« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

紙のプロレス113号での傲慢なダナ・ホワイト

紙のプロレス113号でUFC代表ダナ・ホワイトのインタビューがあった。傲慢さが鼻についたので抜粋をしてみたい。(聞き手:堀江ガンツ)

・私は日本のファンが好きだ。ずっと日本でイベントをやりたいと思っていてうずうずしている。
・(なぜPRIDEは開催されないのか?)PRIDEブランドは強力だ。しかし、まずはテレビ放送契約とスポンサー契約を結ばなくてはならない。それが決まればすぐにでもイベント開催に取りかかれるだろう。
・(PRIDEが続くのかどうかも分からない状態では、スポンサーがつくものもつかないじゃないですか?来年以降のプロモーションのためにも、いまこそイベントを開催すべきだと思うが?)我々は手堅いビジネスをやっている。PRIDEが日本で強いブランドを持っているのに赤字覚悟でやる必要はないだろう
・(UFCも当初は赤字だった。でも投資続けたからこそ、今日の成功に結びついたんじゃないですか?)確かにそうだ。しかしUFCとPRIDEは違う。当時のUFCはまったくブランドとして機能していなかった。しかし、可能性はあったから投資し続けたんだ。今のPRIDEは抜群のブランドを持っている。しかし、人気や知名度とは違う問題によって、テレビ放送が確保できない状態だ。それを打破するためには、投資ではなく違う方法をとる必要がある。
・(DSEは今年の4月まで、地上波復活を目指して大きなスポンサーや地上波放送なしで大会を続けていましたが、その方法については?)ファンにとっては良かったのだろうが、ビジネスとしては正しいとは思わない。私は損をするためにビジネスをやってるわけじゃない。私はテレ部とスポンサー無しで興行を続けてつぶれた会社を目の前で見ているんだ。PRIDEを今後どうしていくかについては、慎重に、そして現実を見てビジネスを進めていかなくてはならない。私はPRIDEが日本において最も強力なブランドであることは認める。でも、それならなぜテレビ局がどこも放送しないんだ?
・(その要因は一つではないと思うが、あなたはどう認識しているのか?)まったく分からないが悲しいことだ。なぜ、日本のテレビ局がPRIDEを放っておくのか、理解出来なくて混乱している。多くのテレビ局はMMAやどこかの団体と苦い経験があるんじゃないか?そしてなぜPRIDEにテレビがつかないのか、それは君たち(マスコミ)がテレビ局に取材して聞いてみるべきことだ。どうしてナンバー2ブランドであるHERO’Sを放送してナンバー1のPRIDEを放送しないのか。PRIDEのオーナーが代わったこのタイミングで、どうして私のところに日本のテレビ局が契約を求めにこないんだ?
・(逆にズッファから日本のテレビ局にアプローチはしなかったんですか?)君は分かっていない。PRIDEそしてUFCを再び放送網に載せることは私のやるべき仕事であることには間違いない。でも、日本でMMAがそんなに人気があって、みんなが観たいと思っているなら、なぜテレビ局はどこも放送しないんだ!日本以外の国では契約に飛びついてきているんだぞ。問題は我々にではなく、日本のテレビ局にあるとしか思えない。放送契約もない段階で、これから何が起こるか探ろうとするのはもうやめておけ。
・(PRIDEの新社長などの新しい陣営の発表すらないのはどうしてでしょう?)何度もいってるが、それはいずれも時間がくればなされるだろう。ただ言えることは、PRIDEのシチュエーションはWECの状況とほとんど同じということだよ、WECとUFCは経営母体が同じで、今では我々UFCのスタッフが運営に参画している。PRIDEもそうなるべきだ。
・(テレビ局と交渉してるのは誰ですか?)私と必要な何人かの人間だ。PRIDEの旧経営陣は通していない。そして日本のテレビ局との交渉は、日本にいるPRIDEのスタッフにやらせる必要は必ずしもない。私はアメリカにいながらにして世界170カ国とテレビ契約を交わしている。(それは世界中でMMAが売り手市場であるということですか?)そうだ。どこへいっても「ウチで放送させてほしい」とテレビ局の方から話が来る。それなのに、世界でも最も人気が高い日本だけが、こちらから「放送しませんか?」と持ちかけても話がまとまらない。アメリカで開催するという選択もありえないことではないが、それもテレビ契約次第だ。PRIDEはそこが全てだ。
・(PRIDEだけではなくUFCの放送すらないことに日本のファンは非常にストレスを感じている。日本でのUFCのテレビ放送は交渉してないのか?)もちろん、それもやっている。私はPRIDEとUFC両方を放送したいんだ。だからテレビ放送獲得の話は、両ブランドをセットでやりたい。この世界の2大ブランドが、なぜ日本でテレビ契約を結んでないのか理解できない。私は君たち日本のメディアにお願いしたい。投資家を動かして日本のテレビ局のお偉いさんのケツを叩くように頼んでもらえないか?きっと何か裏で動いているに違いないからな
・(今日のノゲイラのUFCデビュー戦も日本人はユーチューブで観ているような状況なんですよ)ん?UFC.comで視聴できないのか?(英語サイトのため、そういう人は極めて少数です。サインアップしてたどり着けないんですよ)それは興味深い話だな。ありがとう。早急に日本語版のUFC.comも作るべく動くことにしよう。
・もし日本のファンがUFCやPRIDEを日本で観たいなら、日本のテレビ局に手紙を出すべきだ。そうすれば日本のマガジンが私に同じ質問を繰り返す必要もない。PFWWは無垢でクリーンな会社だ。それでいながら、PRIDEという強力なブランドを持った会社でもある。ここと契約しない理由はないだろう。ファンのみんなは、そういう手紙を書いてくれ。以上だ。

UFCのこれからの展開については大幅に省いたが、傲り高ぶったダナ・ホワイトという人物の現在がよく分かるようなインタビューだったと思う。
要点は
★PRIDEは地上波放送がつかない限り再開しない。
★一番大事なUFCには投資し続けたが、PRIDEにはプロモーションのためでも投資するつもりはない
★PRIDEにテレビがつかないのは、我々ではなくテレビ局に問題がある。
★もしPRIDEやUFCが観たければ、ファンがTV局に手紙を書け

おそらくTV契約がまとまらない最大の原因は、UFCの提示する放映権料が高すぎることなのではないかと推定している。(WOWOWの放送終了も契約更新時に放映権料の大幅UPを要求したことが最大の原因だった)。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/06/numberpride_fb48.html
ダナは、日本の市場は金を取れるだけ取る場所としか考えてないようにしか思えないし、さらに日本人の熱しやすく冷めやすい性質もほとんど理解してないようだ。おそらく日本でのやり方を理解しようともしてないのだろう。
PRIDEというブランドは一日一日、腐っている。死に体になっている。ダナはそのことを理解してない。もし理解しているならば、それはPRIDEをUFCに吸収合併するための理由にするだろう。UFCの側には無理にPRIDEを再開すべき理由はない。(買収に使った大金はPRIDE契約下の選手を吸収することで元が取れるだろう)。榊原元DSE社長は、売る相手を間違えたのかもしれない。UFCはPRIDEを吸収したことにより非常に強大な帝国になった。ダナ・ホワイトは我が世の春を謳歌してることだろう。だが、ここまで傲り高ぶったダナを観るにつれ、UFCの天下も長く続かないような気もしている。ダナには、平家物語の次の言葉を贈ってあげよう。

祇園精舎の鐘の声  諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色  盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず  ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ  偏に風の前の塵に同じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

アジアカップを終えて、選手入れ替えのススメ

現在、個人的にはオシム支持派だが、修正点が出てきたように思う。ただ他のサイトでもゲーム運びやいろんな修正点が述べられてるので、それは他にまかせるようにします。

ここでは選手の評価や入れ替え案について述べてみたい

鈴木啓太: 個人的にはいい選手だと思うが、あのポジションでは今野か稲本(フランクフルトでレギュラーを取ることが必要だが)が上だろう。(サウジ戦は疲労と怪我の影響も考慮しないといけないが)アジア最終予選やW杯レベルでは、他国と比べてパスの精度が見劣りするだろう。またそのレベルではボール奪取能力もあまり発揮できないような気がする。

阿部勇樹:CBとしては限界が見えた大会だった。阿部や今野をCBとして使っていたのは、彼らのフィード能力やゲームを組み立てる能力を生かしたかったからだと思うが、この大会では、阿部はCBとしての経験不足を露呈したように思う。レッズにてCBのレギュラーとして経験を積んでいくというなら話は別だが、いずれにせよ、阿部をA代表活動期間中だけCBに使っていくのは非常に危険だ。やはり闘莉王の不在が大きく影を落としたように思えてならない。

加地:この大会、最も精彩を欠いたうちの一人。怪我の影響もあったのだろうが、精彩を欠いていた。サイドバックは3人(加地、駒野、今野)で回していたが、今野は元々ボランチが適性だ。他にいろいろ選手を試すことが必要だろう。(個人的には田中隼磨、服部公太、根本裕一あたりを試してもらいたいのだが、なお現在、JはJ2中心に観戦してるので、調子を落としている選手も入ってます)

羽生:代表の中の役割としてはかつての森島寛晃が担っていた役割をやっていると思う。スペースメイキングや相手の嫌な所に飛び出す能力は優れているが、決定力やドリブル突破能力が国際舞台では力不足だ。ジョーカーとしては全盛期の森島にははるかに及ばない。この大会、彼にとっては非常につらい大会になった。非常に真面目なんだろうが、生真面目すぎて大舞台で活躍できるだけのハートがないのかもしれない。(PK戦の「蹴りたくなかった」発言を聞いて)もちろん、この経験を次に生かしてくる可能性もあるだろう。だが彼には、そんなに多くの時間は残されていない。

俊輔&遠藤&憲剛のユニット:パス回しだけでいけば、このユニットは素晴らしい能力を発揮する。だがエレガントさにバランスが片寄りすぎていたような気がする。日本のFWにビエリやワシントン(浦和)のような強引さを期待できない以上、この3人を並べるだけでなく、ドリブラーが必要だろう。理想は全盛期の森島か前園(オシムの好みは間違いなく森島だろうが)。この大会では水野(太田でも良かったが)に期待していたが、オシムの要求するレベルに達していなかったのだろうか...。オシムはかつて「松井大輔に期待する」とコメントしていたと思うが、その松井の2006-2007シーズンは渡仏後、最悪のシーズンだった。松井の調子が悪かったことも、この大会の誤算につながっているだろう。

巻:前線からの守備や汚れ役としては機能していた。だがFWとして最も期待される仕事は点を取ることだ。その点で、彼は力不足だ。現在、彼の最も効果的な使い方は強豪国相手のプレス要員(60分ぐらいまで走り回ってもらう)か逃げ切る場合のプレス要員でしかないように思う。

矢野:現時点では我那覇が上。選ばなかったのはドーピング(静脈注射)問題の影響だろうか?本人に全く非がなさそうだけに、もしその問題があったのならば、これもオシムには不運に働いたと思う。

山岸:Jリーグにはもっといい選手がいると思うのだが...。

あとはベンチのメンバーやスタメンのメンバーのおとなしさが気になったところだ。そういう点で、闘莉王と播戸の不在は予想以上に響いたように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

ヴェルディ戦、カミカゼシステムで2連勝

アビスパ 2-1 ヴェルディ、観客数17361人

スタメン
     リンコン
 久永  アレックス  田中
   恭平   宮崎
     久藤
 チェコリ 亨  辰則
   GK神山
控え:GK六反、柴村、柳楽、長野、宇野沢

2人交代後(4バックへ変更)
     アレックス
 久永          田中
        恭平   久藤
      柳楽
チェコ  亨  長野    辰則
    GK神山
*船越の高さに対応するために長野、ディエゴのマンマーク役にナギを投入

ヴェルディ
    廣山  飯尾
        ディエゴ
服部                海本
    大野  ゼ・ルイス
 富澤 戸川 土屋
  GK高木
控え:GK、一柳、永井、金澤、船越
審判:奥谷彰男

