« リングとオクタゴンの違いがもたらすもの | トップページ | 総合格闘技のいろんな階級分け »

2008年1月20日 (日)

「淀川にNO!を」、ジェフ千葉・淀川隆博社長についてまとめたサイト

今年、一番の「草刈り場」となってしまったジェフ千葉。その最大の原因が淀川隆博社長だ。多くのジェフサポからは「ドブ川」と呼ばれている。その淀川社長を批判するサイトが「淀川にNoを!」というサイト。
http://www30.atwiki.jp/no_yodogawa/

彼と都筑興(アビスパ福岡・現社長)はよく似ているような気がする(苦笑)
都筑社長が、さらなる迷走を続けた場合、このようなサイトを作って対抗していく方法も十分に検討する必要があるだろう。

http://blog.livedoor.jp/shuhey1973/archives/51007919.html

>サポはクラブのトップを選べない。民意は反映されない。
非民主主義である。我関せずな場所で決まった1人のダメ社長が、
クラブがそれまでに培った有形無形の財産をあっさりと無に帰せしめることも可能なのである。

現在のほとんどのJクラブにとって、トップに無能で有害な社長が就任することはサポーターにとっては「天災」である。サポはクラブのトップを選べない。(日本サッカー協会の会長も選べない。)。天災が起きれば、ほとんどの人はそこから復旧しようとするだろう。また台風などであれば事前に準備をすることもできる。理論的には、日本という国が、迷走を続けるならば、政権担当の自民党は選挙で敗れ、そして総理大臣も交代させることができる。だがJクラブでは、サポはトップを選べない。多くのサポが都筑社長を、「九州電力で出世できなかった無能で有害な人物だ」と理解した後も、その人物が社長としてトップに君臨し続けるのを妨げることなどできない。

FCバルセロナでは違う。選挙によって会長は選ばれる。サポの民意は、ある程度反映されると言っていいだろう。
もし資金力のないJクラブがこの先50年、100年と継続していくためには、トップを交代させることのできる制度を必ず作っておかなければいけないだろう。(その内、ローマ帝国時代の無能な皇帝のように暗殺される社長が出てくるのではないかと思う)

そこまで行かなくても、やれることはいっぱいあるように思う。
参考になるのは片野道郎氏の「フィレンツェvsチェッキ・ゴーリ」だろう。
http://www.tifosissimo.8m.com/columns/121fivscg1.html
http://www.tifosissimo.8m.com/columns/122fivscg2.html
チェッキ・ゴーリが去った後のフィオレンティーナhttp://tifosissimo.8m.com/blog/B1848614205/C1679742675/E20070914165114/index.html

>週も半ばになると、サポーターの動向も具体的に明らかになってくる。それぞれフィエーゾレ、フェロヴィーエと呼ばれるふたつのクルヴァ(ゴール裏)を占めるウルトラス(独立系グループ)の連合組織であるAtf、そして世界に320を数える公認ファンクラブの連絡会議であるチェントロ・ディ・コルディナメントが、何度か話し合いを重ねた末に出した結論は、チェッキ・ゴーリをフィオレンティーナから追い出すまで、暴力以外のあらゆる手段を使って戦い抜く、という全面戦争路線だった。フィレンツェはチェッキ・ゴーリを見放したのだ。
>ファンクラブの連絡会議であるチェントロ・ディ・コルディナメントも、「今日からチェッキ・ゴーリは私たちの会長ではない」という宣言と共に、本格的な抗議行動を打ち出した。その柱は、チェッキ・ゴーリに会長辞任を勧告する署名運動。連絡会議の事務所があるアルテミオ・フランキ・スタジアムの一角を初め、市内各地に署名簿を設置し、3万人(全市民の7.5%に相当する)の署名を集めて、市長に提出するというものだ。もちろんこれには、Atfも全面協力することになる。
>「サポーター」は、フィレンツェという「都市」とほとんど同義であり、「クラブ」は彼らにとって共有の財産であること、そして経営陣は、単にその財産を一時的に預かって運営するだけの存在に過ぎないということだ。経営者は変わってもクラブは残る。そしてそのクラブを支える都市も常にそこにある。選手も監督も変わり、経営者も変わる中で、変わらず残るのはクラブと都市だけだ。フィオレンティーナのサポーターにとって「ヴィオラ」(紫色)がこれほど重い意味を持つのは、まさにそれゆえである。
>「フィレンツェという都市の規模、そして場合によってはその限界に見合ったプログラムであっても受け入れる用意はある」というウルトラスの意志表示は非常に興味深い。
例えばウラワがレッズからミツビシを追い出そうと、市民挙げての非暴力長期闘争を展開し勝利するようになるまでには、まだあと一世代くらいはかかるのだろうか。

|

« リングとオクタゴンの違いがもたらすもの | トップページ | 総合格闘技のいろんな階級分け »

サッカー関連番組&ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/17757316

この記事へのトラックバック一覧です: 「淀川にNO!を」、ジェフ千葉・淀川隆博社長についてまとめたサイト:

« リングとオクタゴンの違いがもたらすもの | トップページ | 総合格闘技のいろんな階級分け »