡んでくるだろう。
・鳥栖は去年からの熟成が進んでいる。それだけに、この段階の相手に関しては勝ち点3を取っておきたかったところだろう。鳥栖が昇格するためには、藤田&金で50点ほど取る必要がありそうだ。そのために高橋が攻撃面で覚醒するかどうかが、鍵になるような気がする。(もしくはサイドプレーヤーの誰かの覚醒でもいいのだが)

|

« TBSに苦悩する佐藤大輔インタビュー(抜粋) | トップページ | 甲府vsアビスパ、雑感(メモ) »

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/40625643

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvs鳥栖、雑感(メモ):

« TBSに苦悩する佐藤大輔インタビュー(抜粋) | トップページ | 甲府vsアビスパ、雑感(メモ) »