草津とは違い好調なヴェルディ相手に、どういうシステムを取ってくるか注目されたアビスパだが、リティは前節と同様、布部(アンカー)の所に久藤を下げ、宮崎を入れるという「カミカゼシステム」を採用してきた。
個人的には、久藤をアンカーの位置に下げることで、ゲームメイクなどで支障をきたすのではないかと思われたが、久藤は正しい局面になると積極的に攻撃にからみ前線に飛び出していく。この試合で久藤は他の選手との経験の違いを見せつけたように思う。3ボランチになったことで久藤の守備の負担が、ダブルボランチの時よりも、いくぶん軽減された。そのことにより久藤が、より攻撃的な能力を発揮しやすいシステムになったことは間違いないだろう。(繰り返すが、ホベルトとのダブルボランチでも、久藤の攻撃的な能力はより発揮されただろうが)1点目のPKは、久藤の攻撃参加&ゴール前への飛び出しが生んだモノだ。このシステムでは、チャンスを作ることに関しては、アレックスやリンコンよりも久藤の能力が最も重要な役割を果たしているように思う。だが、イエローの通算累積8枚目で久藤は8/3徳島戦、8/12愛媛戦の欠場が決定した。リティは、今日の試合の出来にある程度満足しているようなので、おそらく布部、恭平、宮崎という3ボランチで臨むだろう。だが、久藤の代役は城後が最も適任だと思う。アビスパの状況を考えれば、下位の四国勢相手では2試合でぜひ勝ち点6を確保したいところだ。だが、久藤の不在と、予想される3ボランチのメンバーでは、できるチャンスの質に違いができてくるだろう。

この試合、ボールキープはヴェルディの方が優勢だった。カミカゼシステムらしく、アビスパのディフェンスには多々危ない場面があった。(リティはエキサイティングな試合で、あまり気が付いていないかもしれないが、久藤には改善点が見えてるようだ)
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_9c25.html
フッキの不在、船越が怪我で90分使えず、廣山と飯尾というある意味似たタイプの2トップで来てくれたことが、アビスパに有利に働いたことは間違いないだろう。
リティはヴェルディが一気に3人交代してきた時に、3バックから4バックに変更し、長野を入れて「高さ」に対応し、柳楽にディエゴをマンマークさせることで対応した。リティは珍しくきっちりと相手のやり方に対応できたように思う。(さらに全ての選手がディフェンス面でハードワークしたことでヴェルディ相手に勝ち点3をとることができた)
だが、この交代もリティの想定通り、先行するゲームができたから機能したように思う。もしリードされる展開で、どうしても点を取りにいかなければいけない場合に、この控えメンバーでは攻撃面に効果的な交代をすることは期待できなかった。アビスパの勝利には、いくつかの幸運な点があったことを忘れてはいけないように思う。

ともあれ、新システム変更後、昇格争いのライバルであるヴェルディに勝利したことはチームに大きな自信を与えるはずだ。これからの対戦相手を見ると連勝スイッチが入る可能性もあるだろう。(そういえば第一クールも博多でヴェルディに勝ってから、チーム状態が上向いた)昇格するためには、これからの徳島、愛媛、水戸、山形との4連戦では、最低3勝1分が必要だろう。結果を出しながら、研究されてくるカミカゼシステムを修正していくことをリティには求めたい。もしできなければ、8/26京都戦で大きな失望を味わうように思っている。

他に気が付いた点を少し
・チェッコリは、4バックのSBよりも3バックのCBの方が合っている。サイドは運動量やスピード、スタミナが要求されるポジションだ。それらは経験よりも重要かもしれない。32歳のチェッコリにとってはSBは、既に厳しいポジションのような気がする。ACミランのマルディーニも若い頃は「世界最高の左サイドバック」と言われたが、年を重ねるにつれてサイドでは機能しなくなりポジションが真ん中に移った。(まあ、チェッコリとマルディーニを比べること自体がおこがましいのだが)
ヴェルディの服部も同じような感じだろう。味スタでの鳥栖戦ではボランチで非常に効果的なプレーをしていたが、彼もウィングバックは厳しいような気がする。
・柳楽はスピードがあってフィジカルも強い選手だ。彼の最適なポジションがCBかどうかは、まだ判断しかねているが、ボランチでの相手のキーとなるMFをマンマークでつぶす役割もできるだろう。この日はディエゴだったが、他にも仙台のロペス、湘南のアジエルに対しては柳楽でマンマークというオプションも十分にあるように思う。もし柳楽がボランチとして生き残っていくならば、目標とすべきスタイルはトルシエ時代の戸田だろう。だが、彼には、まだ視野の広さがないような気がする。経験を積むことで、その視野を獲得できるかどうかは分からないが。
・宇野沢は釘崎よりも、現時点では上だろう。逃げ切る場合の前線からのプレス役、DFラインの裏に抜けるプレーは十分に機能しそうだ。(ただ個人的には、この二人よりも林に期待してるのだが、調子が悪いのかなあ..)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌1-1鳥栖、メモ

前半
・得点は、スカパー!のVTRでも、よくとらえ切れていなかったが、
単なるセットプレー時の引っ張り合いを主審がPKを取ってしまったもののように見えた。主審の村上伸次は接触プレーに関して敏感に反応しすぎる審判のようだ。リスタートの位置に拘り、流していい場面でも流さないなど、サッカーの面白さを殺すレフリングを展開。
・解説の野々村芳和の札幌よりの解説がうざすぎる。
・鳥栖は藤田&金の両FWにボールが十分収まり、チャンスをかなり作るものも、決定力が不足している。前半の札幌は、良い出来とは言えないが、前半風下ということもあり、スタミナ温存の試合運びをしてる可能性は十分あるだろう。

後半
・鳥栖が積極的に仕掛けていくが、風下になり、前半ほどのチャンスは作れず。
・PKは、審判:村上伸次が、帳尻合わせにとったようなPKだった。
・後半、札幌はギアを上げてくるかと想像していたが、なかなか上がらず。前節休みだった鳥栖と、中2日の札幌、この辺のフィジカルの差が出たようだ。
・鳥栖にとっては、この日の札幌であれば勝ち点3を取りたかったところだろう。札幌は、しぶとく守り、セットプレーに活路を見いだしたが、点には結び付けられず。だが勝ち点1をしぶとくもぎとった試合と判断していいだろう。
・両チームとも決定力がなかった。この試合、最も決定力があったのは、主審の村上伸次で間違いないところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉智昭、ハッケン!!にて性懲りもなく「オシム解任」を主張

司会の小倉がプロ野球解説者の江本タケノリと7/28(土)フジテレビ「ハッケン!!」にて、サウジ戦後の「トクダネ」の後と同じように「言ってることが分からないから、日本人監督がふさわしい」、「韓国戦、負けたらオシム解任」と主張。「もっと長い目で見たらどうでしょうか?」と言った内田恭子をけなすという行為に出た。

ほんとにたまたまTVをつけたら、ちょうど始まったので見た。「トクダネ」の件で、ネットの書き込みは見ていたのだが、彼が強く主張すればするほど「サッカーに対する不勉強ぶり、分析不足」が明らかになっていくようだ。(江本は「外国人は言葉、ニュアンスが分からない。それに言葉が通じる奴としか話をしない。まあ、サッカーのことは分からないけれど」と言っていた。江本もオシムのことを語るには勉強不足のようだが、プロ野球が専門なので仕方がないだろう。そういう人物を設定した「ハッケン」スタッフに問題がある)。このシーンに関しては、あの脳天気なキャラである内田恭子が、一番まともに見えた。
かつて小川直也が橋本真也戦の後、東京ドームで「新日本のファンのみなさ~ん、目を覚ましてくださ~い!」と言ったことがあるが、
個人的には
「小倉さ~ん、目を覚ましてくださ~い!」と言いたくなるような主張だった。

おそらくユーチューブにUPされるでしょうが、今日は札幌vs鳥栖、アビスパvsヴェルディ、日韓戦とあるので、各自探していただくようお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

草津戦、リティのカミカゼシステム

草津 1-5 アビスパ

    リンコン
 久永 アレックス 田中
  恭平    久藤
     布部
 チェコリ  亨  辰則
   GK神山

控え:GK六反、柳楽、柴村、光平、宇野沢
主審:廣瀬格

遅くなりましたが、草津戦のエントリー。

この試合、リティは、いろんな「変化」を選択した。
・3バック3ボランチの導入
・3バックのCBに本職は宮本だけで、他の2人は元々SB
・リトリート守備から「前線から積極的な守備」への変更
・ポジショニングをキープしながらの攻撃から、後ろからどんどん人を飛び出させる攻撃へ

リティは最も攻撃的なシステムを選択した。3ボランチ&連動性のある攻撃という点では、個人的には非常に好ましい。だが、最も危惧したのが3バックのCBの人選だった。CBの経験が豊富と言えるのは宮本だけで、他の二人はもともとサイドの選手という、選択だ。
おそらくリティは山形弟とチェッコリを攻撃時のパス能力や攻撃への組み立てに頻繁に積極的関与することを期待して起用したのだと思う。だが、このDFラインは非常にリスキーなものだと予想していた。このシステムでまず思い浮かんだのは、キリンカップでのコロンビア戦でオシムが「カミカゼシステム」と呼んだことだった。
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/20070605_989c.html

このシステムはリティ流カミカゼシステムと呼んでいいほど、非常にリスクが大きい。だが問題はリスクが大きいかどうかではなく、機能しているかどうかなのだ。
相性が良い&チーム状態が非常に悪い&前線の選手に決定的な仕事をする能力がない草津相手にはリスクが顕在化せず、非常に機能した。それは前半で5-0という結果が象徴しているだろう。ただし機能したのは、相手の状態が悪すぎたことが最も大きいだろう。

開幕戦の鳥栖戦や、この日の草津戦もそうだが、リティには攻撃面&奇策のアイデアが豊富だと思う。もちろん開幕の鳥栖と、この日の草津には、スカウティングが十分に済んでいない場合に、ピッチ上で選手だけで対応する能力に非常に欠けていた。フレキシブルな対応、少しの変化でバタバタしてしまいがちなこと、多くの外国人監督が指摘することだが、これはまだ日本サッカーの弱いところだろう。
リティは、その弱点を突くことが非常にうまい。(だが相手の攻撃に対する対応はあまり得意ではない)。これは間違いなくワールドクラスの選手だったリティなりの長所であるに違いない。
だが、このシステム&バランスで、次のヴェルディ戦に向かうのは非常にリスクが高い。フッキはいないようだが、それでもヴェルディの前線は強力だ。服部など経験のある選手も多く、このカミカゼシステムにも、十分対応してくるだろう。
このバランス&システムで臨んだ場合、1-3ぐらいの結果は十分覚悟しておくべきだろう。(もしフッキがいれば1-5でやられる可能性もあるなと思っていた)。
布部不在の問題も含めて、リティが、どのバランスでヴェルディ戦に臨むか、非常に注目すべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

