« ヴェルディ戦、カミカゼシステムで2連勝 | トップページ | 紙のプロレス113号での傲慢なダナ・ホワイト »

2007年7月30日 (月)

アジアカップを終えて、選手入れ替えのススメ

現在、個人的にはオシム支持派だが、修正点が出てきたように思う。ただ他のサイトでもゲーム運びやいろんな修正点が述べられてるので、それは他にまかせるようにします。

ここでは選手の評価や入れ替え案について述べてみたい

鈴木啓太: 個人的にはいい選手だと思うが、あのポジションでは今野か稲本(フランクフルトでレギュラーを取ることが必要だが)が上だろう。(サウジ戦は疲労と怪我の影響も考慮しないといけないが)アジア最終予選やW杯レベルでは、他国と比べてパスの精度が見劣りするだろう。またそのレベルではボール奪取能力もあまり発揮できないような気がする。

阿部勇樹:CBとしては限界が見えた大会だった。阿部や今野をCBとして使っていたのは、彼らのフィード能力やゲームを組み立てる能力を生かしたかったからだと思うが、この大会では、阿部はCBとしての経験不足を露呈したように思う。レッズにてCBのレギュラーとして経験を積んでいくというなら話は別だが、いずれにせよ、阿部をA代表活動期間中だけCBに使っていくのは非常に危険だ。やはり闘莉王の不在が大きく影を落としたように思えてならない。

加地:この大会、最も精彩を欠いたうちの一人。怪我の影響もあったのだろうが、精彩を欠いていた。サイドバックは3人(加地、駒野、今野)で回していたが、今野は元々ボランチが適性だ。他にいろいろ選手を試すことが必要だろう。(個人的には田中隼磨、服部公太、根本裕一あたりを試してもらいたいのだが、なお現在、JはJ2中心に観戦してるので、調子を落としている選手も入ってます)

羽生:代表の中の役割としてはかつての森島寛晃が担っていた役割をやっていると思う。スペースメイキングや相手の嫌な所に飛び出す能力は優れているが、決定力やドリブル突破能力が国際舞台では力不足だ。ジョーカーとしては全盛期の森島にははるかに及ばない。この大会、彼にとっては非常につらい大会になった。非常に真面目なんだろうが、生真面目すぎて大舞台で活躍できるだけのハートがないのかもしれない。(PK戦の「蹴りたくなかった」発言を聞いて)もちろん、この経験を次に生かしてくる可能性もあるだろう。だが彼には、そんなに多くの時間は残されていない。

俊輔&遠藤&憲剛のユニット:パス回しだけでいけば、このユニットは素晴らしい能力を発揮する。だがエレガントさにバランスが片寄りすぎていたような気がする。日本のFWにビエリやワシントン(浦和)のような強引さを期待できない以上、この3人を並べるだけでなく、ドリブラーが必要だろう。理想は全盛期の森島か前園(オシムの好みは間違いなく森島だろうが)。この大会では水野(太田でも良かったが)に期待していたが、オシムの要求するレベルに達していなかったのだろうか...。オシムはかつて「松井大輔に期待する」とコメントしていたと思うが、その松井の2006-2007シーズンは渡仏後、最悪のシーズンだった。松井の調子が悪かったことも、この大会の誤算につながっているだろう。

巻:前線からの守備や汚れ役としては機能していた。だがFWとして最も期待される仕事は点を取ることだ。その点で、彼は力不足だ。現在、彼の最も効果的な使い方は強豪国相手のプレス要員(60分ぐらいまで走り回ってもらう)か逃げ切る場合のプレス要員でしかないように思う。

矢野:現時点では我那覇が上。選ばなかったのはドーピング(静脈注射)問題の影響だろうか?本人に全く非がなさそうだけに、もしその問題があったのならば、これもオシムには不運に働いたと思う。

山岸:Jリーグにはもっといい選手がいると思うのだが...。

あとはベンチのメンバーやスタメンのメンバーのおとなしさが気になったところだ。そういう点で、闘莉王と播戸の不在は予想以上に響いたように思う。

|

« ヴェルディ戦、カミカゼシステムで2連勝 | トップページ | 紙のプロレス113号での傲慢なダナ・ホワイト »

サッカー観戦記&コラム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15947079

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップを終えて、選手入れ替えのススメ:

« ヴェルディ戦、カミカゼシステムで2連勝 | トップページ | 紙のプロレス113号での傲慢なダナ・ホワイト »