« ニコライ・フォルクアーツの言葉 | トップページ | 続・日本vsサウジ、払わされた代償 »

2007年7月25日 (水)

日本vsサウジ、払わされた代償

アジアカップでの日本の冒険は終わった。前回のオーストラリア戦でのエントリーで「将来のアジアカップで大きな代償を払うだろう」と書いたが、
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/07/post_59bf.html
将来ではなく、この大会できっちり代償を払うことになったように思う。(個人的には準決勝のカードと日程を見て、決勝には進めるような気がしていたのだ)中立地で10回やった場合、日本対サウジの力関係は、おそらく日本の5勝3敗2分ぐらいだろう。だが常に先行される展開で2度は追いついたが3度目は追い付けなかった。

このサウジ戦、勝負を分けたのは、いろいろな原因がある。
・日程的に有利なはずの日本選手の方に疲労が目立ったこと。
ここでグループリーグ初戦のカタールに引き分けたことが響いたように思う。2戦目で決勝T進出を決めていれば、3戦目はいくらかの選手を休ませることができただろう。初戦をもっときっちり準備した状態で臨み勝ち点3を取ることが必要だった。
・トゥーリオと播戸、我那覇を欠いたこと。(CBとしては阿部よりもトゥーリオが上だろう。あとは矢野はまだA代表レベルには達してない)
・この大会目立っていたセットプレー時の集中力切れからの失点。入り方のまずさなどを、サウジに3度も得点に結びつけられたこと。(このアジアカップ全体での傾向だった。おそらく全体的に経験が少し欠けていた)
・攻撃におけるドリブラーの軽視(結果論だが、羽生より水野か太田の方が効果があっただろう。ファウルをもらう数も多くなりセットプレーのチャンスも増えたような気がする)。この辺はオシムの好みなのだろうが、人とボールが動くパスサッカーが、この酷暑の東南アジアでの試合では非常に相性が悪かった。
・アジアとヨーロッパとの気候、湿度、ピッチ状態の違いがサッカーに及ぼすものに対して、さすがのオシムも少しうとい面があったこと

ベスト4に残った国の中で、最もチャンピオンにふさわしい内容のサッカーを展開していたのは、日本だったと思う。もちろんオシムも選手達も全力でアジアカップを獲りにいった。しかし獲ることはできなかった。原因はいろいろある。だが、恐らく最も大きな原因は「Jリーグを含む日本サッカー界は、今回のアジアカップでは、本気ではなかった」ということだと思う。その傲慢な姿勢をサッカーの神様は嫌ったに違いない。

韓国との3位決定戦、オシムは「選手を入れ替えることを考えている」とコメントしたが、アジアカップのシード権の関係(シードされれば2010年南アフリカ大会前の貴重な時期に、アジアカップ予選を戦わずに有効なテストマッチが組める)もあり、どうするかは分からない。韓国は、この大会良くはないが、日本戦だけは目の色を変えて臨んでくるだろう。このアジアカップのスタメンにも積ませたい経験だが、控えメンバーに韓国との試合を経験させることも重要だろう。
ともあれアジアカップでの日本の冒険は終わった。その不十分な準備にふさわしい代償を払って終わった。Jリーグと代表強化、この2つの利益調整を、どううまくバランスを取って行っていくか。日本におけるJリーグの位置・露出はそれほど高くない。代表は遠心力を持ちJリーグは求心力を持つ。代表が強く魅力があれば、そこからJリーグの、どこかのクラブのサポへとくる人々の数も多くなるだろう。ヨーロッパのサッカー先進国と違い、代表の実力低下は、各クラブのサポへの入り口を小さくし、将来的にはJリーグ全体の利益を損なうだろう。もちろんクラブの経営は非常に大事だ。だが今回のようにJリーグの利益を必要以上に優先しすぎると、その何年か後に、確実に代償を払わされるだろう。

この大会、オシムジャパンは正しい方向には進んでいることを示してくれたように思う。(もちろんいくつか課題はある)だが日本サッカー界が、本当に正しい方向、バランスを取って向かっているかは非常に疑問が残った。サウジ戦の敗戦は、その警鐘であったような気がしてならないのだ。

ちなみに草津対アビスパも、かなりの衝撃があったのだが、明日も仕事なので、この辺で寝ます。(次のヴェルディ戦前には書きたいと思います)

|

« ニコライ・フォルクアーツの言葉 | トップページ | 続・日本vsサウジ、払わされた代償 »

サッカー観戦記&コラム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15902922

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsサウジ、払わされた代償:

« ニコライ・フォルクアーツの言葉 | トップページ | 続・日本vsサウジ、払わされた代償 »