続・日本vsサウジ、払わされた代償

★とりあえず原因に追記します。
・アジアカップの開催時期:今までアジアカップはW杯の中間年、ユーロがある年に開催されてきた。今回は、「ユーロ、北京五輪と時期がかぶることや近いこと」で、1年前倒しして行われることになったが、それにもかなり影響を受けたことは間違いないだろう。
現在の日本代表にとって最も大事なものは2010年にある。2006年、「ドイツでの空中分解」の後、前任者のブラジル人が残したものは、世代間の断絶だった。トルシエはジーコに、若いが国際経験も豊かで能力も高いグループを残していった。だが、ジーコがオシムに残したのは焼け野原であり、潜在能力はあったが、ジーコにより国際経験を積めずにきてしまったグループだった。(もちろん、選手が自然に生まれてきてヨーロッパに買われ経験を積めるブラジル代表では、そんなに問題はない。才能は生まれてくるものなのだ。だが、日本の環境では、手を入れて成長させていかないといけない部分が多々ある)
日本サッカー界が、Jリーグをかなり優先させてきた中で、オシムは順序立ててチーム作りを進めてきた。そう、4年というスパンで見た場合、チーム作りは、まだ初期段階なのだ。トルシエの時で行けば、惨敗した1999年のコパ・アメリカの時期と重なると思う。トルシエがユース&五輪世代に力を注いでいたこともあるが、A代表では、トルシエのやり方が、まだ浸透しきってはいなかった時期だ。
現在の代表では、オシムのやり方をまだ必死に習得してる段階なのだと思う。やり方を習得して、そして、それを時と場面によって選手が自分の判断で使い分ける。今は、まだ、そこにまで到達してはいない。トルシエのA代表では、そこに到達し始めたのが1998年フランスW杯の2年後のレバノン2000アジアカップだった。
もちろん、現在のオシムジャパンにもいろいろ問題はあるが、オシムは、それを修正していく能力を十分持ち合わせているように思う。いずれにせよ、「このアジアカップで、ある程度の成果を見せるには時間が早かった」ということも原因の一つに上げていいと思う。
オシムは「日本がタイトルを取れないであろう1000の理由」と言ったが、
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/afc_2007_ae38.html
日本がアジアカップで勝てなかった理由は、いろいろある。そのことを冷静に考えなくてはいけないし、そのことを次の機会にきっちり生かさないといけないだろうと思うのだ。

なお、興味深いエントリーを見つけたのでリンクを張っておきます
http://hakkan.blog.drecom.jp/archive/503

この日の「とくダネ」を見た訳ではないが、司会の小倉さんも「サッカーに関しては分析力が足りない」ようですね。この辺の発言する人のレベルが向上することも日本サッカーのレベルを上げていくことにつながっていくので、好きならもっと勉強してもらいたいと思うのです。(他の糞キャプテンの件に関しては長くなるので、割愛)

ちなみに今回のアジアカップ全体についてだが、
・W杯1年後の開催による各チームの成熟度のなさ
・ただでさえ暑い時期に、アジアで最も暑く湿度が高い地域でやることによるサッカーの質の低下
・無理矢理の4カ国共催による移動、その他の負担による質の低下
確かにユーロや五輪と重ならないことにより注目度は若干上がるかもしれないが、大会自体は課題が多すぎる(失敗と断言してもいいかもしれない)ことになった。アジアサッカーの地位が上がるのは、かなり時間がかかるんだろうなあ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

日本vsサウジ、払わされた代償

アジアカップでの日本の冒険は終わった。前回のオーストラリア戦でのエントリーで「将来のアジアカップで大きな代償を払うだろう」と書いたが、
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/07/post_59bf.html
将来ではなく、この大会できっちり代償を払うことになったように思う。(個人的には準決勝のカードと日程を見て、決勝には進めるような気がしていたのだ)中立地で10回やった場合、日本対サウジの力関係は、おそらく日本の5勝3敗2分ぐらいだろう。だが常に先行される展開で2度は追いついたが3度目は追い付けなかった。

このサウジ戦、勝負を分けたのは、いろいろな原因がある。
・日程的に有利なはずの日本選手の方に疲労が目立ったこと。
ここでグループリーグ初戦のカタールに引き分けたことが響いたように思う。2戦目で決勝T進出を決めていれば、3戦目はいくらかの選手を休ませることができただろう。初戦をもっときっちり準備した状態で臨み勝ち点3を取ることが必要だった。
・トゥーリオと播戸、我那覇を欠いたこと。(CBとしては阿部よりもトゥーリオが上だろう。あとは矢野はまだA代表レベルには達してない)
・この大会目立っていたセットプレー時の集中力切れからの失点。入り方のまずさなどを、サウジに3度も得点に結びつけられたこと。(このアジアカップ全体での傾向だった。おそらく全体的に経験が少し欠けていた)
・攻撃におけるドリブラーの軽視(結果論だが、羽生より水野か太田の方が効果があっただろう。ファウルをもらう数も多くなりセットプレーのチャンスも増えたような気がする)。この辺はオシムの好みなのだろうが、人とボールが動くパスサッカーが、この酷暑の東南アジアでの試合では非常に相性が悪かった。
・アジアとヨーロッパとの気候、湿度、ピッチ状態の違いがサッカーに及ぼすものに対して、さすがのオシムも少しうとい面があったこと

ベスト4に残った国の中で、最もチャンピオンにふさわしい内容のサッカーを展開していたのは、日本だったと思う。もちろんオシムも選手達も全力でアジアカップを獲りにいった。しかし獲ることはできなかった。原因はいろいろある。だが、恐らく最も大きな原因は「Jリーグを含む日本サッカー界は、今回のアジアカップでは、本気ではなかった」ということだと思う。その傲慢な姿勢をサッカーの神様は嫌ったに違いない。

韓国との3位決定戦、オシムは「選手を入れ替えることを考えている」とコメントしたが、アジアカップのシード権の関係(シードされれば2010年南アフリカ大会前の貴重な時期に、アジアカップ予選を戦わずに有効なテストマッチが組める)もあり、どうするかは分からない。韓国は、この大会良くはないが、日本戦だけは目の色を変えて臨んでくるだろう。このアジアカップのスタメンにも積ませたい経験だが、控えメンバーに韓国との試合を経験させることも重要だろう。
ともあれアジアカップでの日本の冒険は終わった。その不十分な準備にふさわしい代償を払って終わった。Jリーグと代表強化、この2つの利益調整を、どううまくバランスを取って行っていくか。日本におけるJリーグの位置・露出はそれほど高くない。代表は遠心力を持ちJリーグは求心力を持つ。代表が強く魅力があれば、そこからJリーグの、どこかのクラブのサポへとくる人々の数も多くなるだろう。ヨーロッパのサッカー先進国と違い、代表の実力低下は、各クラブのサポへの入り口を小さくし、将来的にはJリーグ全体の利益を損なうだろう。もちろんクラブの経営は非常に大事だ。だが今回のようにJリーグの利益を必要以上に優先しすぎると、その何年か後に、確実に代償を払わされるだろう。

この大会、オシムジャパンは正しい方向には進んでいることを示してくれたように思う。(もちろんいくつか課題はある)だが日本サッカー界が、本当に正しい方向、バランスを取って向かっているかは非常に疑問が残った。サウジ戦の敗戦は、その警鐘であったような気がしてならないのだ。

ちなみに草津対アビスパも、かなりの衝撃があったのだが、明日も仕事なので、この辺で寝ます。(次のヴェルディ戦前には書きたいと思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

ニコライ・フォルクアーツの言葉

現在、Jリーグに来ているデンマーク人の国際審判員フォルクアーツ氏のインタビューがサッカーダイジェスト906号とサッカーマガジン1145号(松崎審判委員長との対談)に掲載されていましたので、内容を抜粋してまとめてみました。

*SD
・スタジアムを含めた環境は素晴らしい。特に芝の状態が良い。選手は敏捷性に優れた選手が多い
・接触プレーが起こった際、過度に痛がったり必要以上に処置を求めたりする。これは北欧ではあまり見かけない。
・シュミレーション。ファウルを受けてないのに倒れたり、時間を稼ぐために大げさに痛がったりする。これは世界中で見受けられる問題だが、特に日本では頻繁に起こっている
・昨今のサッカー界の潮流として、審判を欺くようなこういが蔓延している。この問題には、サッカーに関わる全ての人々が向き合わなければならない。観客はそうした行為を観に来ている訳ではなく、良いゲームや素晴らしいゴールを観に来ている
・(日本人審判へのアドバイス)審判にとって最も大切なことは試合の流れです。選手がプレーを続けたいと思われる時は、なるべく試合の流れを切らずに続行させるべきだと。審判が多くの笛を吹き、必要以上に何度もプレーを中断させる姿など、誰も見たくないはずです。私にとって良い試合とは、審判が目立つことなく良い流れでプレーが進むこと。市パンはその陰で必要なだけゲームをコントロールすればいい。逆に、主審が何度も笛を吹き鳴らし、選手達が罵り合うような場面が多い試合を見ると気分が悪い。日本人審判とは、このような意見を交換しました
・第4審判も、もっと能動的に試合に臨んで欲しい。
・(Jリーグの誤審について)まず言わなければいけないのは、審判もひとりの人間だということ。だから、当然、間違いを犯すこともある。審判は、大きなミスを一つでも犯してしまえば、集中砲火を浴びることになる。もちろん、ミスをしていいというわけではない。ただ、多くの試合の中で、それを起こりうることだ。
・ビデオカメラなどを導入して、判定の度に試合を止めたりすれば、サッカー本来の面白さがなくなってしまう。ボールの中にゴールの判定ができるチップをいれるなど、試合そのものが面白さをなくさないものであれば採用してもいいと思う。選手がプレーでミスをするように審判が間違いを犯すことも試合の一部なのです。現在の4人という審判の数は、このままでいいと思っている。
・(レフリー無線システムについて)既にヨーロッパでは実際に使っていますが、無線を通して他の審判とコミュニケーションを取れるので悪くない試みです。ただ、これに頼りすぎてはいけない。結局のところ、レフリングはポジショニングが最も重要なのです。無線を使っても、適切な位置にいなければ、プレーを裁くことはできない。審判はポジショニングと身体的充実がすべてなのです
・職業審判になろうと思うのであれば、毎日のトレーニングは欠かせないことであり、精神的にも充実していなければいけない。プロの選手も毎日試合のために準備しているのだから、審判も同様に専念できた方が良い。しかし、審判にお金を払おうとする人がどれくらいいるかは分からない。
・(文化の違い。ヨーロッパでは試合後のテレビ番組なので審判のミスジャッジのリプレーを何度も流すことがあります。しかし、日本には一切存在しない)デンマークにもそのような番組がある。それは議論の場になっている。疑わしいシーンのリプレーを流してジャーナリストが審判に質問する。そして審判は実際にその質問に答える。時には、本当にミスをしてしまって単に誤ることもありますが、その反対にTVカメラよりよく見える、適切な位置にいたことを話して「あれは正しいジャッジだった」と主張することもあります。全員が納得するかどうかは別として、やはりこのような場があるのは審判にとっていいことだと思います。また試合を見ている人にとっても説明がないよりあった方がいい。ここでは、ひとつの場面を長々と話すわけではなく、疑問を投げかけ、それに答える対話の場なのです。デンマークでは4年前に始まりましたが、これまでのところ、とてもポジティブな効果が得られている。審判にとっても、それを観ている人々にとっても、お互いを尊重した上で議論する大切な場なのです。日本でも検討されてもいいものだ。ただし、日本の文化にそぐわなければ、無理に導入する必要はないでしょう。

*SM
・イングランドのプレミアとポルトガルでもメンタリティーが違う。ポルトガルの選手達は審判をなんとか騙そうとしますが、イングランドでは選手達は死ぬまでプレーを続けようとします。これはメンタリティーの問題なのです。決してヨーロッパとアジアの間にだけある問題ではない。
・もっとフィジカルを強くしなければいけないという認識を協会が発信すれば審判や選手達にも伝わります。そうすれば変わっていくでしょう。デンマークでは、トップリーグではありませんが、いくつかのクラブが選手がシュミレーションで警告を受けた場合、経済的な制裁を加えることがある。どうしても必要な場面でハードタックルをして警告を受けるのは試合の一部ですが、シュミレーションはだましです。
・日本の審判は試合後にメディアと話す機会がない。デンマークでは、試合後に、審判が自分のジャッジに関して説明することができます。それによって観客や選手達もなぜそのような判定を下したのか説明ができます。また観客やクラブが競技規則を正しく理解していないこともあります。彼らに直接規則を伝える機会にもなるわけで、非常に有効だと思う。
・(松崎)審判がインタビューを受ける際に、メディアを含む関係者が審判をリスペクトし、正しい態度で臨んでくれないと、コメントはできない。(ニコライ)デンマークでは、最低でも2時間が経ってからインタビューを行います。冷静になる時間が全員に与えられるのです。
・(松崎)日本ではプロサッカーの歴史は浅く、すべてのメディアがニュートラルな観点から審判に「何が起きたのか」という質問にならず、一部からは攻撃的な質問を受けるかもしれません。また審判も自分の大きなミスに対して、冷静さを保てず、質問に対して過剰に反応してしまう
・審判が説明することで、新しい視点をもつことできる。彼らは審判の視点も理解できるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

