« 小倉智昭、ハッケン!!にて性懲りもなく「オシム解任」を主張 | トップページ | ヴェルディ戦、カミカゼシステムで2連勝 »

2007年7月28日 (土)

札幌1-1鳥栖、メモ

前半
・得点は、スカパー!のVTRでも、よくとらえ切れていなかったが、
単なるセットプレー時の引っ張り合いを主審がPKを取ってしまったもののように見えた。主審の村上伸次は接触プレーに関して敏感に反応しすぎる審判のようだ。リスタートの位置に拘り、流していい場面でも流さないなど、サッカーの面白さを殺すレフリングを展開。
・解説の野々村芳和の札幌よりの解説がうざすぎる。
・鳥栖は藤田&金の両FWにボールが十分収まり、チャンスをかなり作るものも、決定力が不足している。前半の札幌は、良い出来とは言えないが、前半風下ということもあり、スタミナ温存の試合運びをしてる可能性は十分あるだろう。

後半
・鳥栖が積極的に仕掛けていくが、風下になり、前半ほどのチャンスは作れず。
・PKは、審判:村上伸次が、帳尻合わせにとったようなPKだった。
・後半、札幌はギアを上げてくるかと想像していたが、なかなか上がらず。前節休みだった鳥栖と、中2日の札幌、この辺のフィジカルの差が出たようだ。
・鳥栖にとっては、この日の札幌であれば勝ち点3を取りたかったところだろう。札幌は、しぶとく守り、セットプレーに活路を見いだしたが、点には結び付けられず。だが勝ち点1をしぶとくもぎとった試合と判断していいだろう。
・両チームとも決定力がなかった。この試合、最も決定力があったのは、主審の村上伸次で間違いないところだ。

|

« 小倉智昭、ハッケン!!にて性懲りもなく「オシム解任」を主張 | トップページ | ヴェルディ戦、カミカゼシステムで2連勝 »

サッカー観戦記&コラム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15927957

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌1-1鳥栖、メモ:

« 小倉智昭、ハッケン!!にて性懲りもなく「オシム解任」を主張 | トップページ | ヴェルディ戦、カミカゼシステムで2連勝 »