« 守備的にバランスを変えることができないリティ&クルーク | トップページ | 劣化の激しい岡田正義主審 »

2007年8月31日 (金)

再び迷宮に入ったリティ

アビスパ0-1湘南

    リンコン
久永   アレ   田中
     久藤  宮崎
       布部
柳楽  亨  弟
   GK神山

控え: GK六反、 長野、川島、恭平、モンゴル長谷川

湘南
   原  マルケス
加藤         アジエル
    坂本  北島
尾亦、斉藤 ジャーン 山口
   GK金

主審:岡田正義

リティの対湘南戦のポイントはアジエル対策だったようだ。前半は久藤がアジエルをケア、次に柳楽、最後に川島が、マークする形となる。

第2クールの連敗も京都戦で2点差をひっくり返されてから始まったが、どうやら、この前の京都戦での敗戦は、またも連敗スィッチを押してしまったのかもしれない。前回も書いたが、
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/08/post_224f.html
リティは、守備的にバランスを変える時の修正がうまくない。修正しようとすればするほど、さらに機能しなくなっていく。
その最大の原因は、バランスを変えたにもかかわらず同じ選手たちだけでやろうとすることだ。ヨハン・クライフは「選手が活躍できないのは、その選手に力がないか、適切なポジションで使われてないか、そのどちらかが理由だ」と言っていた。最大の間違いは布部(布部の適切なポジションは第2ボランチ~FWでの起用だろう)のCB起用だろう。(宮本の左CBも危なっかしかったが)この試合では、久藤をアジエルのマンマークに起用することで、久藤は消耗し、その最大の武器である「パス出し&飛び出し」の能力が消えてしまった。(この試合の湘南は確かに強固な守備ブロックだったが、崩せなかったのは久藤が機能していなかったということも大きいように思う)。もちろん育成段階において違うポジションを経験させることは重要だろう。だが、布部や久藤のような非常に経験のある選手に苦手な役割をやらせる必要はない。マンマークならば柳楽の方が向いてるだろうし、CBなら布部より長野か川島の方がいいだろう。奥寺康彦はドイツのプロクラブの印象を「各選手の長所だけをつなげていく感じであり、苦手で失敗しそうなことはやらない」と書いていたが、リティを見る限り、奥寺康彦の分析は間違っていたのだろう。
リティは早い段階で選手を見切り、完璧にレギュラーとサブに分けてしまった。彼の中では強固な序列があり、現在、使われている選手は、リティの信頼順に出しているかのようだ。バランスを変える場合には選手を変えるのが普通だが、今のリティには、その当然のこともできてないのだ。そのことがチームのバランスを崩してしまう。その選手の長所を発揮させて組み合わせるシステムではなく、短所も組み合わせてシステムを組むため、チームが機能しなくなる。このシーズン、それを繰り返してきた。(リティの選手起用は、ある意味、ジーコに似ているのだ。リティは目の前の勝利しか見ていない。監督としては当然でもあるが、サブやサテライトの活性化、チーム内での競争がないところでは、長いJ2を勝ち抜くことはできないだろう)
カミカゼシステムは、下位チームには非常に有効だったが、研究された後の上位チームには通用しなくなってしまった。バランス的には、このメンバーでは、やはり開幕からの前線から積極的にボールを奪いに行く4-2-3-1が良かったのだろう。だが、開幕時のリティには攻撃の構築しか頭になく、攻撃面ではあまり機能しないホベルトの重要性を理解できず切ってしまった。おそらく、ボランチの位置で高い守備能力を持つ選手の不在が、アビスパのここまでの迷走の一番大きな原因だろう。上位チームに全く勝てない最大の原因でもある。
リティの迷走は、ホベルトを切った時から運命づけられていた。そしてベストバランスを求めてシステムを修正していくが、その答えは、とうとう見つからないだろう。ホベルト&金古&古賀誠史、昇格するために必要な材料は、揃っていた。だがリティは自ら、それを手放してしまったのだ。
リティは第2クールと同じようにこれから迷宮に入るだろう。彼が、ここから修正する術を持っているかどうかは分からない。個人的には第4クールで久藤が次に累積4枚たまり3試合欠場するときに、アビスパのシーズンは終わるような気がしている。

|

« 守備的にバランスを変えることができないリティ&クルーク | トップページ | 劣化の激しい岡田正義主審 »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/16301831

この記事へのトラックバック一覧です: 再び迷宮に入ったリティ :

« 守備的にバランスを変えることができないリティ&クルーク | トップページ | 劣化の激しい岡田正義主審 »