オシムと準備不足のアジアカップ

オシムジャパンはオーストラリアをPK戦の末下して、アジアカップベスト4に進出した。
この大会、日本サッカーは、オシムに他のアジア諸国よりも短い準備期間(6/30まで開催されたJリーグ、初戦のカタール戦(7/9)までは9日間ほどしかなかった)を強いた。だがオシムは、そのハンデを乗り越えて、おそらく最低限のノルマをクリアすることに成功した。
6/18の記者会見では
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/afc_2007_ae38.html
「一つの例だが、日本はアジアカップで対戦する(グループリーグ)3カ国(カタール、UAE、ベトナム)の中で、現在もリーグ戦を戦っている唯一の国だ。つまり直前までだ。十分な準備ができない。それが大きなハンディキャップだとは思わないだろうか。あるいは、ほかの対戦国に失礼だとは思わないか。皆さん、いかがだろうか? 内容か結果かで言えば、私は結果を重視する。ただし、それがどんな結果か、ここで保証することはできない。個人的には、もちろん日本サッカー協会にとっても、結果より内容の方が重要で、しかも将来、長く戦えるかどうかを重視しているのだろうと思う。もちろん両方が伴われているのがよりいいのだろう。サッカー協会として、今のアジアカップに何を期待しているのか。残念ながら、そういうことを理解しているジャーナリストが多いとは言えないのが現状ではないだろうか。
――現地の蒸し暑い気候に対して、具体的にどのような対策を考えているのか
オシム 残念ながら、日本にはサッカーができるような巨大なサウナはない。ある条件で準備するしかない。代表キャンプをベトナムでやりたいが、それもできない。今ある条件の中でやるしかない。時間がないし、選手も集まっていないが、最大限の努力をしておきたい。フィジカルについてもそうだが、まずはメンタルの準備をいかにするかが、日本国内でやることだと思う。もちろん、どんな条件でも(いつものプレーが)できることが理想だが、そういうわけにもいかない。アジアの気候については私より、皆さんの方が詳しいだろう。選手によっては、暑さに強い選手、そうでない選手の違いが出てくるだろう。いずれにせよ日本の選手は、多かれ少なかれ、似たような高温多湿でのプレー経験はあるだろう。頭の中にイメージのビデオカセットがすでに入っていて、どういう感じになるか、対策を立てることができるのではないかと期待している」

とある。繰り返すが、日本サッカー界は、このアジアカップでオシムに十分な準備期間を与えなかった。Jリーグが始まって以来、1996年の加茂、2000年のトルシエ、2004年のジーコの時よりも、はるかに短い準備期間しか与えなかった。日本サッカーにとってアジアカップは、W杯に次ぐビッグタイトルであり、この大会での勝利は、W杯前年で現地南アフリカでのコンフェデを経験できるという特典もある重要な大会のはずだった。だが、この大会で日本サッカーはJリーグの方をかなりの程度、優先させた。
この準備期間では、もちろんジーコでは結果を残すことができなかっただろう。トルシエは1999年のコパ・アメリカのように、敗戦した時に「準備不足」を理由に怒りまくっただろう。だが、オシムは、その経験を発揮してベスト4という最低限のノルマをクリアすることに成功した。時間のない中で、オシムは、やるべきことをやり、不利な条件を克服し、結果を出すことに成功した。
個人的には、オシムにはアジアカップを制してもらい、コンフェデへの出場権を獲得してもらいたいと思っている。だが、一方で、オシムが非常識な短い準備期間でも結果を出したことで、日本サッカーは未来のアジアカップで、大きな代償を支払う、そんな気がしてならないのだ。

2002年のトルシエはW杯本番で中山と秋田というグループとしての結束を生み出すために必要なベテランをメンバーに入れた。あの時は「なぜ俊輔を外したのか?」ということに議論が集中したが、結果的に、あの俊輔外しは成功だったと思っている。(個人的にはメンバー発表で外した時も、論理的には「当然だな」と納得していた)
2006年、ジーコは、トルシエにとっての中山と秋田の役割ができる選手を入れることはなかった。結果的に、ジーコのグループはついに「ファミリー」になることがなく、日本サッカーが生み出した最高の才能が最も成熟した時を迎えるはずだったドイツW杯でチームが空中分解し惨敗して帰ることになった。ただし、この時にはサブの選手の重要性、「控えであってもチームのために全力を尽くすことができる選手の重要性」を日本は理解していなかった。大きな代償を払って、その重要性に気がつくことができた。トルシエがやったことの意味を4年後、初めて理解したのだ。

このアジアカップでは試合は注目されてきたが、オシムが行ってきた短い期間での準備方法、メソッドは、あまり注目されていないような気がする。
4年後、日本サッカーは、オシムジャパンと同じようにJリーグを優先させ、ほとんど準備期間を与えずに、時の代表監督にアジアカップに臨ませるだろう。その時の代表監督が誰かは分からない。もしオシムほどの経験があれば、クリアしてしまうかもしれない。だが、このアジアカップで短い準備期間で臨むことのデメリットと対処法を学ばない限り、いつかのアジアカップでは大きな代償を払うだろう。繰り返すが、そんな気がしてならないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

正道マジックにはまった田村潔司

7/16、HERO’Sでの田村潔司vs金泰泳(1R10分、2R5分、延長ラウンド5分)は田村の判定負けという結果となった。TV観戦だったため、判定の可否については、個人的には分からない。(TV放映では、1Rは約5分のダイジェスト、2Rは省略、延長ラウンドも約4分のダイジェストで放送されたのだ)
http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/d/2007/20070718054213.htm

あくまで推測でしかないが、(TVでは万が一にもクレームがこないようにダイジェストでしか放映してない)、田村潔司は正道マジックにはまってしまったのだと思う。
正道マジックとは「K-1では、主催者側が勝って欲しい選手を「何とか勝たせよう」という力が働く」ということだが、
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/01/post_7bee.html

大晦日は桜庭だった。今回は田村が、この餌食になってしまったということだろう。まず試合決定が試合日の6日前という、田村にほとんど準備期間を与えないオファーだった。(正道会館所属の金に対しては、もっと早い段階から準備させていた可能性も大いにあるだろう)
そして最大の問題はHERO’Sの「恣意的なブレイクシステム」だ。HERO’Sでは7歴史的に、グランド技術が苦手なK-1選手を保護するために、「動きが止まったら、すぐにブレイクをかけて、スタンドから再開する」という原則がある。ただし、主催者側がレフリーを抱え込んで、「勝たせたい選手がグランドが得意な場合」はブレイクは遅く、逆の場合はブレイクが早くなる。(UFCやPRIDEでは考えられないほど早いタイミングなのだ)確かに金のテイクダウン取られてからのディフェンスは堅かったようだが、逆に田村の方でも「すぐにブレイクされる」という焦りもあったように思う。田村は、タックルからテイクダウンを何回も取ったが、そのたびに短い時間でブレイクされ、ただでさえ準備不足だったのにスタミナを失ってしまった。これが田村敗戦の最も大きな原因だろう。

今回、このカードは、田村潔司vsヌルヌル秋山成勲を実現させるために組まれた噛ませカードかと想像していた。だが、実際は「田村つぶし」のためのカードだったようだ。(2R終了時点での判定が出るためには、不自然なほど時間がかかったらしい。ここでも正道マジックが発動したに違いない)
対戦相手を選びに選んで、自分の商品価値を落とさないようにしてきた田村潔司にとっては、非常に痛い敗戦になった。いろんな経緯で谷川貞治を信用するようになってきた田村は、K-1の恐ろしさを実感したことだろう。もちろん、この敗戦の責任の大部分は田村自身にあるのは間違いないのだが...。それにしても田村には「アウェーに乗り込む」という意識が希薄だったと思う。
ちなみにK-1の元エースであった佐竹雅昭は、その著書「まっすぐに蹴る」の中で、K-1の持つ「いやらしさ」存分にを語っている。佐竹はK-1に使い捨てにされたのだ。エースでさえ、こういう扱いなのだから、対抗団体だったPRIDEの選手に関しては、どういう扱いになるかは想像できるだろう。
(ちなみに桜庭HERO’S移籍の時に、当時の榊原代表は、「サクを大事にしてやってください」と言っていた。その懸念は、秋山戦でものの見事に実現するのだが..)
新生PRIDEが今だ立ち上がっていない今、PRIDEからHERO’Sで移籍する選手が多く出てくるだろう。ネット上では、PRIDEライト級チャンピオンである五味隆典も交渉中のようだ。だが移籍した後には、五味は、これよりもひどい「正道マジック」にはまるような気がしてならない。(UFCに移籍したミルコが、陥った穴とは根本的に違う種類のものだ)。谷川はUFCを「金網のボクシングにしようとしている」と言ったが、K-1は総合格闘技をバラエティーにしようとしている。FEGがK-1やHERO’Sを運営してる以上、UFCに強奪された盟主の座を奪い返すことはできないし、どんなに選手を揃えたとしてもPRIDEが作りだして来た熱の半分も持つことはできないだろう。
そんなことを思った7/16のHERO’Sだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

リティ&クルークでは昇格できない

前回の仙台戦と比べてもアビスパのサッカーは退化している。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/06/post_4377.html
そう結論づけるを得ないホームでの仙台戦でした。

またアビスパの守備面での欠点が対戦相手の監督には明らかにもなっているようです。
http://nettarosouko.cocolog-nifty.com/blog/cat11335326/index.html
望月監督(仙台、7/15)
「攻撃に関しては、ひとつプレッシャーを回避できればCBの前にスペースがあるのは分かっていたので」

三浦監督(札幌、7/11)
「福岡の方にひとつ、ふたつ問題点があるようなディフェンスの形で」

また久永(7/15)も
「後半は選手で話して守備から入ろうということで引いて守る形をとったんですが、そういう形を意識してやったことがなかったので、ただ引くだけで、守り方が整理されていなかったので、カウンターもできず、ただ引くだけで、失点は時間の問題だったかも知れません。相手が勝つべくして勝った試合だったと思います。札幌、仙台に負けたことは厳しいし、J1復帰にはもう時間がないので、その中で自分たちの戦い方というのを考えていかないといけないと思います」

言いたいことはそんなに変わっていない。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/06/post_153c.html
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/06/post_a025.html

リティ&クルークが施したのはディフェンスの「修正」ではなく「改悪」だったのでしょう。このままではシーズンが進むに連れて内容が悪くなっていくばかり...。

「大池だより」さんも書かれているように
http://d.hatena.ne.jp/orion1014/20070715/p1#seemore
リティ&クルーク船頭のアビスパ丸は座礁しました。攻撃と守備のバランスを取ることに失敗し、慌てて修理を試みたものの、それでかえって船のバランスを傾かせてしまいました。しかしコメントを読めば分かるように、リティは「得点力のあるFW」がいれば解決すると思っています。ただ間違いなく問題はそこにはありません。ユリウス・カエサルは「人間は、自分が見たいと思う現実しか見ない」という名言を残していますが、今のリティには「本当の現実」が見えてないのでしょう。(見えていても解決法が浮かばないのかもしれませんが)。どうやらリティ&クルークのコンビでは限界が来たようです。
最も有効なのは監督を代えることでしょうが、アビスパには資金がありません。残された手段は優れた守備コーチを付けるか、去年の川勝丸が座礁した後のように「選手主導でやり方とバランスを変える」しかないのかもしれません。もし変わらないとすればJ2上位には歯が立たず5~9位あたりでシーズンを終えるという結果だけが残るでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

