« 対徳島戦、塩とコショウのないスープ | トップページ | 佑昌は五輪代表トライアウト(マレーシア戦)に選ばれなくて良かったようだ »

2007年6月 4日 (月)

やっぱり、がらがらだったダイナマイトUSA(大笑)、雑感

最初に気になったのが客入りだった。主催者発表は5万4千人。アメリカ系のニュースでは
http://sadironman.seesaa.net/article/43796668.html#more
招待券を配りまくって(LAの韓国コミュニティを中心に9万枚ほど配ったそうだ)観客数は1万5千人、有料入場者数は1000人ということが伝えられていたからだ。明るい内は1万5千人というのが正しいだろう。しかしアメリカの興行の場合、メインに近づくにつれて客が増えていくので、暗くなってからメインの時にいる客数が正しい客数だ。それは暗くて映らなかったから分からないが、まあ10万人入るコロシアムに5万4千人以下の観客ということは間違いないだろう。(週明けにカリフォルニア州のアスレチックコミッションより明確な数字が出るそうだ)。しかし、間違いなく赤字だろう。ソフトバンクはK-1に投資して大失敗だったことは間違いない。やはり孫さんは損したのだ。ホークスの運営に影響が出る前にK-1からは手を引いてもらいたいところだ。

・所vsブラッド・ピケット
・ジョニー・モートンvsベルナール・アッカ(塩コショー)
元NFLスーパースターのモートン、やる気はあったようだが、カウンターパンチ1発で轟沈
・永田克彦vsヒル
・カルバンvsナム・ファン
・ミノタウロvsボブ・サップ(2002年のダイナマイト!)
いきなり7年前の国立の伝説的な戦いをやり始めてビックリ。そんなことをして誤魔化さなくてもいいのにという感じ。自分も会場の国立競技場にいたのだが、あの時は言葉通り「ダイナマイト!」だった。だが、7年たってみると「爆竹」という言葉の方がふさわしい内容になってしまった。
・マヌーフvsユン・ドンシク
この試合はおもしろかった。マヌーフの猛烈な打撃はリングス時代のGアイブルのようだ。だが間接技への対応はあまり進化していない。進化しなければPRIDEやUFCでは現在のアイブルのようになってしまうだろう。だがHERO’Sに出てれば、日本人や韓国人のライバルという立場で大丈夫だろうがねえ。ともかく、この大会のベストバウトだろう。
・マイティ・モーvsウォーパス
・ブロック・レスナーvsキム・ミンス
痛かったんだろが、あれでタップとは..。ミンスはダメだなあ。
・桜庭vsホイス・グレーシー
7年前のオールドファッションのような展開。だが1Rは10分ではなく、踏みつけもできず、桜庭に打開策なし。まあホイスの攻撃もそう効果的ではなかったのだが、判定は3-0でホイス。細かい打撃をアスレチックコミッションは取ったということだろう。両者とも衰えは見えたが、より激しい戦いを数多くしていた桜庭の方が衰えが激しかった。両者とも進化させてきたスタンドの打撃に関してホイスの方がより進化してきた。あとは桜庭が5分3Rの戦い方に慣れていなかった。この3つが7年前と結果が変わった原因だろう。

「悲しきアイアンマン」さんのサイト経由で現地観戦の方のサイトを見つけました。やっぱり大笑いできます。
http://cafe.quietwarriors.com/?eid=543845

ともかく必読でしょう。しかし韓国人のためでしかないイベントをTBSという日本の地上波でやる必要があるのでしょうかねえ?

|

« 対徳島戦、塩とコショウのないスープ | トップページ | 佑昌は五輪代表トライアウト(マレーシア戦)に選ばれなくて良かったようだ »

格闘技(主にPRIDE)2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15320122

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、がらがらだったダイナマイトUSA(大笑)、雑感:

« 対徳島戦、塩とコショウのないスープ | トップページ | 佑昌は五輪代表トライアウト(マレーシア戦)に選ばれなくて良かったようだ »