« スカパー!の下手な電話アンケート | トップページ | 谷川貞治のインタビュー、アスレチックコミッション&アメリカの問題点を抜粋 »

2007年7月 3日 (火)

続・スカパー!の下手な電話アンケート

「スカパー! 電話アンケート」でグーグル検索してみた。
http://olnge.269g.net/article/4467705.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kiironisomatta/diary/200706100000/#comment
http://blog.livedoor.jp/imas69/archives/50536023.html

他の方のブログを3つほど見てみたが、どうやら「スカパー!からの電話」で間違いはないようだ。ただ、内容は単に「好きなチーム&性別&視聴者の年代」を聞くためだけに電話してる模様。(またスカパー!公式HPの「MYスカパー!」にログイン後の画面の下の方に、アンケート実施が告知されているのを発見、とりあえず、アンケートに答える)

思うに、この程度のアンケートならば、今の時代、メールでアンケートをするだけで十分に済む話だろう。だが、スカパー!の場合、視聴者のチューナーにスカパー!からの「お知らせメール」が来るだけで、視聴者の方からは送信することができない。(それにチューナーのメールは、ほとんど見ない)

この「チューナーメール」の仕組みからは(web2.0の時代になりつつあるというのに)
http://www.sophia-it.com/category/web2.0.jsp
スカパー!のサービス意識が、従来の「web」の考え方から全く進化していないように思うのだ。(まあスカパー!の場合、web2.0まで進化することが必ずしもいいとは限らないような気もするが..)

横道にそれそうになった。とりあえず、今回のアンケートであれば「MYスカパー!」登録時にでも、メールアドレスを登録させ、それと視聴契約情報を元に「アンケートのお願い」メールを送れば、こんな電話などしなくてもいいだろう。(この無駄な電話代をできれば視聴料金に還元して欲しいのだが)
さらにせっかく電話するのだったら、視聴者の持つ「不満な点」などを聞いてサービス向上に役立てたらいいと思うのだ。長い文章を書かない人でも、うまく会話すれば、そういう情報を引き出すこともできるだろう。そこまでして初めてわざわざ電話する意味があるように思う。

今回のスカパー!の電話アンケートでは、スカパー!という会社の「サービス向上に関しての意識」というものをかいま見ることができたように思う。この意識のままであれば、ネットでの動画配信がテクノロジーの進化により放送局レベルに達する時代にはスカパー!は生き残ることができないだろう。そういうことまで思わせる今回のスカパー!の下手な電話アンケートだった。

|

« スカパー!の下手な電話アンケート | トップページ | 谷川貞治のインタビュー、アスレチックコミッション&アメリカの問題点を抜粋 »

サッカー関連番組&ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15642230

この記事へのトラックバック一覧です: 続・スカパー!の下手な電話アンケート:

« スカパー!の下手な電話アンケート | トップページ | 谷川貞治のインタビュー、アスレチックコミッション&アメリカの問題点を抜粋 »