アビスパフロントが読むべき「GM考察」記事まとめ

サッカー批評33号(2006年)に、加部究氏の「GM考察」という記事がある。第1章と第2章と別れていて、第1章は今西和男氏へのインタビュー。第2章は加部氏のGM考察だが、特に第1章は参考になるので簡単にまとめてみた。特に小林統括に読んでもらいたいと思っている。

・今西がGM(当時、そういう発想はなかったようだが)という仕事を始めた時は「アマチュアからセミプロ、さらにプロへ」と移り変わっていこうとする時代
・当時のマツダはあくまでアマチュアを貫いていた。当時のJSLの主要な選手供給源は大学。他のチームはお金は出さなくても車や高価な電器製品を与えて選手を獲得していた。選手の質に差ができ1対1では勝てなくなり、チームの成績も下がっていった
・1対1で勝てない以上、「戦術で勝負」ということで、欧州から監督招聘を決める。英語を話せる監督が良かった。クラマーさんは招聘できなかったが、オフトを招聘できた。オフトの指導は非常にロジカルで話すのも米国スタイルの英語という評判だった。まず「」監督を連れてくること」から始めた
・次はスカウティング、可能性のある選手を見つけ出してくること。さらに選手の育成、マネージメント。チームを強化するための会社との折衝。これらの仕事が自然とGMの仕事になっていった
・選手の獲得のためには、芝のグランドを作るなど環境を整備する必要があった。さらにサッカーを優先する姿勢を示し、サッカーで人事公募し、選手を辞めた後のことも考えて行く。これで2年ほどでマツダを見る目が変わっていった。
・選手の獲得についてはオフトと相談。組織プレーで戦うなら悪い癖がついてない高校生でもいいというので、九州を中心に高校生の獲得に乗り出した。もちろんスカウトはいないから今西氏が自分でやった
・「選手を育てるためには日本人の指導者も育てる必要がある」ということで、オフトには2人のコーチをつけ、彼のやることを学ばせた。それが現在の広島GMの高田豊彦とマネージャの田村誠。
・監督は全て自分の目でどういうサッカーをするのか確認して取らなければならない。
・バクスターはチームが欧州遠征した際に偶然対戦相手の監督をしていた。オフトの組織プレーがベースにあったのでバクスターの指導もなじみやすく、94年のファーストステージで優勝した。彼は連日永井ミーティングを繰り返し、耳にたこができるぐらいマニュアルを徹底した。ターゲットの高木にまず入れてMFがフォローし、裏にハシェックやチェルニーが飛び込むやり方。しかし高木がマークされると攻め手がなくなり点が取れなくなった。バクスターに打開策を聞くと「Mラウドルップを獲ってくれ」と言ったが、彼の移籍金と年俸等で6億円かかり、とても無理だったので却下した。バクスターは広島に優勝をもたらしたが、当時のチーム事情では、これ以上の進化が出来ないと判断して監督を代えた
・次はオフトの紹介でビム・ヤンセンを招聘。しかしヤンセンは戦術レベルが高すぎた。選手達はパターン化したバクスターの方がやりやすかったようだ。また優勝で年俸が上がりクラブの経営を圧迫するようになってきた。河野、片野坂、森山をらを売り3億円以上浮かせたが、それを見たヤンセンが「育てた選手をみんな売ってしまうチームでやるのは時間の無駄だ」と言って帰国した
・常に「この監督が終わったら次は誰にしよう」と考えてきた。広島は財政的に優勝請負人のような監督は執れない。むしろ選手を育成してくれて、さらにトレーニングの一部を日本人のコーチにも任せてくれるような監督が望ましい。
・トムソン、ヴァレリー・ネポムニシチー(奥さんの具合が悪く1年で帰国)、ガジエク(ヴァレリーの紹介、しかし面識がなく契約したため失敗)と全て欧州から監督を招聘。
・なぜブラジルや南米から監督を獲らなかったのか?
ブラジルに選手育成という発想はない。監督は結果だけを求められ、選手はダメなら代えられる。選手は勝手に育ってくるもので、育成が不可能な国です。しかもブラジル人の監督はスタッフもセットで仕事をしようとするので、彼らが去ったら何も残らない。これは広島というチームにはそぐわなかった
・助っ人外国人を獲得する場合は、必ず自分と監督、2人の目で確認してきた。
・日本の選手達は、スカウト、サテライトの監督が見て、「これはいい」となれば練習に参加させてみて検討するという手順をとった。テクニックとフィジカルは誰でも見る。もの今西氏の場合は、特に「集中力」の有無を見た。
・森保は「早くない、強くない、巧くない」しかし広い視野と持っていて、何より足りない部分を集中力でカバーする典型的なタイプだった。そしてどうしてもプロになりたいというひたむきさがあった。あと久保と柳本は無競争で獲れた。
・国見の船越優蔵は高木の代わりに狙っていた。だが船越がどうしても海外留学を希望したためガンバに行った。今西氏は「留学はさせない。させるなら、きちんと日本語を話せるようになってから」というポリシーがあった。
・選手の教育にも力点を置いた。選手達は嫌がったが、人の話を聞けば感想文を書かせ、人前でスピーチをやらせた。その影響だろう。マツダ時代から数えるとS級ライセンス取得者がクラブ単位で最も多い。
・94年に日本サッカー協会、強化副委員長に就任。そこで欧州との差をつめるためにユース演題がどんなトレーニングをするべきか、その強化指針を作成し、講習会を開いてトレセンコーチのレベルを上げようというプランがあった。ちょうど広島に下部組織を作ろうと考えているところだった。ともかくあれで指導者のレベルがいっぺんに上がった。
・Jリーグが開幕すると、JSL時代とは逆に高校生の有力選手たちが次々にプロに進むようになる。そこで再び大学生に着目した。日本サッカーの将来を考え、指導者を育成するには、彼らを生かすべきだと考えた
・2001年の北京のユニバーシアード(巻誠一郎、羽生、岩政、深井、堀之内、平川など)までの1年で4度くらい遠征についてく。大学生たちの学習能力の高さに感心した。概して大学生には学習するベースがあり、勉強に取り組む感性も備わっている。だから彼らが選手としてさらに成長し、将来は指導者として育つ可能性が高いと見る。
・ともかくチームの強化には指導者の質を上げなければならない。広島では、まずユースを全国レベルにして、そこから2~3人は上げられる仕組みを築こうとした。でももうユースでは遅い。今後は中学生をどう強化するでしょう
・企業に頭の切れる戦略家が存在するように、きっとJリーグにもとんでもないスケールのGMが誕生すると予測していた。だが、なかなかそういう存在は生まれてこなかった。
・GMとして生き残っていくために「選手とのマネージメントでも、外国人監督とのつき合い方でもいい。とにかく経営側には口の出せない、これは、という自分得意な領域を持つ。それをベースに経営にも理解を示すバランス感覚。そして人間性とビジョン」それらが必要だ。
・広島で出番の少ない選手を当時J2の大分に貸し出し、他のクラブとフロントの人的交流も検討した。
・サッカー専用スタジアムの推進プロジェクトも進めている
もっと臨場感のあるスタジアムをアクセスの良い場所に建設することで平均観客動員を2万人(浦和や新潟の半分)までは持っていきたい。そうすれば収益の合計が30億円近くまで届く。せっかく育てた選手を売らなくても済むようになる。

第2章
・クラブが成功するためにはチーム強化と経営面での筋の通ったビジョンが欠かせない。簡単に言えば、チームは優秀な監督と選手を揃えれば、結果を出せる。だが、それには潤沢な資金が必要で、そのバランスを取るためにフロントは知恵を絞る。
・(日本サッカー協会やFC東京を例に上げて)雇用者側に自分のチームにどういう方向付けをしたいのかというビジョンが無く、監督に、そこも含めて丸投げしてる印象がある。
・GMは言わば、指導者以上に豊富なキャリアと幅広い見識を必要とする職業だ。現場の指導経験者の中から経営者と対等にモノを言えるGMを積極的に育てていくべきだ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

仙台戦後に座り込みがあったようだ

とりあえずサポも我慢の限界に来ているようだ。

2chのアビスパスレッドにレポがいくつかあるので、拾ってみた。
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1184500700/

35 :U-東平尾 ◆DAViSpA9hw :2007/07/15(日) 21:14:39 ID:EzunSC0NO
試合後、今季一番のブーイング
選手下がってもしばらく歌ってた仙台サポにオブリ切れて10人程がアウェイゴール裏に
警備員が囲んで、しばらくして退却。仙台サポは対抗せず。
その後、オブリがトラメがで小林強化部長の責任追求を叫ぶ、現在座り込み中。
ただし横断幕は撤去中、アビ側ゴール裏にも人残ってます。

65 :U-名無しさん:2007/07/15(日) 21:23:25 ID:BeuoKfCWO
叫んでたのはオブリじゃない。
ブーイングはしてたけど。
今日のブーイングはさすがにしかたない。
ゴール裏の拍手はぬるいよ。
オブリがゴール裏軍団にブーイングする気持ちは穏健派の僕でもわかる。
僕も家族連れてきてなかったら絶対ブーイングしてたよ。

68 :U-東平尾 ◆DAViSpA9hw :2007/07/15(日) 21:24:28 ID:EzunSC0NO
まだ座り込みやってる。
全体で300人くらいかな?
細かい内容は勘弁して。リティについても何か言ってた

小林強化部長、来ました

117 :U-東平尾 ◆DAViSpA9hw :2007/07/15(日) 21:43:59 ID:EzunSC0NO
質問は上位に勝てないが補強しないのか?
このままリティ体制でいくのか?

これに対し小林部長
補強に三週間前に監督と話したが、中にいる選手を見ることが大事だ
そうした記事が出たら翌週は選手はトレーニングかなり励んだ
減資して赤字の中、補強模索したが、うまくいかない
ポゼッションサッカー、正確につなぐ、というのがうまく行ってるか
下のチームには勝ててる。上位には失点から入ってる。今日は修正点が出てきた。
当初から攻撃メインでやってきたので、守備には問題が
選手を変えるのがいいのか、時間もらいたい。
選手より修正をやっていく。監督采配については従ってる。
今の状態で選手呼んでも、選手頼りになってチームはレベルアップしない。

138 :U-名無しさん:2007/07/15(日) 21:52:45 ID:KVI2miPt0
ゴール裏からもかなりのブーイングあり、
ただ今日は一見さんが多く拍手あり、
汚鰤が蟹サポに突撃中にゴール裏からは、
恥ずかしいからやめろ!の声。
トラメガで小林出てこい!の汚鰤にも、
ゴール裏は、リティだろ!の声。
強化部がどうこうトラメガで言い返していたが
良く聞こえんかった。

139 :U-東平尾 ◆DAViSpA9hw :2007/07/15(日) 21:52:47 ID:EzunSC0NO
かなりはしょってるから、おおまかに捉えてください。
簡単にまとめると、補強より修正。
K5がとりなして、とりあえずお開き。ただ、納得は誰もしてない

172 :U-東平尾 ◆DAViSpA9hw :2007/07/15(日) 22:04:29 ID:EzunSC0NO
サポカン要求はなかったけど、風通しをよくしよう、という意見は出た。
なんだかなぁ。私含めて一年で昇格という理想と現実の狭間で迷走してる。
じゃ帰りますノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

J2、第2クール終了時点での順位

J2第2クール終了時点での順位表(上位9チームのみ)
おそらくこの9チームにしか今年のJ1昇格の可能性はない。

         勝点、得点、失点、得失点差
1:札幌、51,33,16,+17
2:京都、45、43,28、+15
3:仙台、44、44、28、+16
4:福岡、40,40、26、+14
5:東V、39、39,33、+6
6:湘南、36,38,28,+10
7:鳥栖、36,29,37、-8
8:山形、34、28,25、+3
9:C大、31、28,27,+1

