« やっぱり、がらがらだったダイナマイトUSA(大笑)、雑感 | トップページ | 佐藤大輔&立木文彦の新作「煽り動画」へのリンク »

2007年6月 6日 (水)

佑昌は五輪代表トライアウト(マレーシア戦)に選ばれなくて良かったようだ

二次予選突破を既に決定してるとはいえ、このマレーシア戦は北京五輪アジア最終予選の初戦まであと2ヶ月にせまった時期であり、オプションを試すためには重要な一戦だった。だが反町監督は、今までの継続性を全く無視して非常にフレッシュな先発メンバーを組んできた。このチームは初顔合わせの選手達が約1週間の代表キャンプを組んだだけでこの試合に臨んだようなものであり、この中でグループとして連動性のあるサッカーをやることの方が難しかっただろう。そのためこの試合は、選手がチームの中、グループの中でどう機能するかを試される場ではなく、各々が持つ選手の個人能力・特徴を出すための場にならざるをえなかった。五輪出場を決めた後の最初の試合でやるべきタイプの試合であり、この時期にやるべき試合ではなかった。それはまるでリーグ終了後に行われる合同トライアウトのようにも見えた。

まあ、多くの人がこのような内容はブログにて書くだろうから、別にJ2リーグ目線(主にアビスパより)から見て、この五輪代表のマレーシア戦に選ばれ出場したことによるメリットとデメリットを考えてみた。先発で出たJ2からは3人。一柳(ヴェルディ)、小椋(水戸)、萬代(仙台)だ。

まず一柳。所属のヴェルディでは控えでほとんど(全く?)試合に出ていない。実戦の試合勘を戻すためは非常にいい招集だった。さらに地上波で全国放送されることで閑古鳥が鳴いている味スタへの観客動員にかすかながら期待できるかもしれない。メリットはあってもデメリットはほとんどなし。

小椋、「水戸のガットゥーゾ」と紹介される。現在、将来を見据えて水戸は前田監督によりポゼッションサッカーへ改造中。おそらく選手、監督、フロントの中で誰一人として「今シーズン、J1に昇格できる」とは本気で思っていないだろう。2試合ほどリーグ戦に影響はするが、前田監督もサポもこの招集で「いい経験積めたらいいんじゃないか」と極めて鷹揚に構えているような気がする。逆に、全国に名前が露出することで閑古鳥がないてるスタジアムに客を呼べるかもしれないという効果も非常に期待できるだろう。よって、この招集にはメリットの方がかなり大きいと思う。

最後に萬代。J2昇格を狙う現在2位の仙台にてFWの核として機能している。(現在7得点でJ2得点王ランキング6位、この試合では絶好の1対1の機会を逃すなど、あまりゴール前での落ち着きが見られなかったが、潜在能力としては五輪代表レギュラーの平山に比べてもそんなに劣ってはいないと思う。反町監督は、この試合で平山がダメだった場合を考えて萬代に最も注目していたのではないかと思う)。この試合、萬代は周囲との連携のなさも影響して、そこまでインパクトを残すことはできなかった。90分出場したことで、土曜日の非常に重要なヴェルディ戦ではフル出場は難しいだろう。正GKも怪我した仙台にとってはかなり痛いに違いない。さらに萬代は全国に名前が露出はしたが、ホーム仙台ではほぼ満員の状態であり、集客にはそんなに影響がないだろう。仙台に関しては、このトライアウト出場のメリットよりもデメリットが大きく上回ったように思う。(萬代が最終予選のメンバー入りした場合は、かなり話が違ってはくるが...)

田中佑昌は、反町監督がアビスパのチーム状況を考慮してくれたのか、リティが裏から要請したのか、もしくは本当にお眼鏡にかなわなかったのか、それは全く分からないが、今回五輪代表チームからはメンバー落ちすることになった。J2のチーム以下であるこのマレーシア相手であれば(ポジションが右サイドのFWであれば)出場さえできれば、そのスピードで大きなインパクトが残せただろう。「新野人」として全国に露出し、1年でのJ2落ちで苦戦が続く博多の森の観客数にもかなり貢献できたような気がする。だが、このメンバー落ちはアビスパにとっては大きなプラスだった。リティがチームにかなり修正をかけており、そこに主力である田中がいなかった場合、かなり影響しただろう。さらに苦戦した徳島戦では田中の貴重なアシストにより泥沼の連敗から抜け出すことができた。そしてJ1昇格のためにチーム状態を上向きにするためには非常に重要なセレッソ戦にチームの一員としてフルに準備できることも大きい。田中佑昌自身としては国際試合の経験を積めなかったというデメリットは確かにある。だが、アビスパの田中佑昌としてはメンバー落ちしたことのデメリットよりもメリットの方が大きかったと言えるだろう。

結局、いろんなことを考えると、佑昌は、このマレーシア戦、選ばれなくてよかったのだ。この思いは、先発メンバーを見た瞬間に浮かび、時間が経つにつれて深まっていき、試合が終わった時には確信にまで到達していた。まあ、そう思うのは今度のセレッソ戦で佑昌が結果を出してからでもいいのかもしれないが(苦笑)

|

« やっぱり、がらがらだったダイナマイトUSA(大笑)、雑感 | トップページ | 佐藤大輔&立木文彦の新作「煽り動画」へのリンク »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15338034

この記事へのトラックバック一覧です: 佑昌は五輪代表トライアウト(マレーシア戦)に選ばれなくて良かったようだ:

« やっぱり、がらがらだったダイナマイトUSA(大笑)、雑感 | トップページ | 佐藤大輔&立木文彦の新作「煽り動画」へのリンク »