« 吉田ジャパンの戦略について | トップページ | なぜか忙しい »

2007年7月 7日 (土)

やはりローソンチケット独占販売では無理があったバルセロナツアー2007

ローソンチケット独占販売(5月10日~先行発売開始、6月2日~一般発売)で進められてきた今年のバルセロナ・オン・ツアー・ジャパン2007(8月7日、対横浜マリノス)
http://www.fcbjapantour.com/index.html
だが、7月7日よりチケットぴあとイープラスでも2次販売をするようだ。(CNは不明)。
ちなみに公式HPでは、一言も触れていない。やはり不便なローソンチケット独占では売れ行きが悪かったのだろう(苦笑)

ちなみに自慢ではないが、6月12日に当ブログでは、この流れを予想していた。
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/06/post_c110.html

言いたいことは、その時と変わらない。

個人的にはローソンチケットのシステムを改善してもらいたいのだが、まあ、かなりコストがかかるだろうから、顧客軽視のローソンチケットは、そんな無駄なことはしないだろう。
今のままである限り、個人的にはローソンチケットは最後の選択でしかない。また、興味があるもので観客軽視の「ローソンチケット独占販売」とる興行があれば、また同じようなエントリーを書くだろう。小さな声でも言い続けること、それが重要なのだ。

|

« 吉田ジャパンの戦略について | トップページ | なぜか忙しい »

サッカー関連番組&ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15676636

この記事へのトラックバック一覧です: やはりローソンチケット独占販売では無理があったバルセロナツアー2007:

« 吉田ジャパンの戦略について | トップページ | なぜか忙しい »