第一クールでは
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/05/j2_b111.html

ちなみに第2クールのみでの順位表(上位9チームのみの比較)
          勝点、得点、失点、得失点差
1:札幌、27、18、8、 +10
2:東V、26,19,8、 +11
3:京都、25、27,16、+11
4:鳥栖、25,16,11,+5
5:仙台、21,18,14,+4
6:湘南、18,23,16,+7
7:C大、16,14,13,+1
8:福岡、16,17,17、0
9:山形、10,8、 15,-7

これから見ると、第一クールの上位2チーム(福岡、山形)が、いかに第2クールでブレーキをかけてしまったかが分かる。またセレッソも監督交代というカンフル剤を打ったが、効果は出てない。札幌と京都と仙台は順調に勝ち星を伸ばしたと言えるだろう。また第2クールで巻き返したのが、東京Vと鳥栖だった。東京Vは監督留任が裏目に出ると想像していたのだが、中盤に菅原を入れて現実主義を取った結果、上昇へのきっかけを掴んだようだ。
アビスパは現時点では、2位狙いが妥当だろう。あれだけ負けていて2位と勝点5しかついてないというのは、ある意味、幸運だと思う。今年のJ2はダンゴ状態で最後まで5,6チームに可能性があるような感じになるのかもしれない。ただし、昇格のためには、アビスパの課題はかなり多いのだが、一つ一つつぶしていくしかないのだろうなあ..。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

吉田ジャパン、冒険の終わり

U-20W杯、日本vsチェコ

  森島  河原
    柏木
梅崎      田中
   青山
安田 福元 槙野 内田
  GK林

審判:コロンビア人

チェコ
GK:1,ペトル
DF:、6,クデラ
4,マズフ
5,シムーネク
3,クバーン
MF:17、スヒー
14,ゲツォフ
12,ヤンダ
19,カロウダ
FW:9,フェニン
15,ストレシュティク

得点、2-2、22分槙野、47分森島(PK)、74分クデラ(PK)、32分マレシュ(PK)
PK戦  日本3-4チェコ
日本、 安田×、青木○、槙野○、森島×、柏木○、
チェコ、ペニン○、クデラ○、スヒー○、ペカルト×、オクレステク○

今、録画しておいたチェコ戦を見終わりました。フィジカル的にかなり日本が有利な条件だったと思いますが、スコットランド戦ほどには全体的にパスの精度がなかったと思います。柏木は、(本人が言うように)この大会で一番の出来だったと思うのですが、梅崎と内田はあまり力を発揮できませんでした。(おそらく相手のスカウティングがきっちりしていたのもあるでしょう)。その中でもセットプレーから先制し、後半開始早々にPKを得て、2-0とすることができました。おそらくサッカー先進国の大人のチームであれば、ここから試合を殺すことができたでしょう。だが、A代表のカタール戦でも露呈したように日本には守備の文化はまだなく、当然、三男坊のU-20世代にもないものでした。
この代表であの時やるべきだったのは、相手につき合ってのロングボールの蹴り合いではなく、ボールをキープし相手を走らせ、そしてカウンターを冷静に狙う姿勢だったのでしょう。だが、相手に同点に追いつかれるまで、日本は、自分達のスタイルを見失ったままでした。そして流れが悪い時に、ともかく流れを切る。時間を使う。この辺の判断も働かすことができませんでした。自分達で試合を難しくしてしまった。さらに相手が一人退場してからの疲労度の違いを結果(得点)に反映させることができませんでした。最後に、その代償をきっちり払わされたという感じがします。
それにしても勝てた試合だっただけに、そして勝てば優勝候補スペインに挑戦できただけに、非常に残念でした。
吉田ジャパンの冒険は、決勝T1回戦で終わりました。吉田ジャパンには、トルシエ以来の、田嶋、大熊というU20代表では見られなかったグループとしてのまとまりがありました。個々の能力は1999年ナイジェリア組には及ばないものの、「何か」を起こしてくれるのではないかと思わせてくれるチームでした。もう一試合、この世代の世界のトップとの差を経験させてあげたかったという思いはあります。だが、彼らが、これからのプロサッカー選手として必要な大きな糧を得たことは間違いないでしょう。吉田ジャパンの冒険は終わりましたが、彼ら(吉田監督も含む)の冒険は、これからが本番です。まずはJリーグで、その経験を生かしてもらいたいものです。(アビスパ戦には発揮しなくてもいいですが...)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

見事にブラジル人に騙された家本政明主審

J2第27節(第3クール初戦)札幌vsアビスパの主審は家本政明。
スコアは1-2で札幌勝利だったが、勝負を決めたのは後半35分のダヴィのPK獲得によるものだった。

タヴィの中盤からDFラインを突破しGKと1対1になったドリブルは確かに見事だった。流れの中で見ると確かにPKにしか見えなかったが、スローで再生すると、GK神山は全く引っかけておらず、完全にダヴィのダイブ(シュミレーション)だったことが分かる。この試合、家本は見事にブラジル人の見事な演技に騙されたということだろう。こういうシーン・判定はヨーロッパでもたびたび起こる。だが、良い審判はその目でしっかりと事の真偽を見抜くだろう。
このシーンにおいては家本を攻める気には全くなれない。ただ単に、彼はその目で嘘を見抜けなかった。そういう目を持ってない、もしくはよく見ることができるポジション取りができていなかったということだろう。
問題は、その後、アビスパの選手の抗議に頭に血が上りカードを連発してしまった、そのレフリングにあると思う。(ただ、この試合、このPKがなかったとしても内容的には札幌の勝ちに値したゲームだった)。
家本主審も、わずかづつではあるが成長はしているのだろう。だが、彼は審判として良い目を持っていない。その目を持たない限り、Jリーグの中でも、彼が良い審判という評判を取る日は永遠にこないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斗のポジション

7月7日の湘南戦で中村北斗が復帰した。とはいえ、出場時間は10分弱。本格的な復帰はおそらく8月、完全復調は9月に入ってからだろう。FWの補強を資金面の問題で行わなかったアビスパとしては北斗の復帰による上積みがJ1昇格のためには絶対に必要だ。

ところでリティは北斗をどこで使うのだろうか?

湘南戦では田中佑昌に代えて右サイドのウィングの位置に入った。おそらくあの試合展開ならば、あのポジションが適性だっただろう。

現在、個人的にはアビスパのシステムの最大の問題はボランチ二人の組み合わせにあると思う。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/06/post_a025.html
現在の状況であれば、北斗はボランチに使うべきだと思っている。彼の運動量とフィジカルの強さを第一ボランチとして生かすことで、おそらく久藤や布部も、今よりさらに生きるはずだ。完全に復調すればマケレレやガットゥーゾのような存在感を出すことができるだろう。

北斗の他のポジションをやる場合を考えてみる。まず右サイドウィングの場合、今シーズン大きく成長した田中佑昌とポジションがかぶってしまう。後半の20分だけ使うにしても、あまりにももったいないだろう。また右サイドバックには今シーズン進化した山形弟がいる。さらにリティの「サイドバックはあまりオーバーラップさせない戦術」では北斗の良さ(運動量、スタミナ、思い切りの良い攻撃参加)が、そんなに出せないだろう。

いろいろ考えると、現在のアビスパにおいては、北斗のポジションはボランチが一番適切なように思っている。だが、北斗のポジションを決めるのはリティの仕事だ。おそらくこの仕事はアビスパの後半戦の大きく左右する決断になるに違いない。

個人的にはリティの判断が自分と同じであってくれと祈っているのだが..。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田ジャパン、対チェコ戦へ有利な状況だが..。

ナイジェリア戦で、先発8人を入れ替えながらも、引き分けでグループリーグ首位通過を果たした吉田ジャパン。決勝T1回戦の相手はチェコとなった。
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/u20_wcup/2007/u20_wcup_yagura.html

グループリーグ最終戦は日本の方が一日遅いが、チェコはカナダ東部のモントリオールからの長距離移動を強いられており、さらに3戦目で決勝T進出を決めたことでレギュラーをあまり休ませることはできなかっただろう。フィジカル的には日本の方が有利なはずだ。
さらにビクトリアで3試合戦ったことによるピッチへの慣れ、地元観客の声援も日本に有利に働くだろう。

なお、チェコの特徴としては
・守備が堅い
・9番と18番が要注意
・MFはスーパーではないが、ハードワークしてくる

ネット上では、日本への楽観論がかなりあるようだ。確かにA代表もアウェイで勝ったことがあるし、ドイツW杯ではグループリーグ敗退だったが、あなどることはできないだろう。間違いなくスコットランドよりテクニックはあるだろし、アジリティへの対応能力もスコットランドより上だろう。(今大会、北朝鮮と対戦済み)
決勝Tは一発勝負で、これまで以上にディテールで結果が違ってしまう。もしメンバーの誰か一人でも次のスペインvsブラジルの勝者との試合に目が行ってしまえば、目の前の現実に敗れ去るだろう。(思い浮かぶ例としては1998年フランスW杯でのナイジェリアだ。彼らは次のブラジル戦に目を向けてしまい、目の前のデンマークに完敗してしまった)

とは言え、見ている方としては、スペインvsブラジルの勝者との対戦について興味があるというのは仕方がないだろう(苦笑)。スペインvsブラジルは、今大会の調子(あくまでスコアから推測しただけだが)から行けばスペインが有利だが、王国の子供達がむざむざやられるとは思えない。日本がチェコに90分以内できっちり勝ち。スペインvsブラジルが消耗戦になった場合は日本に大きなチャンスが訪れるような気もする。
さらにこの難関を抜ければ準決勝の相手(オーストリア、ガンビア、アメリカ、ウルグアイのいずれか)には優勝候補(他にはアルゼンチン、メキシコだろか)はいない。さらに準々決勝は同日開催で、相手はトロントからエドモントンに長距離移動という日程も有利だろう。
A代表と違い、U-20には、ツキがめぐりはじめている。ただしツキだけで、この大会で何かを起こすことはできないだろう。今は日本に微笑んでいるが、サッカーの女神は、ほんのささいなことから、プイと横を向いて通り過ぎてしまうものだ。

彼らの本当の戦いが、これから始まる。日本にいる私達も冷静に熱くなって、彼らの戦いを見届けるべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタール戦、いろんな考え方、リンク

セルジオ越後
http://blog.nikkansports.com/soccer/sergio/

湯浅健二
http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_4.folder/07_ac.7.9.html

李春成
http://plaza.rakuten.co.jp/starsoccerbp12/diary/200707100000/

宇都宮徹壱
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200707/at00013826.html

武藤文雄
http://hsyf610muto.seesaa.net/archives/20070709-1.html

個人のスポナビブログ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/nofootballnolife/article/76

あとは7/10のスポニチに金子達仁のコラムがありましたが「魅せる試合をするというプロ意識がなかった」(苦笑)という趣旨で、唖然としました。

あとサポティスタの管理人の意見では「ユース代表の方がよっぽど大人のサッカーをしている」とあります(苦笑)

いろんな意見がありますが、オシムに与えられた厳しい条件のいろいろを考えてみた方がいいでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

なぜか忙しい

J2、U-20W杯、アジアカップ、コパアメリカ、いろんな試合が目白押し(さらにUFCでのノゲイラデビュー戦もありました)ですが、どうも忙しいので、ブログの記事を書くまでに至っていません。
湘南戦のアビスパは、「アジエルの不在、相性の良さ、後半の極端な運動量の低下と間延びしたスペース」、この3つのキーワードで語れてしまうような気がします。またJ2前半戦総括としては
「大池だより」さんの方で総括されていますが、
http://d.hatena.ne.jp/orion1014/20070706/p1#seemore

悲観も楽観もできない状況ですね。北斗の復帰をチームの上昇につなげて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

