« ネタバレ、日本vsコスタリカ、Wユース | トップページ | やはりローソンチケット独占販売では無理があったバルセロナツアー2007 »

2007年7月 6日 (金)

吉田ジャパンの戦略について

カナダで行われているWユース(どうもU-20W杯という呼び名がピンとこないのだ)だが、吉田ジャパンは、どうしても1位通過したいらしい。
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/f-sc-tp2-20070706-223168.html

いろんな条件を考察してみた。
F組を1位通過するとおそらく相手はE組2位でチェコ(アルゼンチン、北朝鮮の可能性もあるが、おそらくチェコ)。ちなみにF組の予選グループ最終戦は7/7。E組の方が7/6と1日余裕がある。ただしF組1位はビクトリア(カナダ西海岸)に居座りできるが、E組2位はモントリオール(もしくはオタワより、いずれもカナダ東部)より遠距離異動で一日つぶれるので、ほぼ同条件だろう。またE組は最終戦まで全部のチームに決勝T進出の可能性があるので、メンバーを落とすことはできない。ちなみに決勝T1回戦を抜けると移動距離の短いエドモントン(カナダ西部)に移動。さらに準決勝も異動なし。(決勝、3決はトロントへの遠距離異動になるが)。

ちなみにF組2位だと相手はB組2位で、スペインかウルグアイのどちらか(ただし最終戦まで、どのチーム(B組の他はザンビアとヨルダン)にも決勝T進出の可能性があるため、最終戦にメンバーを落とすことができない)になりそうだ。またF組とB組の予選グループ最終戦は双方同じ7/7。さらに決勝T1回戦は双方ともカナダ西海岸(ビクトリア、バーナビー)からオタワ(カナダ東部)への遠距離異動を強いられるが、ここも条件は同じだ。
ただし、オタワまで移動してしまえば、準々決勝(モントリオール)、準決勝(トロント)、決勝・3決(トロント)とカナダ東部の短い移動で済む。
(ちなみに日本がらみで見てみたが、そんなに不公平感が出ないようにうまくカレンダーを作っていると思う)

いろいろ見てみたが、日程面では特に1位通過によるメリット、2位通過によるデメリットはあまり感じられないような気もする。対戦相手で言えば、見てないので想像でしかないが、スペイン、ウルグアイよりもチェコの方が、確かに吉田ジャパンには相性が良いような気がする。

個人的には、疲労面も考えて、3戦目は控えメンバーを中心に据える方が得策であるような気がしている。ユーロ2000の時のフランスも2連勝で決勝T進出を決めた後、3戦目の地元オランダとの対戦ではメンバー落ちで臨み敗戦するも最終的には優勝した。トルシエのアジアカップでもグループリーグ最終戦はメンバーを大きく入れ替えたためグループリーグ3戦目は引き分けたが、これも最終的には優勝している。また最近ではドイツW杯で2連勝で決勝T進出を決めたブラジルがグループリーグ3戦目の日本戦ではやはりメンバーを大幅に入れ替えてきた。おそらく、長い大会では、レギュラー+3人の交代枠の14人では乗り切れないのだろう。
吉田監督が、どういう性格かは分からないが、「何か」を起こすためには、3戦目のメンバー選考での指揮官の決断がかなり重要な鍵になってくるような気がするのだ。

ちなみに明日の湘南vsアビスパ戦は仕事のため、スカパー!録画観戦になるでしょう。疲れ方次第では、日曜朝のU-20のナイジェリア戦後に見るようになるかもしれません。

|

« ネタバレ、日本vsコスタリカ、Wユース | トップページ | やはりローソンチケット独占販売では無理があったバルセロナツアー2007 »

サッカー関連番組&ニュース」カテゴリの記事

コメント

吉田さん、
今季博多の森に2度ほど来ていました。

一つ目はセレッソの選手の状態を見に、
もう一つは反町さんの佑昌チェックに同行して。

実は、
吉田さんには彼のチーム作りの点も含め少し期待しています。

ナイジェリア戦は、
上のカテゴリー(北京組)でも使える素材の福元、内田、梅崎の3人以外は控えの選手を組み込み、見事に結果(ナイジェリアにドロー!)を出しました。

決勝トーナメントを前に、
これでチーム内のモチベーションは否が応にも盛り上がったことと思います。

ナイジェリア戦後、ホテルでのディナーがどれだけ盛り上がったことか!(笑)


ドイツWCで惨敗したジーコジャパンの内幕を聞くまでもなく、チームが一致して高いモチベーションを保つことこそが監督の手腕だと思いますが。
トルシエを除いてこれまでのアンダー世代の監督たちが大きく欠いていた点を、彼は持ち合わせているように思います。

この大会である程度の結果を出し、
梅崎、福元、内田を引き連れて、できれば吉田さんには北京組も見て欲しいと私は思っています。

投稿: 曹汰 | 2007年7月 8日 (日) 17:46

こんにちは。

吉田監督は、アジアユースの時は、そこまで評価できないかなと思ってました。(開催前は、実を言うとあまり期待してなかったのです。直前のトゥーロンでもかなり波が激しかったようですし)今のチームの状況は非常にいいですね。トルシエが言うところの「グループとしてのダイナミズム」が出ていると思います。

あとはFWでしょうか。「何か」を起こすために、森島かマイクか青木、誰かが爆発してくれることを期待しています。

投稿: nettaro | 2007年7月10日 (火) 06:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15676426

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田ジャパンの戦略について:

« ネタバレ、日本vsコスタリカ、Wユース | トップページ | やはりローソンチケット独占販売では無理があったバルセロナツアー2007 »