« 吉田ジャパン、冒険の終わり | トップページ | 仙台戦後に座り込みがあったようだ »

2007年7月14日 (土)

J2、第2クール終了時点での順位

J2第2クール終了時点での順位表(上位9チームのみ)
おそらくこの9チームにしか今年のJ1昇格の可能性はない。

         勝点、得点、失点、得失点差
1:札幌、51,33,16,+17
2:京都、45、43,28、+15
3:仙台、44、44、28、+16
4:福岡、40,40、26、+14
5:東V、39、39,33、+6
6:湘南、36,38,28,+10
7:鳥栖、36,29,37、-8
8:山形、34、28,25、+3
9:C大、31、28,27,+1

第一クールでは
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/05/j2_b111.html

ちなみに第2クールのみでの順位表(上位9チームのみの比較)
          勝点、得点、失点、得失点差
1:札幌、27、18、8、 +10
2:東V、26,19,8、 +11
3:京都、25、27,16、+11
4:鳥栖、25,16,11,+5
5:仙台、21,18,14,+4
6:湘南、18,23,16,+7
7:C大、16,14,13,+1
8:福岡、16,17,17、0
9:山形、10,8、 15,-7

これから見ると、第一クールの上位2チーム(福岡、山形)が、いかに第2クールでブレーキをかけてしまったかが分かる。またセレッソも監督交代というカンフル剤を打ったが、効果は出てない。札幌と京都と仙台は順調に勝ち星を伸ばしたと言えるだろう。また第2クールで巻き返したのが、東京Vと鳥栖だった。東京Vは監督留任が裏目に出ると想像していたのだが、中盤に菅原を入れて現実主義を取った結果、上昇へのきっかけを掴んだようだ。
アビスパは現時点では、2位狙いが妥当だろう。あれだけ負けていて2位と勝点5しかついてないというのは、ある意味、幸運だと思う。今年のJ2はダンゴ状態で最後まで5,6チームに可能性があるような感じになるのかもしれない。ただし、昇格のためには、アビスパの課題はかなり多いのだが、一つ一つつぶしていくしかないのだろうなあ..。

|

« 吉田ジャパン、冒険の終わり | トップページ | 仙台戦後に座り込みがあったようだ »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15762151

この記事へのトラックバック一覧です: J2、第2クール終了時点での順位:

« 吉田ジャパン、冒険の終わり | トップページ | 仙台戦後に座り込みがあったようだ »