やはりローソンチケット独占販売では無理があったバルセロナツアー2007

ローソンチケット独占販売(5月10日~先行発売開始、6月2日~一般発売)で進められてきた今年のバルセロナ・オン・ツアー・ジャパン2007(8月7日、対横浜マリノス)
http://www.fcbjapantour.com/index.html
だが、7月7日よりチケットぴあとイープラスでも2次販売をするようだ。(CNは不明)。
ちなみに公式HPでは、一言も触れていない。やはり不便なローソンチケット独占では売れ行きが悪かったのだろう(苦笑)

ちなみに自慢ではないが、6月12日に当ブログでは、この流れを予想していた。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/06/post_c110.html

言いたいことは、その時と変わらない。

個人的にはローソンチケットのシステムを改善してもらいたいのだが、まあ、かなりコストがかかるだろうから、顧客軽視のローソンチケットは、そんな無駄なことはしないだろう。
今のままである限り、個人的にはローソンチケットは最後の選択でしかない。また、興味があるもので観客軽視の「ローソンチケット独占販売」とる興行があれば、また同じようなエントリーを書くだろう。小さな声でも言い続けること、それが重要なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

吉田ジャパンの戦略について

カナダで行われているWユース(どうもU-20W杯という呼び名がピンとこないのだ)だが、吉田ジャパンは、どうしても1位通過したいらしい。
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/f-sc-tp2-20070706-223168.html

いろんな条件を考察してみた。
F組を1位通過するとおそらく相手はE組2位でチェコ(アルゼンチン、北朝鮮の可能性もあるが、おそらくチェコ)。ちなみにF組の予選グループ最終戦は7/7。E組の方が7/6と1日余裕がある。ただしF組1位はビクトリア(カナダ西海岸)に居座りできるが、E組2位はモントリオール(もしくはオタワより、いずれもカナダ東部)より遠距離異動で一日つぶれるので、ほぼ同条件だろう。またE組は最終戦まで全部のチームに決勝T進出の可能性があるので、メンバーを落とすことはできない。ちなみに決勝T1回戦を抜けると移動距離の短いエドモントン(カナダ西部)に移動。さらに準決勝も異動なし。(決勝、3決はトロントへの遠距離異動になるが)。

ちなみにF組2位だと相手はB組2位で、スペインかウルグアイのどちらか(ただし最終戦まで、どのチーム(B組の他はザンビアとヨルダン)にも決勝T進出の可能性があるため、最終戦にメンバーを落とすことができない)になりそうだ。またF組とB組の予選グループ最終戦は双方同じ7/7。さらに決勝T1回戦は双方ともカナダ西海岸(ビクトリア、バーナビー)からオタワ(カナダ東部)への遠距離異動を強いられるが、ここも条件は同じだ。
ただし、オタワまで移動してしまえば、準々決勝(モントリオール)、準決勝(トロント)、決勝・3決(トロント)とカナダ東部の短い移動で済む。
(ちなみに日本がらみで見てみたが、そんなに不公平感が出ないようにうまくカレンダーを作っていると思う)

いろいろ見てみたが、日程面では特に1位通過によるメリット、2位通過によるデメリットはあまり感じられないような気もする。対戦相手で言えば、見てないので想像でしかないが、スペイン、ウルグアイよりもチェコの方が、確かに吉田ジャパンには相性が良いような気がする。

個人的には、疲労面も考えて、3戦目は控えメンバーを中心に据える方が得策であるような気がしている。ユーロ2000の時のフランスも2連勝で決勝T進出を決めた後、3戦目の地元オランダとの対戦ではメンバー落ちで臨み敗戦するも最終的には優勝した。トルシエのアジアカップでもグループリーグ最終戦はメンバーを大きく入れ替えたためグループリーグ3戦目は引き分けたが、これも最終的には優勝している。また最近ではドイツW杯で2連勝で決勝T進出を決めたブラジルがグループリーグ3戦目の日本戦ではやはりメンバーを大幅に入れ替えてきた。おそらく、長い大会では、レギュラー+3人の交代枠の14人では乗り切れないのだろう。
吉田監督が、どういう性格かは分からないが、「何か」を起こすためには、3戦目のメンバー選考での指揮官の決断がかなり重要な鍵になってくるような気がするのだ。

ちなみに明日の湘南vsアビスパ戦は仕事のため、スカパー!録画観戦になるでしょう。疲れ方次第では、日曜朝のU-20のナイジェリア戦後に見るようになるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

ネタバレ、日本vsコスタリカ、Wユース

  森島  河原
梅崎       田中
     青山  柏木
安田 福元 槙野 内田
GK林

コスタリカ
GK:1、ケサダ
DF:17,ミリエ
4,Gゴンザレス
3、ダウソン
16、ラモス
MF:10、ペレス
5、ロドリゲス
6、クベロ
7,エレーラ
8,ボルヘス
FW:11、ソロルサーノ
おそらく4-5-1

前半の25分ぐらいまではコスタリカペース。読みと1対1の強さを生かしたディフェンスで、日本のFWに起点を作らせずボールを奪い、サイドへ展開。裏から上がっていく選手で数的有利を作りサイドから崩そうとする。だが日本も対応できている。サイドから崩せないと見るとコスタリカは中盤からDFラインの裏に簡単に入れてくる。そこにスピードある選手を走り込ませる嫌らしい攻め。15分に、福元の対応ミスにより決定的なチャンスを作られるが、シュートが枠をそれて事なきをえる。
日本がライン裏へのボールにも対応しだすとコスタリカのディフェンス圧力が低下。それとともに森島へのくさびが入り出し、そこから柏木、田中を経由して内田を使い始める。内田が相手SBとの1対1に勝ち何本かクロスを入れるものの、精度がやや悪く、またコスタリカもきっちりゴール前を固めていることもあり、決定的なチャンスは生まれない。ロスタイム、スローインから田中がうまく中央へ切り返してのシュート。いいシュートだったが、枠を外れる。前半は0-0。「互角」の展開。後半、勝負は間違いなくディテールで決まりそうだ。

後半10分までは日本の攻撃の途中でカットされてのカウンターを受けて、やや危ない日本。だが15分過ぎには先にコスタリカの運動量が落ちてきたことより、日本がチャンスを作り始める。
22分、森島のポストから左サイドの梅崎、そこからのクロスが田中に合って、日本先制。1-0。今度は刀を抜いて居合い切り「サムライパフォーマンス」を見せる(笑)
そこからは必死に攻めるコスタリカをなんとかしのぎきって日本は勝利。グループリーグ2連勝で決勝T1番乗りを決める。

コスタリカはテクニックがありディフェンスも組織的で間違いなく手強いチームであった。前線からのプレスや連動しての攻撃という日本のストロングポイントを発揮しにくい相手でもあった。吉田監督によると「いい時と悪い時の差が激しいチーム」ということだったが、苦しい試合をしのぎ少ないチャンスを決めて勝ったことは素晴らしいことだし、選手達も自信をつけたことだろう。これでナイジェリア戦はメンバーを入れ替えて臨むことができる。ハードスケジュールの中、この点も非常に大きい。
だが、このチームが今のままでナイジェリアWユース(1999年)の再現をできるとは誰も思っていないだろう。柏木よりはあの当時の小野が上だし、復調したとはいえ梅崎もあの当時の本山の域には達していない。ナイジェリア組も今回のカナダ組もMFがストロングポイントであるが、才能の総量(ナイジェリア組は小野、本山、小笠原、遠藤、酒井)という点では、はるかに及ばないだろう。だが、チームとしてのまとまりだけは、ナイジェリア組にも負けていないような気がする。それに、この世代の選手は時として、1試合ごとにに劇的な進化を遂げる場合がある。「FWの誰か+梅崎か柏木」、二人の選手が覚醒すれば、何かを起こせる可能性は残っているだろう。
もちろん、そのためには裏へのボールの対応に難を見せている福元の復調(大分で試合出てない分、不安定な気がする)と内田の粘り強い守備への対応が必然条件なのだが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

谷川貞治のインタビュー、アスレチックコミッション&アメリカの問題点を抜粋

とりあえずメモ書きていどにざっとまとめて抜粋します。彼のことは嫌いですが、彼の意見の全てが間違ってるというわけでもありません。参考にすべきところはすべきでしょう。

ゴン格(恋愛暦2007年8月増刊号、聞き手・茂田浩司)
・カリフォルニアのリングのルールはPRIDEが決めたこと。5本ロープじゃないとダメになった。緩いロープとコーナーのリングになったのは、アスレチックコミッションの指導の下で作った。日本から持っていくと色々いわれそうだから。桜庭「ホイスに押し込まれて一番下のロープに足が引っかかるし、体が沈み込んで動けないしで戦いにくかった」日本から業者を連れて行ってきちんと絞めないとダメだろう。日本人が作るリングは素晴らしい。あれは不完全な金網。リングでの戦いは転落の危険や反動でも戻る可能性があるから「押し込み」がしにくい分、リング中央での展開が増える。でも、あのリングは「リング特有の面白さ」を殺している。あのリングを見たら「金網の方が安全だ」という意見が出てくるのは当然。
・アメリカの格闘技界は歴史が浅くて、規則が先に立って「面白くしよう」とか、「実際はこっちの方が安全だ」という吟味がまだまだされていない。
・採点表を見たらジャッジ三人が同じ基準で付けてるとは思えない。アメリカ式は手数を取っている。日本だと1Rと3Rの桜庭のアームロックもポイントになる。コミッションが二人の顔に塗ったワセリンが汗と混ざってヌルヌルしたのを見ても「関節技の攻防」は念頭にない。そもそも顔にワセリンを塗るのはボクシングの発想。ジャッジとレフリーもボクシング出身。これまで日本で採点基準やルールを議論しながら作ってきた「日本製の総合」は全部チャラで、総合はUFCによて「金網の中でやるボクシング」になっていく可能性もある。
・アスレチックコミッションは絶対的な権力を持ってて強いですよ。そのコミッションはUFCよりもボクシングとのつき合いが遙かに長くて基本的に彼らは「ボクシングの人たち」。UFCもそういう人たちと戦ってきたんじゃないかと思う。
・昔から殴り合いでしか沸かないのがアメリカ人。コミッション主導で総合が「金網のボクシング」と化して、今日の人気につながった面があるんじゃないか。アメリカで見て、リングや採点などUFCとは違う「日本で育てた総合」を守っていかないといけないと痛感。
・チェホンマンの欠場は大打撃。コミッション指定の医者だけがダメと言っている。それも頭の入らないMRIで撮ってて言ってる。「頭の中で出血がある」と言ったが、その人は脳神経の専門家でもなかった。別の3カ所の病院での再検査でOKなのに、コミッションの「最初にダメと言ったからダメ」はおかしい話。それによるマイナスやリスクは誰が背負ってくれるのか。
・カリフォルニアで出場停止処分を受けた選手を他国の大会でも出せば、プロモーターとしての資格を失う。今回のような疑問だらけのケースで「アメリカで下した処分は全世界に及ぶ」と言われると横暴に感じる。格闘技界を「アメリカ製の統一規格」一色にして野球みたいにしないためにも、日本、アジア、欧州で連携して非アメリカの格闘技圏を作らないといけない。そのためにもまず日本で頑張って、日本を守りつつ、アメリカンスタイルの新しいヒーローを作らないといけない。
・統一の弊害はホイスvs桜庭の5分3Rで思った。5分5R案もあったが、なんとなく5分3Rになってしまった。UFCの「ワンマッチは5分3R、タイトルマッチは5分5R」がコミッションの頭にあって「ワンマッチは5分3R」の固定観念で決められたんだろう。かと思うと、モートンの試合が当日に「3分3Rに変更」と言われる。ルールミーティングをやってる時も5分3Rだったのに、当日になって「そうだ、モートンは試合をやったことがないじゃないか、それなら3分3Rだ」と言い出した。なんか厳しい所と、あいまいなところがある。そこの対応がほんとに難しい(笑)。「アスレチックコミッション=厳格」と思われがちだけど、全てがそうじゃないのを現地で見て実感。
・テーピングは絶対ダメ、でもヒジ打ちはOK。どっちが選手を守る上で大事なのかなと思うじゃない。こういう問題は一つ一つ公聴会で話し合っていくらしい。でもヒジ打ちをやってるうちは僕(谷川)は絶対にマスのスポーツにならないと思う。
・前日のチェックでは通常二人のドクターが一人しかこなかった。でも、そういうところもコミッションの存在があってうかつに自分達で処理できない。何も触らせてくれない。ウチレフリーとジャッジも一人しか使って貰えなかったですし、普段の興行で苦労しないところで、たくさん苦労した。

