« 川崎F、ベストメンバー問題について | トップページ | 続・川崎F、ベストメンバー問題リンク(追加2つ) »

2007年10月 7日 (日)

番狂わせが2試合続いたラグビーW杯

ラグビーW杯準々決勝、オーストラリアvsイングランド、ニュージーランドvsフランスを観戦。(なお、ラグビーを真剣に見るのは4年前のW杯以来で、今大会のグループリーグは日本戦のみ観戦。ラグビー観戦者にとっては少なからずポイントがずれてるかもしれません)

オーストラリアの非常に多かった細かいミスとイングランドのFWの大健闘が、番狂わせを起こす。Jウィルキンソン(イングランドのSO)は4年前の絶対的な輝きはなかったが、それでもイングランドが勝てたのは、この試合のオーストラリアがいかに出来が悪かったかを象徴してるようだ。4年前にも思ったが、それにしてイングランドのラグビーはおもしろくない。(やはり早い球出しから展開してバックスでトライを狙いに行くラグビーが好みなのだ。FW戦中心で、ペナルティからPGを狙って得点を重ねるラグビーが嫌いなのもあるが...)

ニュージーランドvsフランスは、オーストラリアの試合に比べると、はるかにおもしろい試合となった。(前評判では「決勝のカード」と予想されてたようだ)
ドメネク(サッカー・仏代表監督)が試合前のコメントで「この試合は、2006年のW杯でのブラジル戦と似ている。ラグビーの代表にもそれができるはずだ」という感じのことを言っていたようだが、試合は、まさにその通りになった。
FWの集散とキープ力はNZが上だった。前半だけ見れば、力関係通りにNZが順当に勝つかと思われたが、シンビンでの10分間でフランスがトライを取れたこと、NZのバックスに負傷者が二人出て広い展開からの攻めと的確な判断ができなかったこと(控えの選手には経験が欠けていたようだ。そのことがFWのサイド攻撃に固執させたのかもしれない)、さらに同点のトライのスローフォワードを審判が取らなかったこと、さらに最も大きいのがフランスFWがNZのFWによる連続攻撃を我慢強く反則を犯さずディフェンスしたことが、この番狂わせを引き起こしたように思う。ラグビーにおける「ディテールの違い」が、勝敗を決した試合のように思う。
NZは2006年のブラジルと同様、優勝するには何かが欠けていたのだろう。
ただしフランスも、昔の煌めくような「シャンパン・ラグビー」を見せることはなかった。
サッカーでもW杯を制した代表には煌めきはなかったが、ディフェンスの強固さはあった。この2試合を見る限り、イングランドとの準決勝はおもしろい試合にはならないだろうが、ホームでやる分、やはりフランス有利なのだろうなあ。
(ラグビー日本代表は、これらの強豪国相手にはディテールの勝負に持ち込むには、やはりかなりの距離があるとしか言いようがない。サッカーの日本代表もかなり距離があるが、ラグビーの代表の場合は、絶望的な距離のような気がする。グループリーグは日本戦しか見てないが、サッカーと同様、強豪国にとってはW杯は決勝Tに入ってからが、あくまで本番なんだなということを再実感した2試合だった)

それにしてもNZ国民とオージーたちには、かなりショッキングな結末で、今頃、この2カ国はお通夜みたいになっているだろう。(オーストラリアのフットボール界はアジアカップに引き続いてのショックだろうなあ。逆にマルセイユのイングランド人とフランス国内は大盛り上がりだろうが...)

|

« 川崎F、ベストメンバー問題について | トップページ | 続・川崎F、ベストメンバー問題リンク(追加2つ) »

日記・つぶやき・その他 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/16683983

この記事へのトラックバック一覧です: 番狂わせが2試合続いたラグビーW杯:

« 川崎F、ベストメンバー問題について | トップページ | 続・川崎F、ベストメンバー問題リンク(追加2つ) »