« 九州電力はアビスパ福岡を潰したいようだ。小林伸二解任について | トップページ | シュワーボ、オスタニ! »

2007年11月15日 (木)

九州電力はアビスパ福岡に捨てた「放射性廃棄物」(注)を早急に回収するべきだ


*ここで書く「放射性廃棄物」はもちろん「都筑社長」のことです。

ちなみに放射性廃棄物のWIKI
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9

昨日のエントリーで「九電社員」と名乗られる方より、文章は丁寧なコメントをいただいた
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/11/post_49e0.html#comments
大意は「転籍してもう九電本社とは関係ないから、人事には関与できない」ということのようだ。

都筑氏の経歴を見ると早稲田を卒業し九州電力には幹部候補生と入社したが、結局、九電本社では営業所長止まりで、あまり出世できなかったことが伺える。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/11/post_94a1.html
(出世できなかった理由は不明だが、アビスパでの仕事ぶりを見るとおそらく九電内でも無能だったのだろう。「人を見る目」や「物事の本質の理解力」には相当の問題がある。さらに経営面でもアビスパの置かれている経済状態を把握していない。だから九電本社は出資している会社に「転籍」という形で捨てたのだろう。

*日豪ウラン資源開発kk 80年設立、ほぼ同時に10%出資のERA設立
関電50、九電25、四電15、伊藤忠10%出資、3社で年間1000stU3O8ERAから電力にウランを購入する時の「見かけ上の在庫を減らす」「在庫保有」のペーパーカンパニー役員122 名で8700万円、平均730万円。従業員8名国際資源開発kk 東電、関電、中電、アラビア石油、丸紅など出資、役員7名、従業員1名。今年7月会社解散決議。(2002年)
http://www.441-h.com/energy/touden.htm
*株式会社キューヘン、九電と(株)ダイヘンとの共同出資
http://www.kyuhen.co.jp/company/history.htm
関連会社や子会社で役員となり、そして3つ目がアビスパで、そこで初めて社長になった。
ここで疑問が沸いてくる。「人事には関与できない」と言っているが、行く先々は九電の関連会社ばかり。どうみても九電人事部がからんでいるようにしか思えないのだ。まあ、大企業の社員には「子会社の役員へ転籍」というのは、よくあるコースではあるのだが。

話が大幅にそれた。

もちろんこういう経緯で来た人でも有能でアビスパに愛情を持っている方であれば、そんなに問題はない。(福岡市役所から来ていた池下元専務はそのようだ)
だが、都筑氏は無能であった。能力がないなら、有能な側近にある程度まかせればいいのに、首を突っ込み、アビスパにとって悪い方向に改悪、暴走していく。彼はアビスパにとっては「放射性廃棄物」にであったのだ。「放射性廃棄物」によって、アビスパは被爆し病気が発症し、ついには死に至るだろう。今、早急にやらなければならないことは、九州電力によってアビスパに捨てられた「放射性廃棄物」を手遅れになる前に、取り除くことだろう。

もちろん九州電力は玄海や川内の原発から発生する放射性廃棄物は、きっちり処理されていることだろう。それと同じようにアビスパに捨てた人型「放射性廃棄物」も迅速に回収し、処理して欲しい。また九電には、その責任があるはずだ。被爆して重症になってからは遅すぎるのだ。

|

« 九州電力はアビスパ福岡を潰したいようだ。小林伸二解任について | トップページ | シュワーボ、オスタニ! »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/17079493

この記事へのトラックバック一覧です: 九州電力はアビスパ福岡に捨てた「放射性廃棄物」(注)を早急に回収するべきだ:

« 九州電力はアビスパ福岡を潰したいようだ。小林伸二解任について | トップページ | シュワーボ、オスタニ! »