格闘技通信(2007/7/23号、no425、文・朝岡秀樹編集長)
・1週間前までプロモーターのライセンスも下りてなかった。アメリカは自由な国と言いながら、意外と自由にはできないんだよ。根っこには我々が東洋人だってこともあるんだろうけど、それ以上にアメリカの社会って、ある意味で守られてる。例えば、どんなに腕のいいカメラマンでも出版社とかファッション業界から直接仕事がこない。「アートディレクター」というユニオンがあって、そこから発注される。試合会場にもユニオンがあって、そこを使わないといけない。ライセンスも取らないといけないし、レフリーとかジャッジとかメディカルチェックに関しても向こうの土壌でやらないといけない。だから全くのジャパニーズスタイルを持っていけないわけ。この壁を打ち破るのは大変だよ。僕らが「これがHERO’Sルールです」と言っても、「いやいや、カリフォルニアルールはこうです。ヒジ有りです」とか言われるんだから。結局、僕らは選手全員に契約書で「ヒジ打ちなし」という設定をしたんだよ。そうやって契約でルールを作っていくしかない。そういう国だからUFCも興行に遊びがないんだよね。

http://www.sportsclick.jp/magazine/combat/070723/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

続・スカパー!の下手な電話アンケート

「スカパー! 電話アンケート」でグーグル検索してみた。
http://olnge.269g.net/article/4467705.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kiironisomatta/diary/200706100000/#comment
http://blog.livedoor.jp/imas69/archives/50536023.html

他の方のブログを3つほど見てみたが、どうやら「スカパー!からの電話」で間違いはないようだ。ただ、内容は単に「好きなチーム&性別&視聴者の年代」を聞くためだけに電話してる模様。(またスカパー!公式HPの「MYスカパー!」にログイン後の画面の下の方に、アンケート実施が告知されているのを発見、とりあえず、アンケートに答える)

思うに、この程度のアンケートならば、今の時代、メールでアンケートをするだけで十分に済む話だろう。だが、スカパー!の場合、視聴者のチューナーにスカパー!からの「お知らせメール」が来るだけで、視聴者の方からは送信することができない。(それにチューナーのメールは、ほとんど見ない)

この「チューナーメール」の仕組みからは(web2.0の時代になりつつあるというのに)
http://www.sophia-it.com/category/web2.0.jsp
スカパー!のサービス意識が、従来の「web」の考え方から全く進化していないように思うのだ。(まあスカパー!の場合、web2.0まで進化することが必ずしもいいとは限らないような気もするが..)

横道にそれそうになった。とりあえず、今回のアンケートであれば「MYスカパー!」登録時にでも、メールアドレスを登録させ、それと視聴契約情報を元に「アンケートのお願い」メールを送れば、こんな電話などしなくてもいいだろう。(この無駄な電話代をできれば視聴料金に還元して欲しいのだが)
さらにせっかく電話するのだったら、視聴者の持つ「不満な点」などを聞いてサービス向上に役立てたらいいと思うのだ。長い文章を書かない人でも、うまく会話すれば、そういう情報を引き出すこともできるだろう。そこまでして初めてわざわざ電話する意味があるように思う。

今回のスカパー!の電話アンケートでは、スカパー!という会社の「サービス向上に関しての意識」というものをかいま見ることができたように思う。この意識のままであれば、ネットでの動画配信がテクノロジーの進化により放送局レベルに達する時代にはスカパー!は生き残ることができないだろう。そういうことまで思わせる今回のスカパー!の下手な電話アンケートだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

スカパー!の下手な電話アンケート

スカパー!から電話がかかってきた。
「スカパー!のJリーグセットに加入されてる方にアンケート取ってるんですが、好きなチームはどこですか?」

いきなり電話で、こんな質問のされ方で信用してべらべら喋る人がいるだろうか?
最初に浮かんだのは「こいつは本当にスカパー!の電話アンケートなのか?」という疑心暗鬼だった。電話でいろんな個人情報を聞き出したり、人をはめようとする(オレオレ詐欺のようなもの)事件が多発している世の中だ。見知らぬ人からの電話をすぐに信用することは非常に危険だろう。
最初に自分の担当部署や名前を言い、アンケートの趣旨や目的、およその所要時間(質問数)、その辺をきっちり説明されないと、とても信用してアンケートに答える気にはならないだろう。(またHPや番組案内などで「アンケートやってて電話がかかってくる場合がありますので、その時はご協力ください」などと告知していれば、また信用して答えたと思うのだが)
あまりに聞き方が怪しかったので、結局、アンケートの質問には全く答えず断ってしまった。(その後で、スカパー!には、結構言いたいことがあったので「言えば良かったのかな?」と少し後悔もしたのだが)
他のアンケートする人間が全部そうだとは言わないが、少なくとも自宅にかけてきた人は下手くそだった。その人間はスカパー!の人間ではないかもしれない。アンケートにかける経費をけちって外部に発注でもしたのかもしれない。だがスカパー!を名乗って電話する以上は、きっちり受け答えの基本マニュアルも作り教育させるべきだろう。
自宅には、不動産とか宝石の販売とか、いろんな勧誘の電話がかかってくる。それらの電話に比べて、今回のスカパー!からの電話は、明らかにレベルの低いものであった。やってる趣旨は立派でも、方法や質があの程度では、おそらく実のあるアンケートは難しいだろう。
J2の実況アナウンサーの勉強不足も含めて、スカパー!には多くの足りない点があるような気がするのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネタバレ、Wユース、日本vsスコットランド、雑感

    森島  河原
        柏木
梅崎      田中
       青山
安田 福元 槙野 内田
   GK林

監督:吉田靖、控え、GK:武田、桐畑、DF:柳川、太田、香川、MF:森重、飯田、平繁、FW:ハーフナー、青木
主審:ヘルマン・アレモンド(メキシコ)

スコットランド、
GK:1、マクニール
DF:2,ブラウン
5,クースバード
6,レイノルズ
3,ウォレス
19,ロウィング
MF:10、ドランズ
4,アダムス
11,コンロイ
FW:8、エリオット
9,フレッチャー
監督:アーチー・ジェミレ
おそらく4-4-2

前半20分まで、素早いパス回しとアジリティ(敏捷性)で、スコットランド守備陣を後手後手に回す日本、完全に日本ペース。右SB内田の攻めが効いている。
30分過ぎより、日本のペースが落ちてきたことにより、ペースはイーブンになる。
日本も細かいミスが目立つようになる。しかし、スコットランドペースも、そう長く続かず、また日本ペースへ。
先制点は43分、デカモリシのゴール。相手CBのクリアミス(空振り)、ボールはGKへ。GKはクリアしようとするが詰めていた森島に当たり、それが無人のゴール前へ、そのまま森島が押し込んで日本先制、1-0。あとのパフォーマンスは、なかなか笑えた。(どうもビリーズ・ブートキャンプのぱくりのようだ)
前半は1-0で終了、内容から見れば2-0ぐらいでも良かったとも思うが、まあ妥当なスコアだろう。

後半開始、スコットランドはDFロウィング→FWキャンベルの交代をしてくる。
後半も日本ペースで始まる。後半10分ぐらい、日本の動き出しとスピードについていけないスコットランド、立て続けに梅崎、田中を倒して、イエローを2枚出される。
後半13分、ボールを奪った梅崎がドリブル、マークが緩いのを見て、ミドルシュート、見事に決まって日本2-0とリードを広げる。
20分、相手のエースFWフレッチャーが足を痛める。(出場は続ける)
24分、河原→青木、FW同士の交代
32分、田中→藤田、MF同士の交代
35分、青山のミドルシュート、GKさわるもはじき返せず、そのままゴールイン
日本3-0
分、スルーパスから8番がシュート、GK林はじくも、そのこぼれ球を16番に押し込まれて日本失点、3-1。8番へのマークを外した(槙野)のが一番の大きな要因だろう。(風間さんの解説だとDFラインの間、福元と槙野が縦の関係になりギャップをつかれたということだ)
その2分後にも、スコットランドに決定的な場面を作られる。この時間帯は日本が完全にペースを失っている。だが時間的には5分ぐらいだろうか。
44分(ロスタイム)、柏木→森重
そして試合終了、3-1、少し押された場面もあったが日本完勝と言っていいだろう。

日本の連動した動きとパス回し、スピードにスコットランドはついて行けなかった。日本はヨーロッパ勢のフィジカルに慣れるために準備してきたが、スコットランドは東アジアのアジリティに慣れていなかった。初戦としては最高のスタートだろう。だが、次のコスタリカ・中南米勢はスピードや技術でそうそう上回ることはできないだろう。最終戦のナイジェリアは、おそらくかなり強いだろうから、次のコスタリカ戦はかなり重要な戦いになるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

ヴェルディ3-1サガン鳥栖、雑感

フッキ   船越
ディエゴ
藤田              海本
      服部 大野
   戸川 萩村 一柳
GK吉原

サガン鳥栖
山城 藤田
廣瀬        小井手
村主   高橋
日高 飯尾 柴小屋 長谷川
GK浅井
主審:鍋島將起、晴、8779人

日野市民DAYということで、日野市の馬場市長がキックインの行事。しかし、まともに蹴れず。(おそらくインサイドで真っ直ぐ蹴れば良かったのだろうが、この辺はアビスパvs鳥栖戦のクラマーさんとは大違い)。こういう年を取った偉い人(世間的に)たちが、まともにボールを蹴れるようにならないとヨーロッパや南米には追いつけないのだろうが、まあ、この辺は歴史を重ねていくしかないのだろうなあ..。

鳥栖は入り方が悪かった。やや集中力をかいていた。細かいミスも多かった。ユンジョンファンとレオナルドがいない分、個の戦闘能力と経験でヴェルディを下回っていた。
一方のヴェルディは、けが人続出ということだが、それを感じさせない層の厚さを感じさせた。特に菅原の代わりにボランチに入った服部の攻守両面での読みが効いていたと思う。豪快に攻めて勝つというチームではなくなった。だが、(ミスから失点したが)札幌のような堅い守りから、ディエゴ&フッキのコンビと個人能力を中心にした攻めは破壊力十分だった。
先発でも差があったが、交代メンバーでも経験などで差があった。鳥栖の清水はユンの代役には成りえず、山口貴は、やはり、このレベルの相手になると判断スピードが遅かった。
一方のヴェルディは、廣山が差を見せた。鳥栖が必死に攻撃を仕掛けている後半36分からの登場だったが、いい形、決定的な形になりかけている場面(2回ほど)で、見事な読みから守備で貢献したのが廣山だった。
この試合、勝負を分けた最も大きな原因は「経験の差」だったと思う。
鳥栖がいいチームであることは間違いない。だが、今のままではJ1昇格には足りないものがある。そんな気がしたゲームだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルディvsサガン鳥栖を観戦してきました

味スタまでヴェルディvsサガン鳥栖戦を観戦してきました。その時の写真をUPします
http://nettaro.way-nifty.com/photos/hibinokiroku/index.html

またヴェルディのホームタウンレポート2006と本日のマッチディプログラムをPDFにしてみました
「verdy_home_town_report_2006.pdf」をダウンロード
「20070701.pdf」をダウンロード

JSL時代からの名門である読売クラブ(ヴェルディ)はJリーグスタート時のバブル崩壊と地域密着の失敗から観客動員は確かに苦労しています。ただ、今は何かを変えようと努力はしているようです。いろいろ意見はあると思いますが、「いいものはいい」と思って、吟味の上、真似するということも必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »